インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

これで合ってる?SEO対策になるhタグの正しい使い方とは?

個別記事のSEO対策で、記事タイトルに次いで大切とされているのが見出しです。

Webの世界では、見出しはh1~h6のタグを使って設定しますが、この中でも特に重要なのが最上位に位置するh1タグです。

h1タグの文字列は検索エンジンや訪問者にWebページの内容を伝える役割を担っています。

適切なh1タグを設定すれば、検索順位が上がりやすくなるだけではなく、訪問者にWebページを最後まで読んで貰える確率が高くなります。

最後まで読んでもらえるようになれば、サイト滞在時間も長くなり、それがさらに検索順位を上げることにつながるため、特によく考えてつけるべきです。

適切なh1タグを設定して、検索順位をどんどん上げていきましょう。

見出しタグ(hタグ)とは?見出しタグの仕組みについて

見出しタグとは、文書に見出しをつけるためのタグです。見出しとは1つのWebページ(記事)の中にある少項目名です。

本文の中でも特に重要な部分を要約したもの、と思っていただければ、だいたい間違いありません。

新聞の1面記事に掲載されるような重要な記事は、本文の中でも特に重要な部分を抜粋した見出しを、大きく設定することによって読者の興味を引いています。

それと同じようなことを、Web上で実現するためのタグが見出しタグです。

見出しタグを設定した部分の文字列は、他の文字列よりも目立つように表示されるため、読者の興味を引きます。

見出しを適宜設定することによって、本文が長くなりすぎるのを防ぎ、読みやすくする効果もあります。

また、検索エンジンは見出しタグの部分の文字列を、それ以外の通常の文字列(本文)よりも重要なポイントとして判断します。

見出しタグはh1~h6まであります。

h1タグは非常に重要なものなので、1つのWebページに1つが適切とされていますが、複数使ってもかまわないという意見もあります。

ただしその場合でも、あまりにも増やしすぎるのは良くなく(タグが増えることによって1つ1つのタグの重みが分散されるため)、3つぐらいまでにとどめておいたほうが良いとされています。

h2~h6までのタグは多くても大丈夫ですが、本文に対してタグが多すぎるのはよくありません。

見出しタグのSEO効果

見出しタグを適切なものにしても、それだけで目に見えて検索順位が上がることはありません。

検索順位は記事タイトル、内部構造のわかりやすさ、外部リンクの数などにも大きく影響されるからです。

しかし、見出しタグを適切なものにすれば、GoogleがWebサイトの構造を正しく理解しやすくなり、見出し以外のSEO対策の効果が引き出されやすくなることもまた確かです。

見出しタグは適切に設置したほうが良いことは疑う余地がありません。

Googleが推奨する適切な見出しタグの設定方法

Googleは検索エンジン最適化スターターガイドの中で、適切な見出しタグの付け方を説明しています。

基本的なルールは以下の6つです。

  1. ページ構成とは関係なく、テキストを見出しタグで囲むことはしない
  2. <em>や<strong>の方が適切だと思われる箇所で見出しタグを使わない
  3. 見出しタグのサイズの使い分けを不規則にしない
  4. ページ内で見出しタグを使いすぎない
  5. ページにあるすべての文章を見出しタグに入れない
  6. 見出しタグを、構造を示すためではなく、スタイルを整える目的で使わない

ページ構成とは関係なく、テキストを見出しタグで囲むことはしない

見出しタグは、ページの構成をわかりやすくするために使うものです。

そのため、ページ構成に関係なくテキストを見出しタグで囲ってしまうと、正しいページの構成が伝わりにくくなってしまいます。

以前ほど見出しタグが検索順位に与える影響は大きくありませんが、きちんとページ構成通りに見出しタグが設定されているサイトの方が、評価は高くなります。

また、ユーザビリティという点からも、適切に見出しタグが設定されているサイトの方が有利です。読みやすさとわかりやすさのためにも、見出しタグはきちんとページ構成通りに設定しましょう。

<em>や<strong>の方が適切だと思われる箇所で見出しタグを使わない

見出しタグを設定した部分は、文字の大きさが通常のテキスト部分と変わります。

そのため、目立たせたり強調したい部分に見出しタグを使用する人がいますが、これはNGです。見出しタグは、あくまでページ構成をユーザーや検索エンジンに伝えるためのものです。

テキストを目立たせたり強調したい場合は、<em>や<strong>タグを使用しましょう。

これらのタグは、テキストを強調するためのタグなので、ページ構成の邪魔になりません。

見出しタグを、構造を示すためではなく、スタイルを整える目的で使わない

先程の<em>や<strong>タグの使い方と同じ説明になります。

見出しタグを使えば簡単に文字の大きさを変えられるため、初心者はついスタイルを整える目的で見出しタグを使いがちです。

しかし、文字を大きくしたり、強調したいからという理由で見出しタグを使ってしまうと、ページ構成が崩れてしまいます。

文章のスタイルを整えたい時は、見出しタグではなく専用のタグを使いましょう。

見出しタグのサイズの使い分けを不規則にしない

見出しタグには、h1からh6までありますが、h1から順番に使うのが鉄則です。

ページ構成を正しく伝えるために、見出しタグはルールに合わせて使いましょう。見出しタグが不規則になると、ユーザーや検索エンジンに混乱を与えてしまいます。

サイトのインデックスを正しく伝えるというSEOの観点からも、見出しタグはh1から順番を守り、不規則にならないようにするのが大切です。

ページ内で見出しタグを使いすぎない

見出しタグは、ページの内容を見やすくしてくれますが、使い過ぎても逆効果です。

特に、最も大きな見出しとなるh1タグは、ページ内で1回の使用に抑えましょう。

複数使ってもSEO的な影響はないと言われていますが、ページ内で扱うメインテーマがわかりにくくなってしまいます。h1タグは記事のメインタイトルなどに1回だけ使うのが基本です。

その他のタグは複数回使っても問題ありませんが、ユーザーの見やすさを考慮するなら、ページ内のタグの使用はh1からh4までを適度に使い分けるのがおすすめです。

h5とh6の細かい見出しは、あまり一般的に使われていません。

見出しタグは数が多ければいいというわけではありません。あくまでページ構成をわかりやすくするために使いましょう。

要するに見出しタグは適切だと思われる部分のみで付ける(過剰に使わない)、装飾目的で使わない、ということです。

見出しはあくまでも階層構造を示すためのものであり、一部のテキストを目立たせるものではありません。

本文に目立たせたい部分がある場合は、その部分を太字にしたり、色を変えたりしましょうね、と言っているわけです。

適切な見出しタグの階層構造

見出しタグを設定する上で大切なのが、階層構造をきちんと守ることです。

見出しタグは上位のタグの中に、その1つ下位のタグを設定するのが正しい構造であるとされています。

例えばh1タグの直下にh3タグやh4タグをいきなり入れたり、h3タグの直下にh1タグやh2を入れたりするのは間違いです。具体例を見てみましょう。

間違った記述例

<h1>見出し1</h1>
本文
<h3>見出し2</h3>
本文
<h4>見出し3</h4>
本文
<h3>見出し4</h3>
本文

この記述例では、h1タグの直下にh3タグが来ているうえ、本来並列であるはずの「見出し3」と「見出し4」がh3タグとh4タグでずれており、正しい階層構造になっていません。

これを訂正すると以下のようになります。

正しい記述例

<h1>見出し1</h1>
本文
<h2>見出し2</h2>
本文
<h2>見出し3</h2>
本文
<h2>見出し4</h2>
本文

正しい記述例では、h1の直下にh2タグが来ており、並列になるべき部分にはすべて同じh2タグが使われています。

これなら検索エンジンもWebページの構造を正しく理解できますし、訪問者も見やすいと感じます。

まとめ

  • 見出しタグはh1~h6で設定できる、見出しを整えるためのタグ
  • 見出しタグの中でも、h1タグはSEO対策上特に重要
  • 見出しタグは、きれいな階層構造になるように注意してつける
  • Googleが推奨するルールに従い、見出しタグを設定するべき
  • h1タグにはなるべくキーワードを入れ、文字数は20文字以内にする

h1タグを適切に設定することは、Googleから適切な評価を受ける、つまり他のSEO対策の効果をアップさせることにもつながります。

上手に活用して、更に検索順位をアップさせていきましょう。

[記事公開日]2017.12.27
[最終更新日]2019.02.07
[ライター]佐久間