インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

SEO対策とは?SEOの基本から内部対策と外部対策まで

Webサイトの来訪者数を増やすための手法は複数ありますが、その中でも特にメジャーで効果が高いのが「SEO」と「広告出稿」です。

SEOは検索エンジンで上位に表示されるための様々な取り組みの総称で、広告出稿は検索エンジンやWebサイトなどにお金を払って広告を掲載してもらうことです。

どちらも一長一短で、状況に応じて適切に使い分けることによって、少ない費用で多くの来訪者を得ることが出来ます。

今回の記事では、SEOを用いてWebサイトを優良な資産にする方法を解説いたします。

初心者でも理解できるSEO対策の基本と重要性

SEO対策とは前述の通り、検索エンジンで上位に表示されるための様々な取り組みです。

検索エンジンで上位に表示されれば、それだけ検索エンジンからの流入も多くなります。

アメリカの有名なSEO企業であるInternet Marketing Ninjasによれば、2017年時点での検索順位別のクリック率は以下のようになっています。

  1.  :21.12%
  2.  :10.65%
  3.  :7.57%
  4.  :4.66%
  5.  :3.42%
  6.  :2.56%
  7.  :2.69%
  8.  :1.74%
  9.  :1.74%
  10.  :1.64%

1位に表示された場合、21.12%の確率でクリックされます。

一方、10位に表示された場合は、約1.64%の確率でしかクリックされません。

同じ1ページ目でも、一番上と一番下ではその確率に10倍以上の差があるのです。

検索エンジンで上位表示されることがいかに重要かがわかります。

最初から1位を狙うのは現実的ではないケースも多いですが、その場合でもなるべく3位以内に表示されるようにしましょう。

上位表示されるWebサイトは優良な資産

Webサイトが安定的に上位表示されるようになると、そこから安定した収益が生まれるようになります。

毎月安定した収益を生み続け、維持費もかからないWebサイトは優良な資産といえます。

安定的に上位に表示されるようになるまでには、数ヶ月~数年かかることが多いですが、手間と時間をかけるだけの価値があります。

検索エンジン=Googleという解釈で概ね間違いない

現在、日本で多く使われている検索エンジンはGoogleとYahoo!の2つです。

アウンコンサルティング株式会社の調査によれば、日本国内のPCにおけるGoogle&Yahoo!のシェア率は約89%、モバイルでは約99%となっています。

そして、現在Yahoo!はGoogleの検索エンジンを借りている状態なので、GoogleのSEO対策を進めれば、Yahoo!のSEO対策も自動的に完了します。

Yahoo!にしか表示されない検索結果(NAVERまとめなど)もありますが、基本的にはどちらも同じ結果が表示されると考えて間違いないでしょう。

検索エンジンがWebサイトを順位付けするルール(アルゴリズム)は上書きされる

検索エンジンが、検索順位をつけるために採用しているルールをアルゴリズムと言います。

全く同じキーワードで検索しても、検索結果が異なることがあるのは、検索エンジンによって採用しているアルゴリズムが異なるからです。

Googleは200以上の評価項目を定めており、それを独自のアルゴリズムに基づいて得点化し、検索結果の上位から順に並べています。

そして、このアルゴリズムは時々更新されます。

時々、検索順位が大きく入れ替わることがあるのは、アルゴリズムが更新されるためです。

残念ながら、Googleが個々に定めた評価項目やアルゴリズムは公開されていません。

しかし、Googleがどのような評価項目を重視しているかは、なんとなくではありますが明らかになっています。Googleが重視していると考えられる主な評価項目は以下のとおりです。

  • コンテンツの量と質
  • 更新頻度の多さ
  • サイト滞在時間の長さ・PV/UUの多さ
  • 被リンク数の量と質

Googleが明かすSEO対策の秘密

Googleは、自社のWebサイト内で、ウェブマスター向けガイドラインなるものを公表しています。

これは簡単に言えば、Webサイト管理者が行うべきではない不正行為をまとめたものです。

ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

https://support.google.com/webmasters/answer/35769

これらの不正行為を行った場合、Webサイトが検索結果の下位に表示されるようになったり、あるいは全く表示されなくなったりします。

このような不正行為をまとめて「ブラックハットSEO」といいます。

ブラックハットSEOは、例えばコンテンツの自動作成やクローキング(人間に見せるコンテンツとクローラー=検索エンジンに見せるコンテンツを別のものにする)などが当てはまります。

これらの行為を行って、検索エンジンに中身のないサイトや盗作サイトなどを優良サイトに見せかけるのが、ブラックハットSEOの肝です。

このような行為は、Webサイトユーザーにとって、無意味もしくは不利益なものであり、これらのサイトが上位表示されることは検索エンジンの信頼性を損ないます。

そのため、Googleはガイドライン上で禁止し、違反した場合にはペナルティを与えています。

一方、ウェブマスター向けガイドラインで認められている、いわば正規の手法をホワイトハットSEOといいます。

ホワイトハットSEOの手法も、色々と細分化されているのですが、ユーザーの利益になることはすべてこちらに含まれると考えていただければ問題ありません。

SEO対策の昔と今

ブラックハットSEOは、かつてはSEO対策としてそれなりに有効でした。

以前のGoogleは今よりも単純で、外部の人間が推測しやすい評価基準で検索順位を決めていたためです。

例えば、以前のGoogleは、被リンク(外部から貼られたリンク)を非常に重視していました。

そのため、外部リンクを業者から大量に購入して、中身のないWebサイトを優良サイトに見せかけるという手法がはびこっていました。

しかし、このようなWebサイトが上位に表示されるのは、ユーザーにとって全く利益になりませんし、Googleにとっても恥です。

そのため、Googleは繰り返しアップデートを行い、より複雑で推測されづらい評価基準を作成し、よりユーザーにとって利益になるWebサイトを、上位に表示させる仕組みを築いてきました。

一方で、ユーザーにとって利益にならないSEO=ブラックハットSEOを行ったWebサイトを上位に表示させない取り組みも合わせて行い、ブラックハットSEOに手を出したWebサイトは上位からは駆逐されました。

今でも完全に目にしなくなったわけではありませんが、以前と比べ遥かにその割合は減りました。

被リンクは今でも重要だが、質がより重視されるように

被リンクは重要度こそ以前より下がったものの、今でもそれなりには重要です。ただし、現代においては被リンクの数だけでなく、質も重視されるようになっています。

被リンクの質とはなんだ、と思われるかもしれませんが、現時点で検索エンジンから高く評価されている外部サイトからの被リンクは高品質な被リンクである、と考えていただければだいたい間違いないでしょう。

被リンクは他者からの紹介のようなものであり、検索エンジンから高く評価されている外部サイトからのリンクは、彼らから紹介を受けたようなものであるため、高く評価されるのです。

逆に有料リンクをいくら買い漁っても、ほとんど意味はありません。

というか、マイナスに終わることが多いです。100の駄被リンクより1つの高品質被リンクが大事です。

 

外部対策と内部対策

SEO対策は大きく、外部対策と内部対策に分けることが出来ます。

外部対策とは簡単に言えば良質な被リンクを集めること、内部対策とは検索エンジンから適切に評価されるWebサイトの構造にすることです。

以前は外部対策がSEO対策の中心でしたが、最近は内部対策の重要性が増してきています。

1. 内部対策の方法

外部対策がつまるところ「外部リンクの獲得」に集約されるのに対して、内部リンクの手法は非常に複雑です。

しかし、外部リンクの重要性が相対的に低下している昨今において、内部リンクなくして上位表示することはほぼ不可能です。

1-1 検索エンジンに登録する

検索エンジンは、クローラーというロボットを保有しています。

クローラーは世界中のWebサイトを巡り、Webサイトの情報を自身のデータベースに登録しています。

このデータベースに登録されなければ、検索結果に表示されません。

クローラーを待ち続けてもいつくるかわからないので、こちらから検索エンジンにWebサイトを登録して、能動的にクローラーに知らせてしまいましょう。

とりあえず、以下の2つの検索エンジンには必ず登録しましょう。

Googleサーチコンソール

http://www.google.co.jp/addurl/

Bing

https://www.bing.com/toolbox/submit-site-url

1-2. XMLサイトマップの作成・更新

検索エンジンにWebサイトを正しく評価してもらうためには、クローラーにWebサイトをくまなく回って貰う必要があります。

クローラーがWebサイトを適切に巡回できるように、事前にXMLサイトマップを用意しておくといいでしょう。

XMLマップはクローラーが読み取るためのサイトマップで、人間が見るためのHTMLサイトマップとは似て非なるものです。

作成方法は使用しているサービスによって異なります。

ホームページ作成ソフトやCMSなどを使っている場合は、そのソフトのマニュアルを確認してください。

XMLサイトマップを作成したら、Google(サーチコンソール)やBing(ウェブマスターツール)に登録します。

Webサイトを更新したら、XMLサイトマップもその都度更新し、GoogleやBingに再登録しましょう。

1-3. パンくずリストを設定する

パンくずリストとは、各Web ページの上位に表示される、現在どの階層に入るのかを示すリンクの集まりです。

例えば、大手価格比較サイトの「価格.com」の場合、

ホーム > パソコン > ノートパソコン > HP(ヒューレット・パッカード)

のように表記されます。

パンくずリストは訪問者に対するナビゲーションになるだけでなく、内部SEO対策としても優れた方策です。

詳しくは後述しますが、Webサイト内の行き来をしやすくする内部リンクを充実させることは、有効な内部SEO対策の一つです。

パンくずリストは通常、「microdata」を使って作成します。

これは要するにパンくずリストの構成要素にラベル付与して「これはパンくずリストですよ」とGoogle側に知らせるためのものです。

ほかにも「JSON-LD」や「RDFa」などがあるのですが、Googleは「microdata」の仕様を推奨していますので、それに従うのがいいでしょう。

1-4. 内部リンクの充実化

内部リンクとは、自分のWebサイトのWebページから、自分のWebサイトの別のウェブページ内に飛べるリンクのことです。

内部リンクを適切に整えると、ユーザビリティが向上するだけでなく、クローラーも読み取りやすくなります。

「適切に」というのがポイントで、ただ数を増やせばいいというものではありません。

Web ページのコンテンツと関係性が薄い別のWebページにリンクを張っても、意味はありません。

重要なWebページに重点的にリンクを集めることによって、より高い効果が期待できます。

また、前述のパンくずリストも重要です。特に階層構造が複雑なWebサイトの場合、設置は必須です。

コンテンツから、関連性の高い別コンテンツへのリンクも積極的に張っていきましょう。Webサイトが使いやすくなるだけでなく、サイト滞在時間の向上にもつながります。

なお、内部リンクのテキスト部分(アンカーテキスト)には、重要なキーワードを使います。

記事タイトルをそのままアンカーテキストにするのもいいでしょう。逆に「こちら」などの単語を使うのは避けたほうが良いです。

1-5. 各Webページのキーワード対策

個別の記事を上位に表示させる上で重要になるのが、キーワード選びです。

まずどんなキーワードで上位表示されたいのかを考えなければ、具体的なコンテンツ作りに進めません。

1-6. キーワードは検索数が多く競合サイトが弱いものを選ぶ

SEO対策はどんなキーワードで行ってもいいのですが、少ない時間と費用で効率的に集客するためには、適切なキーワード選びが必要不可欠です。

そもそも検索されない、あるいは競合サイトがあまりにも強すぎるキーワードをいくら対策しても、時間と費用に見合った効果は得られません。

では、どうやってキーワードを選べばいいのかというと、基本的にはツールを使って選びます。

ツールを使えばどのようなキーワードがよく検索され、競合サイト弱いのかがすぐにわかります。

ツールは色々有りますが、

Googleキーワードプランナー

https://adwords.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/

キーワード検索数チェックツール aramakijake

http://aramakijake.jp

がおすすめです。

Googleキーワードプランナーは無料でも使えますが、そのままでは非常に大まかな月間検索数しかわかりません。

Google Adwordsに広告出稿すると、より精度の高い月間検索数を把握できるほか、競合の強さやデバイス別の検索数なども分析できるようにます。

広告出稿も行う場合は最有力選択肢です。

一方、aramakijakeは月間検索数しかわかりませんが、完全無料で利用できます。

1-7. 記事のタイトルは「クリックしたくなるか」が何より重要

次に、各ページの個別タイトルを考えていきます。

記事タイトルは検索した人が最初に見る部分であり、検索結果に本文よりも大きく表示されるため特に重要です。

タイトルに魅力がないと、本文が素晴らしいものでもそもそもクリックしてもらえません。

記事のタイトルですが、基本的には「クリックしたくなるか」が再重要です。

ではクリックしたくなるタイトルはどんなものかといいますと、検索した人の疑問を簡単に解決してくれそうなものです。

検索エンジンを使って検索する人は、皆何らかの疑問を抱えています。

何も疑問がないのならば、そもそも調べようとしません。そして、検索した人がどんな疑問を持っているかは、キーワードを見てみればなんとなくわかります。

例えば、「自動車保険 比較」というキーワードで検索している人は、自動車保険に入る必要性があるけれど、保険の種類が多くてどれを選んでいいのかよくわからない、選び方を知りたいと考えている可能性が高いです。

そういった人にクリックしてもらうためには、例えば「自動車保険を徹底比較!初心者でも5分で最適な保険が選べます」というタイトルにすれば、クリックしてもらえる可能性は高くなるでしょう。

また、記事タイトルでは、ある程度読者を絞り込むことも大切です。

上記の例では、自動車保険に詳しくない初心者を対象にしています。ある程度ターゲットを絞り込むことによって、読者に「あ、これは自分の疑問を解決できる記事だな」と思わせられます。

自動車保険に詳しい上級者は切り捨ててしまっていますが、別に構いません。上級者向けのページは別途用意すればいいからです。

逆に「誰にでもわかる~」といった漠然とした呼びかけ方は避けたほうがいいでしょう。

対象が漠然としすぎて居ると感じられ、初心者にも上級者にも「自分向けではない記事だ」と解釈される可能性が高いからです。

また、タイトルの文字数は、長くても30文字程度にした方がいいでしょう。

長すぎるタイトルは検索結果に表示されません(認識はされています)。

1-8. 具体的な数字を盛り込んで簡単さをアピール

タイトルをつける上でもう一つ重要なのは、そこに書いてあることが簡単に実行できそうだと、具体的な数字を盛り込んで思わせることです。

具体的には「5分でわかる」「1日10分の運動で5kg痩せる」といった感じです。

ただ「わかる」「痩せる」と書くよりも、成功した時の自分が想像しやすくなります。

ただし、「1日1時間の運動で5kg痩せる」といったような、大変そうなタイトルはつけるべきではありません。

そもそもできるだけ簡単に・ラクして痩せたいから方法を検索しているのに、こんな大変そうなタイトルを見せても忌避感を持たれるだけです

1-9. 見出しを使い分けてコンテンツを見やすくする

見出しとは、各記事の中にある小さなタイトルのようなものです。

例えば、この記事の場合は「初心者でも理解できるSEO対策の基本と重要性」「見出しを使い分けてコンテンツを見やすくする」などが見出しに該当します。

見出しは階層構造にすることも可能です。

適切な見出しを使うことによって、視認性が向上します。

1-10. 本文はある程度のボリュームと読みやすさが大切

本文については実行できるノウハウがたくさんあります。

すべてを書こうとすると記事の長さが膨大なものになってしまうため、ここでは一部の重要なもののみを紹介します。

  • Webサイトの形式などにもよるが、文字数は最低でも500文字、できれば1000文字は欲しい。
  • 1文の長さは最長でも100文字以内、できれば80文字以内が望ましい。1文が長すぎると何を言っているのかわからなくなる可能性が高い。
  • 行間は3~5行ごとに開ける。文字を詰めすぎると読みづらく感じる。
  • 適宜イメージ画像や動画を差し込むと、読者の理解の助けになる。
  • タイトルと本文の内容を一致させる。いわゆる「釣りタイトル」は避けるべき。

1-11.  画像に正しいテキストを設定する

現状、GoogleやBingなどの検索エンジンは、画像があることは認識できても、画像に何が移っているかの認識はできません。

猫が写っている画像も、東京都内の街並みが写っている画像も、真っ黒な画像も、等しく「画像」としてしか認識しません。

しかし、画像のタグ内にalt属性を追加すれば、その画像の内容を検索エンジンに伝えることが出来ます。

<img src=”/images/example.jpg” width=”640″ height=”480″>

このように記述した場合、検索エンジンは画像を「640×480の画像である」とだけ認識します。

しかし、

<img src=”/images/example.jpg” alt=”東京都内の街並み” width=”640″ height=”480″>

と記述すれば、検索エンジンは画像を「640×480の”東京都内の街並み”」の画像であると認識します。

Altに挿入できる文字数には制限がありませんが、関連性の薄いキーワードを入れたり、文字を詰め込みすぎたりするのは逆効果です。

その画像の内容を簡潔に示す文章を入れましょう。

1-12. スマホ対応を優先させる

近年、その重要性が急速に増しているのがスマホ(モバイル端末)対応です。

かつてはウェブサイトはパソコンで見るものでしたが、近年はスマホで見るものになりつつあるからです。

パソコンとスマホの閲覧比率はWebサイトによってことなりますが、全PVの5割~7割程度がスマホからのものだと考えていただければだいたい間違いないでしょう。

スマホ対応の方法は大きく、レスポンシブデザインとスマホ専用サイトに分けることが出来ます。

レスポンシブデザインとは、閲覧する端末に合わせて見やすく調整されるデザインです。

Googleが推奨している方法であり、スマホ用サイトを別途用意する必要がなくなるのが大きなメリットです。

反面、ページの表示に時間がかかったり、製作工程が長くなったりするなどのデメリットもあります。

スマホ専用サイトを用意する場合は、パソコン用サイトとはURLを変えます。

デザインをそれぞれの端末に適したものにできるというメリットがある反面、更新作業が面倒、URLが異なり流入が分散するというデメリットもあります。

どちらも一長一短ですが、2017年11月時点ではGoogleが推奨しているレスポンシブデザインを採用するのが無難かと思います。

2. 外部対策の方法

良質な被リンクをもらうためには、とにもかくにも優良なコンテンツが必要です。

読者の利益になるコンテンツを作れば、いつかは良質な被リンクが増えていきます。

しかし、スピードも大事なビジネスの世界においては、いつか良質な被リンクがもらえるのをひたすら待ち続けつつコンテンツを生産するというのは、あまり賢い方法とはいえません。

それよりも早く良質な被リンクが貰える方法を考えるべきです。

では、一体どのようにして被リンクを貰えばいいのでしょうか。

2-1. プレスリリースを配信する

プレスリリースとは、企業がマスコミや一般消費者向けに新商品・キャンペーンなどの情報を伝えるためのものです。

プレスリリースはリリース配信サイト(PR TIMES、@Press、DreamNewsなど)を通じて配信され、各提携メディアにも掲載されます。

各提携メディアからのリンクにはnofollowが付与されるため、直接的なSEO効果はありません(nofollowが付いたリンクにはSEO効果がありません)。

しかし、そのプレスリリースを見た消費者が自分のブログやWebサイト、SNSなどで紹介してくれれば、被リンクの獲得が期待できます。随分回りくどい方法にも思えますが、意外と効果があります。

2-2. SNSを運用する

近年はTwitterを始めとするSNSの運用に熱心な企業が増えてきています。

SNSのアカウントの主目的は、もちろん消費者に新しい商品やサービスなどの情報を知ってもらうことですが、隠れた目的として被リンク獲得があります。

SNSでのツイートが拡散された場合、より多くの人がその商品やサービスを知ることになります。

多くの人が見てくれれば、多くの人が自分のブログやWebサイト、SNSなどで紹介してくれるはずです。

2-3. お客さんにお願いする

お客さんに「あなたのウェブサイトやブログで紹介してくれませんか」と頼むのは原始的なやり方ではありますが、意外と効果があります。

こういった方策は、大企業よりもむしろ中小企業に向いています。

大企業がお願いしても「あなたたちはもともと有名だし、私が紹介するまでもないでしょう」と思われるのが関の山ですが、中小企業ならば「これをきっかけに少しでもこの会社が有名になれば」と思ってもらえるかもしれないからです。

お客さんが消費者ではなく企業の場合は、その企業のWebサイトからリンクを貼ってもらうというのもいいでしょう。

企業のWebサイトは個人のブログのウェブサイト等よりも信頼性が高いので、より効果的です。

もちろん、相手の企業は自身にメリットがないことはしませんので、こちらからもリンクを貼るなどの「お礼」が必要になりますが。

2-4. 不要な被リンクを削除する

Webの世界においては誰もが自由にあなたのWebサイトにリンクを貼ることが出来ます。

つまり、不要な、有害な被リンクをもらってしまう可能性は常に存在する、というわけです。

あなたを貶めたい何者かが、あなたのWebサイトにペナルティを食らわせるために、低品質なリンクを大量に貼ってきたとき、あなたはどうするべきなのでしょうか。

Webサイトに貼られた被リンクを確認する方法は色々ありますが、一番簡単なのはGoogleが提供している「サーチコンソール」を使うというものです。

ログイン後「検索トラフィック→サイトへのリンク」の順に辿ると、現在の被リンクが一覧形式で表示されます。

怪しそうなサイトを見つけたら、「aguse.jp」というサイトでそのサイトの情報を調べます(URLを入力するだけで簡単に調べられます)。

一番下に「ブラックリスト掲載サイト」が表示されるので、その判定結果を調べます。

1つでも「CAUTION」になっていたら、その被リンクは危険と考えたほうがいいでしょう。リンクの否認ページ(URL:https://www.google.com/webmasters/tools/disavow-links-main)からリンクの否認を行って下さい。

なお、怪しそうなサイトかどうかの判断基準は以下のとおりです。

  • 外国語で書かれている
  • アンカーテキスト(リンク部分のテキスト)に不自然なほどキーワードが多い
  • サイトの中身がほとんどない、あっても内容が薄い

まとめ

  • 集客の方法は大きくSEOと広告出稿にわけられる
  • SEOは長期的な効果が見込めるが即時性がない
  • Googleのガイドラインに従いながらSEOを進めるのが一番の近道
  • SEOには外部対策と内部対策があり、最近は内部対策の重要性を重視する

Webサイトを上位に表示するのは時間がかかりますが、安定的に上位に表示されるようになれば、そこから安定した収益が生まれます。

のちのちラクをするためにも、早いうちからSEO対策を始めましょう。

 

※サイトやブログを作成するために、初心者でも使いやすいWordPressを使っている方も多いのではないでしょうか?

WordPress(ワードプレス)は、ちょっと設定や使い方で、SEO効果を高めることができます。

WordPressのSEO効果を高める方法や、初心者でもできる8つの設定など、わかりやすくまとめてあります。
こちらもチェックしてみてください。↓↓↓

WordPressのSEO効果を高めるには?初心者でも出来る8つの設定

 

[記事公開日]2017.11.29
[最終更新日]2019.02.03
[ライター]佐久間