インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

被リンクの増やし方|自然な被リンクを増やしてSEO効果を高めるには?

サイトのSEO対策のひとつに、被リンクを増やす方法があります。被リンクというのは、自分のサイトに対して、外部のサイトから貼られたリンクのことです。

リンクを貼ってくれたサイトは、価値のあるサイトだと思ったから貼ってくれたわけです。そのため、被リンクが多いサイトは評価の高いサイトということになります。

しかし、被リンクは数が多ければいいわけではありません。では、どのような被リンクが望ましいのでしょうか。

ここでは、よい被リンクの増やし方について見ていくことにします。

被リンクのSEO効果とは?

被リンクが増えるとSEO効果が上がると言われています。

被リンクが多いということは、そのサイトの評価が高いということになるので、良質な被リンクを獲得することが大切です。

本当にいいサイトは、ユーザーが訪問して記事を読んではじめてわかるもので、ユーザーが価値のあるサイトだと思えば、どんどん被リンクしてくれます。

そのため、被リンクが多いサイトは、それだけで多くの人の評判を得ていることになりますから、Googleも高く評価するわけです。

そして、良質な被リンクが増えれば、検索エンジンで上位表示がしやすくなります。

上位表示すると、検索ユーザーの目に留まる機会が多くなり、サイト閲覧者が増えますから、他社に差をつけることができます。

ちなみに、「良質な被リンク」というのは、しっかりしたコンテンツを持ったサイトからの被リンクのことですが、本当にGoogleから高く評価されるためには、同じジャンルのサイトからの被リンクが理想とされています。

Googleからペナルティを受けてしまう被リンクとは?

Googleが不適切と見なしたサイトからの被リンクは、ペナルティの対象となる可能性があります。

Googleからペナルティを受けてしまうと、解除されるまで検索エンジンで上位表示されることは不可能となります。

ペナルティには、自動ペナルティと手動ペナルティがあります。

自動ペナルティは、Googleのツールが自動巡回して不適切なサイトを見つけるのに対して、手動ペナルティは、Googleのスタッフが実際に目で見て不適切なサイトを発見するものです。

ペナルティを受けると、突然サイトへの訪問者が激減するのですぐにわかります。

しかし、訪問者の激減は、別の問題の可能性もあるので、ペナルティを受けたかどうか確かめるには、「Search Console」で確認しましょう。

ペナルティだった場合は、その理由が書かれていますので、違反箇所を修正して、Googleにサイトの再審査を依頼しましょう。

再審査されて問題がなければ、ペナルティは解除されます。では、どのような被リンクがペナルティとなるのでしょうか。

以下に、ペナルティ対象となる例を挙げてみましょう。

リンクの売買

金銭や、物品などの受け渡しによって貼られた被リンクは、すべてペナルティとなります。被リンク設置を請け負う業者がいますが、それらの業者に依頼して被リンクを貼ってもらうのも、もちろんペナルティの対象です。

自動プログラム

自動的にリンクを貼るプログラムを使って、被リンクするとペナルティとなります。また、そのようなサービスを利用するのも同じです。

自作自演の被リンク

ネット上にダミーサイトを大量に作成して、そこから自サイトに被リンクする方法です。ダミーサイトには何もコンテンツらしきものがないので、ペナルティとなります。Googleは中身のないサイトが嫌いなのです。ただし、自作のサイトであっても、充実したコンテンツのあるサイトなら問題ありません。

自然な被リンクを集める具体的な方法

サイトのアクセスアップとSEO対策には、自然な被リンクを増やすことが重要です。では、自然な被リンクを集めるには、どんな方法があるのでしょうか。

検索ニーズを理解する

検索ユーザーがネットで検索するには、それなりの理由があります。

どうしてもある商品が欲しいとか、あるサービスを受けたいなど、そのユーザーにとって切羽詰まった事情があって、ネット検索することが多いものです。

そのため、ユーザーが何を求めてそのキーワードで検索したのか、理解する必要があります。

ユーザーのニーズを理解し、ユーザーの求めるコンテンツを充実させれば、自然と被リンクは増えていきます。

逆に言うと、これ以外の方法で自然な被リンクを増やすのは困難だということです。

コンテンツの充実

ユーザーの求めるものがわかったら、それをコンテンツにしていきましょう。

検索ワードのメインキーワードを中心に、サブキーワードに関連する内容のコンテンツを増やしていくことが、自然な被リンクを増やすコツです。

ただし、あまりに深堀して専門的になりすぎると、かえってユーザーに敬遠されますから注意しましょう。

あくまでも、ユーザーが読んで肩が凝らない程度の内容にすべきです。コンテンツを充実させることも重要ですが、気楽に読める記事にすることも大切です。

SNSを活用する

サイトの存在を多くの人に知ってもらうためには、SNSを使って「拡散」するのも効果的です。

そのために、SNSボタンはぜひ設置したいものです。TwitterとFacebook、LINEのボタンは最低限設置しておきましょう。

また、サイトによっては、インスタグラムを利用すると効果的な場合がありますから、ぜひこれらのSNSを活用して拡散を狙ってください。

一次ソースになる

自然な被リンクを増やす方法はいくつかありますが、その中で一番効果的なのが、一次ソースになる方法です。

一次ソースになるとは、情報の最初の発信者になるということです。その情報が多くの人にとって必要なものであればあるほど、みんなそこから引用しようとします。

そうすると、引用元としてURLが貼られますから、これが自然な被リンクとなるわけです。

そのためには、他サイトに引用されるようなコンテンツを書かなくてはなりません。

それは簡単なことではありませんが、そのかわり引用元として掲載されれば、多くのアクセスと検索エンジンの上位表示が可能となります。

一次ソースになるには、どこにもないオリジナルな情報であることが条件です。また、その内容が信頼できるもので、信頼できるということが読み手にわかることが必要です。

まとめ

自然な被リンクが増えると、SEO対策に効果がありGoogleの評価も上がって、検索エンジンで上位表示が可能となります。

被リンクが多いということは、それだけそのサイトに価値があるということになるからです。

ただし、同じ被リンクでも不自然な被リンクは、Googleのペナルティの対象となりますから注意しましょう。

また、自然な被リンクを集めるベストな方法は、一次ソースの発信者になることです。

 

※現在のSEO対策においても、被リンクを集めることが大事な要素であることに変わりませんが、サイトやブログの構造に対してのSEO対策がしっかりできていることが前提です。

WordPress(ワードプレス)は、サイトやブログを作成するために、初心者でも使いやすいCMSで、ちょっと設定や使い方で、SEO効果を高めることができます。

WordPressのSEO効果を高める方法や、初心者でもできる8つの設定など、わかりやすくまとめてあります。
こちらもチェックしてみてください。↓↓↓

WordPressのSEO効果を高めるには?初心者でも出来る8つの設定

 

[記事公開日]2019.01.08
[最終更新日]2019.02.03
[ライター]清水 照美