インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

もしもGoogleのSEOアルゴリズムにAI機能がついたらSEO業者は廃業?

google.の検索エンジンにAI機能が付いた場合どうなるか?と言う前にAIとは一体何なんでしょうか。

AIが分からなければ意味が全くわからないと思います。

まずはAIについて簡単に説明致します。

AIとは

AIとは簡単に言いますと、人間の脳により近づくということです。

コンピューターの中で、人間の脳と同じように、受け取った情報とコンピューターに蓄積した記憶に沿って、どれを表現したらいいのか考える力をコンピューター内で持ち、結果を出すことです。

いままでの経験を元にあらかじめ予測して、こうなるんだというパターンを選んでいきます。

Googleの検索エンジンの前に、現在、広告表示で、以前検索エンジンで検索したキーワードにマッチした、広告の表示出すことができるようになっています。

これは、以前検索したキーワードを元に、似た様な情報を広告として選んできて表示させることをすでに行っています。

例えば、Yahooなどの広告でGoogleアドセンス広告バナーが貼られている箇所がありますが、そのバナーに「あなたが購入した商品」や「興味のある商品やサービス」が掲載されていて「えっ何で?」と思った事がないですか?

それです。

余談になりますが、Googleは、すでに無人で運転することができる無人運転カーなどを開発しています。

これはまさしく、人間と同じことができるようにコンピューターが自動車を自動運転させるということになります。

話を元に戻します。

検索エンジンは、少し前と異なり、「セマンティック検索」というものに変わってきます。

セマンティック検索というものはどんなものでしょうか?

いままでのワード検索と全く違ってきます。

セマンティック検索とは

「おすすめの旅行」と例えば検索をした場合、いままでの検索エンジンであれば、旅行のランキングサイトや旅行会社などが一覧で出てきていましたが、セマンティック検索で行うと、人気の国内や海外の旅行先の一覧がずらりと並んで出てくるようになっています。

セマンティック検索では、入力されたキーワードの意味を理解して、キーワードに見合う情報をデータベースに登録されている情報から選んできて表示させます。

なので誤字脱字で検索しても、それを見越して、検索してくれたりもするわけです。

Googleの目指すところは、先を越されているAppleのSiriのような音声認識をして、その聞き取った音声を元に情報を表示させるということを最終的には行いたいと思っています。

その前段階で、キーワード入力をされたものを理解して、理解した内容、何を見たがっているのかを分析します。

分析した結果、キーワードをそのまま解釈して、情報を表示するのではなく、ほんとうに見たい知りたい情報を表示させるようにします。

これはセマンティック検索の始まりでもあります。

画像検索をする場合、りんごと入力して検索をするとりんごの写真が表示されると思います。

今後同じように、りんごと入力して検索した場合には、りんごそのものではなく、りんご農園やりんごの料理など、検索した人がほんとうに知りたい情報が、表示されてくるようになると思います。

GoogleとAI

Googleが本格的にAIに力を入れているのは、買収会社を見てもわかります。

AI技術をしっかりと身につけるために、DeepMind Technologies会社を510億円で買収しています。

DeepMind TechnologiesはFACEBOOKと競合して競り勝ち買収に成功しています。これは、Ai技術の開発を行うために買収したものと言われています。

DeepMind Technologiesの会社の概要としては、機械学習とシステム神経科学を取り入れることで強力な汎用学習アルゴリズムを開発する最先端の人工知能開発会社となっていて、実際のところその事業内容は不明です。

それだけではありません。

AI技術に長けている技術者を社員として雇い入れているのです。

AIに、どれだけ力を入れているかが伺われます。

GoogleはAppleを意識して、それに対抗するためにAIの開発にハード・ソフトの両面で着々と準備をはじめています。

その象徴として、AI研究では世界的な有名人である、レイ・カーツワイルがgoogleに参加しています。検索エンジンも今後新たな世界へと進もうとしています。

その中でSEO対策をどのようにしていけば、新たな検索エンジンに対応することができるのでしょうか。

新たな検索エンジンとの向き合い方

より一層HPのコンテンツが重要視されてきます。

内容と構造をしっかりとホームページ内で構築していかないと、薄っぺらなホームでは検索エンジンに表示されなくなるということです。

サイトのテーマがより一層重要になってきます。

サイトテーマの徹底とサイトコンテンツの構成をしっかりとする。情報などのカテゴリーをしっかりと分類していくことが大事です。

まったく関係のないコンテンツはサイト内には入れないで、別のサイトに分けることが必要です。

そして、最も重要なのが、コンテンツの戦略となります。

コンテンツをしっかりと作れることが大事です。運用時も、情報アーキテクチャもしっかりと構築して行くことが、大事になってきます。

コンテンツの最適化と戦略と情報アーキテクチャが、今後の検索エンジンに好かれるためには非常に重要なことになります。

これは、見たい人にどれだけ有益な情報を、提供できるかが重要になってくるということですが、当たり前といえば当たり前のことをどれだけできるかにかかってきます。

ただ、このようなコンテンツを意識したSEO対策をしても、目に見えてSEO効果というものは出てきません。

ほんとうに効果的なのか、という疑問を持つこともあると思います。

今後、AI機能を備えた、検索エンジンの開発が進んでも、コンテンツの質と構成を、諦めずに地道に続けていくことが、SEOで上位表示される一番の早道ではないでしょうか。

Googleが今後AIを意識しながら検索エンジンを更新していくと思いますが、より人間の思考に近づいていくということは、見る側重視で改造がされてくるということです。

それは、SEO対策をしていくホームページの運営者からしたら、自分が見たいと思う情報をどんどん入れていけばいいので、やりやすくなってくると言えるのでしゃないでしょうか?

検索エンジンを味方に

小難しい事を長々と書いてしまいましたが、AI機能は、SEO対策を行う上でホームページ運営者側の強い味方になると言えます。

AI機能が付いたら、もはや「SEO対策」といった言葉自体もなくなってしまうのではないかと考えます。

何故なら、「本当に伝えたい情報を、また伝えなければいけない情報を、伝えたい言葉で伝える」この運営者側の「熱」をも感じ取れるようになるはずだからです。

そして、SEO対策業者は、SEOコンサルティングと名を変える事になるでしょう。

いえ、それすらなくなり、SEO対策は、SEO業者の仕事ではなくなり、WebデザイナーやWebディレクター、セールスコピーライター、Webコンサルティングの仕事になって来るはずです。

 

※サイトやブログを作成するために、初心者でも使いやすいWordPressを使っている方も多いのではないでしょうか?

WordPress(ワードプレス)は、ちょっと設定や使い方で、SEO効果を高めることができます。

WordPressのSEO効果を高める方法や、初心者でもできる8つの設定など、わかりやすくまとめてあります。
こちらもチェックしてみてください。↓↓↓

WordPressのSEO効果を高めるには?初心者でも出来る8つの設定

 

[記事公開日]2017.11.08
[最終更新日]2019.02.03
[ライター]日下部