インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

モバイルファーストインデックス(MFI)の導入時期は?対策について

モバイルファーストインデックス(MFI)という言葉を聞いたことがあるでしょうか?あまり聞きなれないキーワードですが、最近になってSEO対策の分野では話題になっている言葉です。

今後ウェブサイトを運営する企業や個人にとっては、必ず知っておきたい内容とともに、実際に対応していかなければならないことでもあります。

今回は、モバイルファーストインデックス(MFI)の詳細や導入時期、その対策について解説をしていきます。ぜひ参考にしてみてください。

モバイルファーストインデックス(MFI)とは

モバイルファーストインデックス(MFI)とは、Googleが発表した方針転換のことで、今まではパソコンサイトの内容を中心にウェブサイトのコンテンツを評価していたものを、スマートフォンサイトを中心に評価するという方針を指します。

インデックスとは、検索エンジンのクローラー(サイトの情報を収集するロボット)が、世界中のサイトの情報を検索エンジンのデータベースに分類、記録している状態を指します。

いままでのインデックス方法と違う点とは?

今までのインデックス方法と違う点は、今までPCサイトを基準にインデックス・検索順位が決まってたものが、今後はモバイルサイトを基準として、クローラーに記録、検索準備が決定されることになります。

ちなみに、スマホ対応しているかどうかを判断する基準をモバイルフレンドリーといいます。モバイルファーストインデックス以前から、Googleはスマホに対応しているサイトの評価を上げるように補正はかけていました。

導入の背景とは?

2015年にGoogleは、モバイル検索数がパソコン検索数を上回り、過半数に達したと発表しました。

パソコンは、検索時に立ち上げに時間がかかることや、開く際にも座って閲覧しないといけないことから、検索する際に利用の幅が狭いといえます。

一方で、モバイルは屋外でもどこでも、ちょっとした空き時間があれば、検索できるので、ユーザーの検索利用数が爆発的に伸び、パソコンと逆転が起きたのです。

この状況を踏まえて、顧客満足度を上げるために、モバイルサイトを検索結果作成の基準にすることに方針転換した、という背景があります。

順位への影響は?

人によっては、検索結果に影響します。

PCサイトとスマホサイトで同一の内容が書かれているなら、特に問題ないのですが、スマホサイトには簡潔な内容しか書かれていないなど、PCサイトとスマホサイトで大幅に内容が異なる場合は、影響を受ける可能性があります。

モバイルファーストインデックスはいつから導入されるの?

モバイルファーストインデックスの導入時期については、既に2016年末から実験開始がなされています。

そして、2017年末の米国で開催されたカンファレンスでは、Googleのゲイリー・イリェーシュ氏が「全体の数%のサイトではすでに導入が完了している」との発言がありました。

2017年末の段階では、モバイルファーストインデックスの導入を確認できる手段はありませんが、現段階では、Googleの発言を調べると、「検索順位に影響がないように導入を進めている」とのことです。

ゲイリー・イリェーシュ氏も「完全にMFIに移行するには、数年がかかるだろう」と発言していますが、2018年になって影響が出てくるのではないかという見方も有力です。

既に導入が開始されている以上は、早急な対応が必要だといえるでしょう。

対応が必要なサイトとは?

モバイルファーストインデックスの導入にあたり、対応が必要と思われるサイトは以下になります。

モバイル向けサイトを作っていないサイト

当然ですが、PCサイトのみだとMFIの影響を遅かれ、早かれ受けてしまいます。早急にモバイル向けのサイトを構築する方が良いでしょう。

特に自然検索から、見込み客や購買層を流入させているサイトは対策をしていくべきです。

PCサイトとモバイルサイトで、極端にコンテンツが違うサイト

すでにPCサイトとモバイルサイトの両方に対応しているサイトでも、コンテンツ内容が極端に異なる場合は、MFIの導入が遅れてしまうと考えられます。

そしてMFI導入後も悪影響が出るケースがあるので、両者のコンテンツに差異がないようにしていきましょう。

MFIへの対策方法は?

MFIへの対策方法は様々考えられます。以下にまとめてみましたので、ぜひ参考にして早めに対応していただければと思います。

MFIへの対策

①コンテンツを統一させる

これは上述でも述べた通りですが、再度、コンテンツ内容、キーワードを確認してPC、モバイルの両者のコンテンツ統一を図りましょう。また内容だけではなく、どちらかにコンテンツページが欠如しているのもNGです。

②推奨は、レスポンシブデザイン

サイト内でのコンテンツの不一致を避けるために、Googleが推奨している方法です。

レスポンシブデザインとは、ユーザーのデバイスに関係なく、同じURLや同じHTMLコードを配信し、画面サイズに応じて表示を変えることができることをいいます。

Googleは、このレスポンシブデザインが、クローラーの巡回の手間が短縮されることや、表示エラーが少ないため、ユーザーにとって好ましいことから強く推奨しています。

③別URLでの運用はアノテーションの設定が必要

PCサイトとスマホサイトで、別々のURLを使用している場合は、アノテーション設定が必要です。アノテーションとは、別々のURLで作成したコンテンツを同一のものであるとクローラーに伝える設定です。

やり方は、それぞれのページのhead内にalternate、canonicaタグを設置します。

④スマホ対応関連のalternate/canonicalは、変更の必要がない

PCとスマホサイトで別のURLを使用しているサイトの場合は、PCサイトからスマホサイトに向けてalternateを記載、SPサイトからスマホページに向けてcanonicalを記載する必要があります。

MFI導入後は、正規ページがスマホページになりますが、Googleが内部処理をするということなので、サイト側でのalternate/canonicalの変更対応は不要です。

⑤画像のaltテキストの確認

スマホページの画像にも、altテキストが設定されているかどうかを確認しておきましょう。特に画像を使用してリンクを貼っているケースは影響が大きい場合があります。

⑥表示速度の改善

表示速度は、MFI発表当時は検索順位の要因には含まれないとのことでしたが、その後改めて検索順位の要因となると変更になりました。

表示速度は、ユーザーの閲覧にとっては重要事項で、集客面での影響が大きいといえます。もし、表示速度が遅い場合は、改善した方が良いでしょう。

⑦アコーディオンなどで隠れたコンテンツは許容される

スマホサイトは、PCサイトに比べて、コンテンツの表示領域が限られています。アコーディオンなどで、コンテンツを隠すことは問題無いと、Googleは発言しています。

アコーディオンでは、クリックやタップなどのユーザーアクションが必要になりますが、これも許容されるとのことです。

⑧構造化データの扱いはどうなる?

スマホページの構造化データはチェックが必要で、スマホページに記述されていない場合は、スマホサイトに記述を進める対応が必要です。

サイトがレスポンシブデザインでは無い場合は、スマホサイトなどは構造化データを省略しているケースがあります。

これまでは、評価の主軸がPCサイトだったため、構造化データもPCサイトに設置で問題ありませんでしたが、MFI導入後はスマホサイトに移動する必要があります。

運営サイトで構造化データを使用しているかどうかは、サーチコンソールの「検索での見え方」→「構造化データ」から確認が可能です。

モバイルファーストインデックスへの移行状況について

現在のMFIの移行状況ですが、以下のようになっています。

MFI導入状況についてのGoogleの発言と状況

2016年11月4日

GoogleによるMFI導入の公式発表

2017年3月

ジョン・ミューラー氏がページの速度表示は検索順位決定要因からは外すと回答、しかしその後、ゲイリー・イリェーシュ氏がサンノゼで開催された「SMX West2017」で方針撤回し、「表示速度をランキング要因として組み込み、ランキングを導入する」と発言しました。

2017年10月

ゲイリー・イリェーシュ氏が「一部のサイトではMFIの導入が完了している」と発言しました。

2018年2月22日

米国オースティンで開催されたウェブマスター向けのイベントにて、ゲイリー・イリェーシュ氏が「数週間以内に多くのサイトをMFIに移行する」と発言しました。

http://www.sem-r.com/google-2010/20180222110432.html

よって、2018年の4月には、多くのサイトにMFIが導入されそうです。またページの速度表示について、2018年7月より「Speed Update」が適用となることがGoogleより発表されています。

これによりMFIにかかわらず、ページの表示スピードが検索順位に反映されます。

まとめ

モバイルファーストインデックスとは、Googleが発表したモバイルサイトを中心にインデックスやランキングを決定する方針です。背景には、モバイルでのサイト閲覧数がPCサイトよりも近年飛躍的に伸びてきた背景があります。

Googleの発表や発言をみると2018年には、多くのサイトに導入される見込みです。サイトを運営している企業、個人は早めに対応して準備する必要があるといえるでしょう。

 

※モバイルファーストインデックス対策のためには、レスポンシブデザイン対応のWordPressで、サイトを構築するのが便利です。

WordPress(ワードプレス)は、ちょっと設定や使い方で、SEO効果も高めることができます。

WordPressのSEO効果を高める方法や、初心者でもできる8つの設定など、わかりやすくまとめてあります。
こちらもチェックしてみてください。↓↓↓

WordPressのSEO効果を高めるには?初心者でも出来る8つの設定

 

[記事公開日]2018.04.13
[最終更新日]2019.02.03
[ライター]ワカさん