インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

SEO対策会社を比較してみた!強みや料金プランなど選ぶ基準は?

ウェブサイトを運営する会社や個人にとっては、SEO対策は非常に重要であると同時に、会社の売り上げに直接関わる分野でもあります。

もし自社に、SEO対策のノウハウや人材がいない場合は、外部に依頼することが考えられます。

では、SEO対策会社を選択する上で、考慮すべき点はどんな点でしょうか?

今回は、SEO対策会社の比較と、強みや料金プランなど選ぶ基準の説明をくわしくしていきます。

ぜひ参考にして、SEO対策に役立てて頂ければと思います。

SEO対策会社は何をしてくれるの?

SEO対策会社は、一体何をしてくれるのでしょうか?初心者の方には少しイメージがつきにくい点もあるかと思います。

以下、SEO対策会社がどんなことをしてくれるのかについて、まとめてみました。

外部リンク対策(販売・レンタル)

数年前までは、SEO対策の業者といえば、外部リンク対策をどんどん勧める業者が多く、実際にSEO対策に効果的な時代がありました。

被リンク(外部のサイトに自社のリンクが貼られていること)の数が多ければ多いほどSEO対策に有利だったからです。

よく「リンク〇〇本で、〇〇万円」という営業もあったようで、被リンクの販売やレンタルがされていました。

最近では、Googleのアルゴリズムの変更により、外部リンクよりも内部SEO対策(コンテンツやキーワードなどとの関連性)を重視するようになりましたが、外部リンクは依然として、今もSEO対策上、重要な項目となっています。

ただし、以前とは違い、意味ある形で外部リンクが貼られているかをGoogleはよく見ています。

また、ただのSEO目的の被リンクだけでは、Googleは評価しなくなりましたので、ユーザーのニーズや利便性を重視した外部リンク対策が必要となっています。

コンテンツSEO

コンテンツSEOは、ウェブサイトの集客の王道といっても良いほど重要な施策です。

コンテンツSEOとは、ターゲットとなるユーザーが求める良質なコンテンツを提供し、結果的に検索エンジンに評価されて上位表示されることを意味します。

中には、上位表示をするためだけにコンテンツを大量生成することや、対策キーワードのみをコンテンツにちりばめてSEO対策をすると考える人もいますが、それは本質的なコンテンツSEOではないといえます。

Googleをはじめとして、検索エンジンもこの点を重視しています。

以前は、上述の被リンクの数が重視されていましたが、それだけでは情報の質が落ちてしまうとの判断で、サイトのコンテンツ自体の質を重視する明確な方針に転換しました。

したがって、SEO対策の会社選びの際にも、この点が本質的に抑えられているかを見極める必要があります。

内部SEO対策

内部SEO対策とは、簡単にいうと、「良質なコンテンツを検索エンジンに適切に正しく評価してもらうための施策」のことをいいます。

具体的な作業としては、

①Googleにクロールしてもらいやすいサイトの構造にすること

(Googleはクローラーというロボットが巡回してWeb上からサイトの情報を収集しています。)

クローラーが1度しか巡回できないと、サイトの情報が正しく把握されませんので、頻繁に巡回してもらう構造にすることが大切です。

具体的には、コンテンツのタイトルやディスクリプションの最適化、タグや小見出しをきちんとした形でつけたりすることです。

ロボットがサイトやページの内容を把握しやすいように、ロジカルなHTMLにすることが挙げられます。

②ウェブサイトの1ページ1ページを、Googleから適切に評価してもらう構造にする

これは、①とも重複する部分もありますが、さらに内部リンクを強化したり、URLを最適化したりすることなどを指します。

以上のことが挙げられます。

仮に良質なコンテンツを生成していながら、ウェブサイトの検索順位が上がらない場合は、上述の2つの内部SEO対策をするだけで、改善をすることが可能です。

良いSEO会社と悪いSEO会社の見分け方とは?

良いSEO会社と悪い会社の見分け方には、コツがあります。

悪質なSEO会社に依頼したがために、大きな損害を受けるという場合もありますので、ポイントを掴んでいきましょう。

以下、まとめてみましたので、選択の際の参考にしていただければと思います。

悪いSEO会社の特徴(ブラックハットSEOなど)

ブラックハットSEOとは悪いSEO会社の特徴で、簡単にいえばGoogleのウェブマスター向けのガイドラインに沿っていないことを指します。

SEOは「検索エンジンの最適化」と訳することができる通り、ユーザーの検索結果のサイトの露出を増やすための様々な施策を意味します。

よって、現在国内の主な検索エンジンはYahoo!とGoogleということを考えれば、Yahoo!はGoogleのアルゴリズムを採用しているので、Googleのガイドラインが基準となります。

悪いSEO会社の特徴は、このGoogleのガイドラインに沿っていないSEO対策の施策のために効果が出ず、依頼するとコストを無駄にしてしまうことになります。

具体的には、既述のように「外部リンクを〇〇本設置します」というだけで内部SEOやコンテンツSEOの概念がなかったり、対策キーワードを含めるだけの中身のないコンテンツを大量に生成する会社は、悪いSEO会社ということになります。

また外部リンクの質の良さのみをアピールしてきたり、検索数の多いビッグキーワードでの上位表示を狙ったり、早期の上位表示をアピールする会社は注意が必要です。

良いSEO会社の特徴(ホワイトハットSEOなど)

ホワイトハットSEOは、ブラックハットSEOの逆でGoogleのガイドラインに沿ったSEO対策をしていることを指します。

具体的には、

 

①SEO会社作成の無意味な外部リンクは設置しない

②ユーザーのための質の良いコンテンツづくりをしてくれる

 

この2点を満たしているサービスであれば、ホワイトハットといえるでしょう。

①については、外部リンクの提供は行わず、自然な形で被リンクを獲得するような施策であれば良いSEO会社です。

Googleでの外部リンクの評価基準は、「他サイトから紹介されるような質の高いコンテンツを提供しているサイト」です。

よって、他者からの評価もユーザーからの評価も高ければ、自然と外部リンクは集まりGoogleからの評価も高くなるというのが本来の基準です。

また特定のキーワードだけではなく、主軸キーワードに関連するロングテールキーワードでの露出を増やして、ユーザーの訪問数の増加を重視している会社は良い会社といえます。

SEO対策会社:東京3選

おすすめのSEO対策会社として、東京エリアで3社紹介します。ぜひ参考にしてみて下さい。

LYKAON株式会社

https://www.lykaon-search.com/

①強み

自分で簡単に操作ができる独自ツール「L.Search」を提供しており、コスト削減が大きく可能な点が強みです。

このツールはプログラミングの専門知識が不要で、キーワードなどの内部SEO対策も自動化できる優れたツールです。

使い方やサポート体制もしっかりしています。

従来の自分で専門知識を身につけるか、外注するしかなかったSEO対策を簡単に自分でできるようにした新しいスタイルを提案してくれるSEO会社です。

②SEOサービス詳細

独自ツール「L.Search」の提供。

自動テキスト追加機能や、アクセスが集まりやすいように、タイトルやディスクリプションを調整したり、モバイル対応機能などがあります。

③料金プラン

先ずは、お問い合わせをして見積もりをしてもらうことになります。

④対策実績

製品、サービスについての実績は公表されていませんが、技術力には定評がある会社です。

実際に依頼している評判としては、綺麗なSEO対策効果が出るとの声が多く、ソースコードを検索エンジン用に見やすくしたり、内部コンテンツを充実させている対策をしているようです。

LYKAONが提供しているSEOエンジニアブログは、高度なレベルのコンテンツが多く掲載されており、その知識やノウハウは信頼がおけるといえるでしょう。

GMOインターネット株式会社

http://seo.gmo.jp/

①強み

大手IT企業のGMOグループが提供するSEO対策サービスです。

サイトの現状ごとに最適なプランを提案してくれ、低予算でもSEO対策が可能な完全固定プランも提供しています。

②SEOサービス詳細

強力な外部リンク支援や高精度サイト内部SEO対策、最新のアルゴリズム解析を行ってくれます。

GMOが運営している質の高いサイトやユーザーと関連性の高いサイトからのリンク支援体制をしてくれ、10年の実績を誇るサイト内の改善、スパムなどのリスクを排除した効果的な施策を提供してくれます。

またコンサルティングのみのサービスもあります。

③料金プラン

サイトの状況や予算をヒアリングしてくれて、最適な料金プランを提供してくれます。

また検索順位10位以内で課金などの成果報酬制度もあります。

④対策実績

業界でもトップクラスの累計4,000社以上にサービスを提供。

あらゆるキーワードで導入前の順位から検索順位1位を獲得しています。

株式会社ウィルゲート

https://promonista.com/service/seo/

①強み

リンクの獲得とコンテンツ最適化の両立を実現した、SEO対策サービスが特徴です。

深くユーザーのサイトの現状を理解し、高品質なコンテンツ作成力と充実の支援体制、業界屈指の分析、開発力が強みです。

②SEOサービス詳細

ユーザーのサイトに関連したキーワードを調査し、調査に基づいた効果的なキーワード選びや、内部最適化、リンク獲得サービスを提供しています。

ユーザー、検索エンジンに有益なコンテンツ作成を提供し、選定キーワードをサイト内のコンテンツに適切に配置するSEO対策も行っています。

③料金プラン

先ずはフォームからお問い合わせをして見積もりをしてもらいます。

④対策実績

10年で4,100社以上のSEO対策支援の実績があります。

 

SEO対策会社:大阪3選

大阪でおすすめのSEO対策会社を3社、以下紹介していきます。

S&Eパートナーズ株式会社

https://seo-best.jp/

①強み

地域密着企業として、ユーザーとの対面重視が強みです。

対面による相談窓口を設けることにより、オーダーメイドの解決策を提供できることが特徴です。

SEO対策による上位表示がゴールではなく、集客力UPと売り上げUPを達成するための施策を提供してます。

②SEOサービス詳細

ウェブサイトの上位化に不足している部分を発見し、改善の代行業務を行います。

目標順位達成後の運営施策やサポート、さらに集客力をアップさせるためのサポートをしてくれます。

事例としては、タイトルやディスクリプションの改善、キーワードの最適化、ブログ機能の追加などがあります。

③料金プラン

SEO対策に必要なエンジニアによるチューニングを初期費用10万円〜、あとは必要に応じたアレンジで費用は異なります。

毎月のサポート費用3万5千円〜(目安)も別途必要です。

契約期間は1年間から可能です。返金保障制度も有り。

④対策実績

実績数は記載されていませんが、会社のサイトにてSEO対策のキーワード順位実績や顧客の声を多数公開しています。

株式会社PLAN-B

https://service.plan-b.co.jp/service/seo_consulting/

①強み

1ページ目に検索表示された場合に表示日数分を課金する制度と、月額制の料金設定があります。

社内に専門SEOライターが在籍し、コンテンツはツールを使用せずに、オリジナルコンテンツを制作できるのが強みです。

②SEOサービス詳細

ユーザーと集客面の改善に必要な施策を戦略設計し、HTMLの改善からコンテンツ施策を提供しています。

ウェブサイトごとのフルカスタマイズを行い、キーワード分析からKPI達成までサポートします。

月に一度の定例会で、改善の効果を検証し、最新トレンドにあったSEOにしていきます。

料金プラン

分析、戦略設計は50万円からで専門ライターによるコンテンツ作成は別料金です。

対策実績

3,000社、2万キーワードで上位表示の実績があり、コンテンツSEOを完全オリジナルで生成しての達成実績です。

 

株式会社クロスウォーク

https://crosswalk.co.jp/service/seo.php

①強み

メインキーワード1つ、サブキーワード4つを決めて対策し、外部対策は正攻法を実施してペナルティを回避します。

メインキーワードでの上位検索達成で、料金が発生する仕組みをとっています。

②SEOサービス詳細

メインキーワードとサブキーワードで、合計5つの同時対策を行ってくれます。

モバイル対応も可能で、内部、外部の最適化や被リンク対策も実施し、専用の管理画面も準備してくれ、サイトの分析レポートも月一回提供しています。

③料金プラン

最安1万5千円からのプランで、初期費用はゼロです。

月額料金の1ヶ月分を保証金としています。保証金は解約後に返金してくれます。

メインキーワードが10位以内にランクインした時のみの完全成果報酬制度です。

④対策実績

自社統計で9割以上のキーワードで上位検索を達成、最短30日での上位検索案件も多数あります。

Web集客も含めて、約2,000社の実績があります。

まとめ

SEO対策会社を選択する際には、その会社がGoogleのウェブマスター向けのガイドラインに沿っているかどうかを確認する必要があります。

悪いSEO会社だと、自社の自作自演の外部リンクの提供のみにフォーカスをして、内部SEO対策がおろそかになっており、長期的な成果が出ません。

本質的で長期的なSEOの成果が出るように、外部に依頼する際には、会社選びに気をつけましょう。

[記事公開日]2018.02.12
[最終更新日]2018.10.03
[ライター]ワカさん