インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

キーワード出現頻度はSEO対策に影響する?

かつて、SEO対策にはキーワード出現頻度が重要だと言われていた時代がありました。

ページ内のキーワードの含有率を何%にするのが効果的であるかが重視され、どれだけ効果的にキーワードを盛り込むかに重点が置かれていました。

しかし、現在では、キーワードの出現頻度はSEO対策への効果が薄く、検索順位にそれほど影響しないと言われています。

今回は、キーワードの出現頻度とSEO対策の関連性について解説します。

キーワード出現頻度を気にするのは逆効果?

SEO対策の一環として、長らくキーワード出現頻度が重視されてきた時期があります。

今でも効果的なSEOには、キーワードの出現率が重要だと考えている人も少なくありません。

最も効果的なキーワード出現率についても盛んに議論され、ページ全体の5%、7%など、さまざまな説がありました。

数年前までの検索エンジンはまだ精度が低かったため、検索順位を上位表示させるためにキーワード比率が大きな影響を及ぼしていました。

そのため、ページを上位表示させるために不自然な文章になっても、キーワードを羅列したり、画像タグにキーワードを用いるなどのSEO対策が行われていました。

しかし、今ではSEO対策にキーワード出現頻度は関係ないという考え方が主流です。

検索エンジンの精度が向上するにつれ、かつて主流だったキーワード重視の施策は逆効果となっています。

必要以上にページ内にキーワードを詰め込む方法は「キーワード・スタッフィング」と呼ばれ、SEOスパムとしてペナルティを課せられる危険性が高いです。

SEO対策としても好ましくないので、不必要にキーワードを盛り込むのはやめましょう。

SEO対策におけるキーワード出現頻度の重要性

現在のSEO対策では、キーワード出現頻度はさほど重要ではありません。

Google社員のジョン・ミューラー氏は2011年に「キーワード出現頻度に気を向けるのではなく、文章を自然に書くことを勧める」と発言しています。

つまり、検索順位を決める上で、キーワード出現頻度は重要ではなく、より自然な文章でユーザーの役に立つコンテンツ作りが求められるということです。

現在、Googleをはじめとした検索エンジンは、キーワード出現頻度ではなく、コンテンツの質でページの評価を行います。

これからさらに、検索エンジンの精度が上昇するにつれ、コンテンツの内容はますます重要なポイントになっていくのは間違いありません。

そのため、これからのホームページ作りには、キーワード出現頻度より、コンテンツの質を高める工夫が求められます。

これからのSEO対策とキーワード出現頻度について

従来のSEO対策のようなキーワード出現頻度によって評価された時代と違い、今はコンテンツの中身で勝負する時代です。

しかし、キーワード出現頻度を全く意識しなくていいというわけではありません。

検索エンジンでは、そのページが何について書かれたコンテンツかを判断するために、ページのテーマを評価します。

そのため、メインキーワードを意識したコンテンツ作りは、SEO対策に効果的です。

基本的には、1つのテーマに基づいてページを作成すれば、自然とメインとなるキーワードが多く出現するのが一般的です。

おそらく、ページ内のキーワード出現頻度の上位5つには入ってくるでしょう。テーマに沿った内容でユーザーに役に立つ質の高いコンテンツ作りができれば、上位化させたいキーワードは自然に検索エンジンに評価されます。

従来のSEO対策のように、上位表示させたいキーワードの比率を不自然に増やすのではなく、コンテンツを充実させることによって、自然にキーワード比率を増やしていくのが重要です。

検索エンジン評価されるコンテンツ作りとは

検索エンジンの性能は日々進化しています。

この先さらに、検索エンジンの順位にコンテンツの内容が重視される方向に進んでいくのは間違いありません。

そのため、まずはテーマに基づき、自然な文章で自由に伝えたいことを文章にするのがおすすめです。

検索エンジンからの評価より、ユーザーへのわかりやすさを念頭に置いて、コンテンツを作りましょう。

SEO対策には、コンテンツの文字数の多さも重要という説がありますが、Googleの場合は、文字数の多さを評価基準にするアルゴリズムは存在しないと言われています。

大切なのは文字量ではなく、メインとなるキーワードに求められているユーザーのニーズです。

たとえば、「美味しいコーヒー ドリップ」というキーワードのコンテンツであれば、ユーザーの求めているものは、美味しいコーヒーを淹れるための方法やポイントなどに関しての充実した情報です。

そのため、コンテンツの充実した長文の記事は検索エンジンに評価され、検索順位は上昇します。

反対に「靴のサイズ US」というキーワードであれば、アメリカの靴のサイズが一目でわかる一覧表のようなわかりやすいページが評価されます。

検索エンジンからの評価が高いコンテンツを作るためには、メインキーワードに求められるユーザーのニーズを知る事が重要です。

まとめ

キーワード出現頻度を高めるための不自然なコンテンツでも評価されていた時代とは違い、現在のSEO対策は、ユーザーに分かりやすく、役に立つ良質なコンテンツ作りが第一です。

メインキーワードとユーザーのニーズを意識して、内容の濃いコンテンツを作っていきましょう。

[記事公開日]2018.01.08
[最終更新日]2018.04.08
[ライター]首藤