インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

SEO対策!ディスクリプションの効果とは?文字数と書き方について

ディスクリプションとは、検索エンジンで検索後タイトルの下に表示される文章のことをいいますが、ウェブサイトの運営上重要な役割を果たしています。

タイトルとともにこのディスクリプションを工夫するだけで、サイトの集客面に大きく影響を及ぼします。

もしウェブサイトの対費用効果を向上させたい場合に、タイトルと同様このディスクリプションも改善する必要があります。

今回は、SEO対策の観点からみるディスクリプションの効果と、作成の際の文字数、書き方について、くわしく説明をしていきます。

ディスクリプションとは(meta description)

ディスクリプションとは、ユーザーが検索した結果、表示されるタイトルの下に表示される「サイトの概要文や説明文」のことを指します。

検索結果に表示されるものなので、ユーザーがサイトをクリックする前に見るものとして考える必要があります。

ユーザーがそのサイトに何が書かれているのか、どんなサイトかの判断基準になる文章なので、コンテンツの内容を的確に、簡潔に述べてある必要があります。

SEO対策としてディスクリプションは効果がある?

SEO対策として考えた場合に、果たしてディスクリプションは効果があるのでしょうか?

以下まとめてみました。

ディスクリプションは必ず必要か?

ディスクリプションは、必ず必要かといえばそうではありませんが、SEO対策以上に、集客面で重要なポイントですので、設定した方が良いといえるでしょう。

現在のGoogleでは、ディスクリプションは検索順位の決定要因になっていないと言われていますが、設定したほうがいい理由としては、ユーザーからのクリック率への影響が挙げられます。

ユーザーは、ディスクリプションをタイトルよりも重視して見ているというデータもあるほどです。

ただし、この点については、議論が分かれている点で、人によっては、ディスクリプションに力を入れても、集客面での爆発的な上昇は見込めないという見方もあります。

多くのウェブ担当者は、ディスクリプションを重視していないことも多く、確かに検索結果の上位のサイトも、ディスクリプションは途中で切れていたり、よくわからない内容のものも多いです。

ディスクリプションに力を入れるのであれば、タイトルに力を入れた方が効果は高い、という見方があるのも事実です。

もし、ディスクリプションを設定しなかった場合は、サイト内の文章から、検索キーワードと関連性の高い文章が適当にピックアップされてしまいます。

メタディスクリプション最適化の効果は順位ではない?

メタディスクリプションの最適化をすることによって、検索順位への影響はほとんどないといわれています。

しかし、ユーザーのクリック率やSNSからの訪問者数が見込めるという点で、サイトの運営上には大きな影響があるといえるでしょう。

また順位以上に、集客面での影響があるので、サイトに商品やサービスがあれば当然成約率にも影響が大きいといえます。

例えば、検索順位は1位なのに、ディスクリプションが検索順位2位のサイトの方が魅力的だったため、そちらにアクセスが集中するということはよくあることです。

このように、タイトルとともにディスクリプションを最適化することにより、ウェブサイトの集客や成約率にまで効果があるということは、見逃せない点です。

SEO対策になるディスクリプションの書き方とは?

ディスクリプションの書き方にはポイントがあります。以下にまとめましたので、作成の際に参考にしていただければと思います。

目標とするキーワードを必ず含める

ディスクリプションには、対策キーワードは必ず含めるようにしましょう。

ユーザーにとって、検索したキーワードが入っていないと、自分が求めている情報がここにないのではないかと考えてしまうケースがあります。

そして、タイトルに入りきらなかったキーワードはディスクリプションに入れると良いでしょう。

キーワードを効果的に入れることで、SEO対策上はもちろん、ユーザーの集客面で効果を発揮できます。

ページの内容がわかるものにする

ディスクリプションは、サイトページの内容をわかるものにするべきです。

初めてサイトに訪問するユーザーにとって、サイトに何が書かれているかがわかりやすく記述されていれば、それだけ訪問してくれる確率が高くなります。

できるだけ簡潔に単語を選んで作成しましょう。

そして、それぞれのページに、固有のディスクリプションを設定することも大切です。

有益な情報や解決方法などを書く

ユーザーは、悩みの解決や願望を達成したいために、サイトを訪問しています。

ディスクリプションも当然、限られた文字数の中ですが、ユーザーの為の有益な情報や悩みの解決方法が記載されていればベストです。

商品やサービスの特徴や競合他社との差別化なども、明確に打ち出されていると尚良いでしょう。

また、ユーザーにアクションを促す文言も効果的です。

例えば、「今すぐここをクリック!」や、「続きはこちらから!」などの行動を表す文言を入れれば、ユーザーがアクションを起こしやすくなります。

他の競合サイトよりも、ユーザーがクリックしたくなるようなものにするためにも、これらの点は常に念頭において作成していきましょう。

SEO対策になるディスクリプションの文字数は?

ディスクリプションの作成には、適切な文字数があります。

最近は、スマホでサイトを閲覧する人も増えていますので、その点も考慮することが大切です。

以下、文字数に関する内容をまとめてみました。

モバイルフレンドリー化に伴いスマホの適切な文字数は?

メタディスクリプションの文字数については、PCの目安として120文字程度ですが、スマホの場合は、50文字程度といわれています。

50文字を超えるようだと、せっかく良い内容を記述しても表示の際に省略されるので、もったいことになります。

現在では、年々スマホからの閲覧者が増加しているので、この点は考慮しておきたい点です。

そして最初の方に対策キーワードを入れておくと、ユーザーが検索した際に太字で表示されます。

スマホとPC両方に対応させるためには?

スマホとPCの両方にディスクリプションを対応させるためには、PC対応の文字数である120文字中、50文字で、一度区切って作成しましょう。

前半の50文字で、必ず表示させたい部分をうまくまとめます。

ただし、この方法でもGoogleに書き換えられてしまうケースもあり、その都度改善が必要となるでしょう。

限られた文字数の中で、こちら側が伝えたい内容は、途中で途切れないように意識をしてまとめると良いです。

文字数がオーバーしている場合は、こちら側の伝えたい内容が途中で途切れてしまったりして、ユーザーがわかりにくかったりしますので、表示される文字数で記載することを重視するべきです。

Search Consoleを使いディスクリプションを改善する

ディスクリプションの改善は、Search Consoleを活用して行うことが可能です。

以下、改善の内容をまとめてみました。

Search Consoleでディスクリプションの重複チェック

ディスクリプションは、サイト内で重複があるとSearch Console内で「検索での見え方」→「HTMLの改善」の項目に表示されますので、その部分を確認して、改善を行いましょう

また、ディスクリプションが長い、短いといった点も確認することが可能です。

クリック率を改善

また、ユーザーのクリック率の改善も確認したい点です。

サーチコンソールを使用して、PCからのクリック率やスマホからのクリック率を分析していくことが可能です。

クリック率が上がらない場合は、対策キーワードの見直しや、盛り込み方、ディスクリプションがユーザーにとってクリックしたいものになっているかどうかなど、見直す必要があります。

特に、Googleは、対策キーワードの盛り込みすぎを嫌いますので、その点を注意しましょう。

また、面倒だからといって全てのウェブサイトページに同じディスクリプションを使用するのは避けましょう。

クリック率の改善には、ABテストも有効です。

例えば、ディスクリプションAには、「続きはこちらをクリック!」という文言を入れて、ディスクリプションBには「今すぐチェックする」という表現を入れてテストし、後ほど両者のどちらがクリック率が良かったかを判定します。

このABテストを繰り返すことで、ディスクリプションの改善を繰り返し、最適化をすることができます。

アドワーズ広告のキーワードを参考にする

Googleを検索して、トップやサイドに表示されるGoogleアドワーズ広告のキーワードやコピーは、クリック率が高くなるように最適化していますので、大変参考になります。

対策キーワードで表示されるアドワーズ広告の文章を確認して、頻繁に使用されているキーワードをディスクリプションに含めるのも、クリック率を上げる際に、有効な手段といえます。

まとめ

SEO対策上、ディスクリプションの重要性は議論が分かれる点ですが、ウェブサイトの運営上は、集客や成約率の向上の観点から重要だといえます。

特に、現代ではSNSが全盛なので、SNSからの訪問者UPを期待できる点が大きいでしょう。

ディスクリプションを最適化するためには、スマホに対応した文字数や、ユーザーのニーズを突いたキーワードを盛り込み、常にサーチコンソールを用いた改善を繰り返すことが大切です。

 

※SEO対策において、ディスクリプションよりも重要なのは、サイトやブログ構造の設定です。

WordPress(ワードプレス)は、サイトやブログを作成するために、初心者でも使いやすいCMSで、ちょっと設定や使い方で、SEO効果を高めることができます。

WordPressのSEO効果を高める方法や、初心者でもできる8つの設定など、わかりやすくまとめてあります。
こちらもチェックしてみてください。↓↓↓

WordPressのSEO効果を高めるには?初心者でも出来る8つの設定

 

[記事公開日]2018.01.23
[最終更新日]2019.02.03
[ライター]首藤