インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

SEO対策はGoogleだけじゃない?Amazonの上位表示が必要な理由とは?

EC利用者の58%は、まずアマゾンで商品検索をスタートさせていることが、Market Track社の調査により明らかになりました。

GoogleのSEO対策だけでなく、Amazon内の上位表示対策が自社商品ブランド化に大切なことは明白です。

今や、物販事業をする企業や個人にとっても、アマゾンは無視できない巨大なユーザーの検索エンジンとなっているのです。

今回は、Amazon内の表示対策の重要性や、Webマーケティングの観点から、今後の対策や考えうることなどを解説していきます。

Amazon内での表示対策が重要に

画像引用:「Market Track社」

消費者の75%が商品の検索をオンライン通販サイトで行っており、その中の58%の消費者は、Amazonでの検索をしているという調査結果が出ています。

今後Amazonは、商品検索でGoogleを打ち負かす可能性があるというアナリストも出てきているほどです。

投資家の間では、Amazonが広告分野で利益を最大化するのは難しいと考えられていますが、現状すでにAmazonはもっとも影響力が大きい広告ネットワークのうちの一つといえるでしょう。

2017年の小売業界全体の売り上げの約4%をAmazonが占めていたというデータがありますが、オンラインに限ればアマゾン経由はなんと44%にも達するということです。

もし自社ブランド力を高めたいとすれば、自社サイトやGoogleよりも、Amazon内での表示対策を進める必要があることは、議論の余地がないと言えるでしょう。

今回の調査は、日本での調査結果ではありませんが、今後日本でも同じようになる可能性もあり得ますので、いち早くAmazonでのSEO対策を進めておくことが大事だとも言えます。

Amazonが商品情報を手に入れるための情報源に

Amazonは、ユーザーがAmazonで商品を買うか買わないかに限らず、最初に訪問する場所になっています。

ユーザーは、店頭で購入するにしても、先ずAmazonで商品の情報を収集するということです。

これは、アマゾン内の商品ページで、1ページ目の1行目、もしくは検索結果の最初の3つ以内に表示されることが、SEO的には重要だと言えるでしょう。

より広い視野でバーチャルな商品棚を活用するべき

Amazon内のバーチャルな商品棚は、ユーザーに商品の情報を伝える上で、非常に重要な場所になっていると言えます。

このバーチャルな商品棚を有効に活用するためには、マーケティング的な観点から広く考察する必要があります。

例えば、「検索結果の表示される場所」、「商品詳細」、「価格の変更」、「在庫の表示」、「商品のレビュー」などが考えられます。

これらは特別な項目ではなく、実店舗では当たり前に考えられていることです。

これらを踏まえて、オンラインでの原則を考えると、

  1. 商品の売り上げ結果を見て、商品の表示位置や、レビュー、商品の評価などを再考する。
  2. 悪いレビューや在庫切れの対処、仕入れ先などとのコミュニケーションなどの問題を改善する。

などが考えられます。

Amazon内のSEO対策のポイントは?

Amazon内でSEO対策をするには、いくつかのポイントがあります。タイトルや商品仕様、商品説明や画像などです。

出品キーワードの最適化

出品キーワードの最適化のツールとしては、Amazonのサジェスト、Googleキーワードツール、Yahoo!キーワードアドバイスツールなどを使用しますが、あくまでもアイデアのツールとして位置付け、あとは経験とセンスが必要といえます。

またライバルもリサーチをして、強力なライバルが使用しているキーワードを加えるという手法もあります。

あとは、キーワードの表示順位を調べて定期的に改善を加えていきましょう。

どういった商品ページが、どういったキーワードで売れているのかをしっかりと調べていきましょう。

商品説明の最適化

HTMLの使用は推奨されているわけではありませんが、見やすさを向上させるためにはHTMLタグは必要です。中でも、強調タグやリストタグなどは積極的に活用すると良いでしょう。

これらはセラーセントラル画面から編集することが可能です。

商品画像の最適化

AmazonのSEO対策のためには、商品画像も最適化することが大切です。Amazonの商品画像の場合は、商品メリットをいかに強調するかが非常に大切です。

画像の順番によっても結果が変わってくるので、一定期間ABテストを繰り返して最適化をしていきましょう。

その他の対策

Amazon商品紹介コンテンツは、Amazon側で準備されたテンプレートを使用して、魅力的な商品ページを作成することが可能です。

また、Amazonタイムセールの活用をして、販売数を増加させ、検索エンジンで上位表示できるようにするのも効果的です。

また、カスタマーレビュー対策をするのも大切です。レビューが多くなることにより、信頼性を得られるので結果的にコンバージョン率が高まり、上位表示が可能となります。

カスタマーレビューを増やす方法は、Amazon VINEサービスを利用したり、ベストビュワーに依頼する、評価依頼ツールを活用するなどの方法があります。

まとめ

ECサイトなどで、物販事業や小売事業をしている企業や個人は、GoogleのSEO対策も重要ですが、今後Amazonでの上位表示対策も大事になってくると言えるでしょう。

現在、消費者の75%が商品の検索をオンライン通販サイトで行い、その中の58%の消費者は、Amazonでの検索をしているという調査結果が出ているのが、その大きな理由です。

先ず、消費者は商品情報をアマゾン経由で調べているといっても過言ではありません。今やアマゾンで上位表示対策をすることは自社商品のブランド化には欠かせないものといえます。

Amazonで上位表示するポイントはいくつかありますが、トライアンドエラーを繰り返しながら、改善を繰り返し、ユーザーにとって最適な形で表示できるようにするのが大切です。

[記事公開日]2018.08.11
[最終更新日]2018.10.03
[ライター]ワカさん