インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

【史上初】アドフュージョンドラマ「名探偵コジン」を6月20日放送!

電通が、6月20日に放送のフジテレビドラマ「名探偵コジン〜突然コマーシャルドラマ」で、本編にCMを融合させる広告手法「アドフュージョン」を実施するそうです。

放送時間は、6月20日の深夜24時30分〜25時30分です。

これは史上初の新しい広告手法として注目を集めており、いくつかの違う業種の有名企業が賛同、企画に参加しています。

今後のCM広告の概念が変わる可能性も秘めているので、Webマーケティングに携わっている人も知っておいて損はないでしょう。

今回は、「アドフュージョン」やドラマのことについても説明していきます。

アドフージョンとは?

アドフュージョンとは、CMとの融合で、メインコンテンツの魅力をより引き立てる広告手法です。

今回の電通の試みは、CMが主人公の性格や特徴の一部をのぞかせることをしたり、事件の謎を解くヒントになったり見所の一部となっています。

CM中でもドラマのストーリーが展開し続けることで、魅力的なCM、飛ばされないCM、見るのが待ち遠しいCMを目指しています。

有名企業が賛同

今回の第一弾制作は、電通のアドフュージョンチームとフジテレビの制作チームが共同制作し、賛同企業もサントリー、LINE、エクスコムグローバルなどの有名企業が賛同しています。

全くカテゴリーが違う企業の商品が、どのように広告されるのかも注目を集めています。

今後はドラマだけではなく、スポーツや映画、バラエティー、ゲームなどにも活用していく方針だそうです。

注目のドラマの内容は?

注目のドラマですが、内容は「浮気調査などの小さい調査ばかりを請け負う、気の小さな名探偵本人が、殺人事件のまさかの被害者=故人になってしまう」というストーリーです。

主人公の探偵・荻原礼一役は、俳優、金子ノブアキさん。ヒロイン役の美人フードコーディネーター・間宮紗良役には、実力派女優の佐津川愛美さん。

そしてストーリーテラーとして、番組内の随所に登場してドラマの見所や広告の楽しみ方などを伝えてくれるのが、俳優の滝藤賢一さんです。

ドラマ本編にCMが組み込まれる画期的かつ新感覚のストーリーとなっており、CM中もドラマのストーリーが展開し続けるとのことです。

テレビ画面から一瞬も目が離せず、ユーザーもハラハラドキドキしながらの視聴時間となるでしょう。

まとめ

今回のアドフュージョンを取り入れたTV制作は、テレビ広告業界が大きく変わる可能性があるくらい大きな挑戦となるでしょう。

制作には、かなりの紆余曲折と苦労があったようです。

従来、CMはユーザーにとっては「時間の無駄」、「早く本編が見たい」というニーズが強かったので、今回の企画は、そのニーズを見事に解決する可能性があるといえるでしょう。

Webマーケティングにおいても、広告=あまり見たくないというイメージも少なからずあるので、今回のようにストーリーに上手く組み込んでいくなど、今後の影響が期待されます。

[記事公開日]2018.06.12
[最終更新日]2018.09.07
[ライター]ワカさん