インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

【2019年度】SEO検索順位チェックツールの紹介(有料版・無料版)

SEO対策を効果的に進める上で、欠かせないのが検索順位チェックツールです。

今回の記事ではオンラインタイプ・ソフトタイプのツールを合わせて10個紹介いたしますので、自身にあった検索順位チェックツールをお求めの方は是非参考にしてください。

SEOの順位チェックツールの種類

検索順位チェックツールは大きく、Webブラウザ上で使える(オンライン)タイプのものと、パソコンにインストールして使う(ソフトウェア)タイプのものがあります。

また、それぞれに無料のものと有料のものがあります。

オンラインタイプは簡単な機能しか使えないことが多いのですが、やろうと思えば10秒で検索順位をチェックできるお手軽さが魅力です(会員登録が必要なものもあります)。

大雑把に順位を知りたいのならば、こちらでも十分です。

一方、ソフトタイプはダウンロード・インストール・会員登録などの手間がかかりますが、それに見合った機能を備えています。

本格的に順位をチェックしたいならばこちらがおすすめです。

オンラインタイプの検索順位チェックツール

  • 検索順位チェッカー
  • SEOチェキ
  • SEOピッシュ
  • SEOTOOLS 順位チェックツール
  • ファンキーランキング
  • BULL
  • AZC

検索順位チェッカー


URL:http://checker.search-rank-check.com

  • 特徴:モバイル検索の順位にも対応
  • 料金:無料

検索順位チェッカーは、あるキーワードで検索したときに、自分もしくは他人のWebサイトが何位に表示されるかを取得できる検索順位チェックツールです。

1回の検索で最大5つのキーワードをチェックできます。

様々なキーワードでの検索順位を取得することにより、SEO対策が十分なキーワード・不十分なキーワードを見つけられます。

対象となっている検索エンジンはGoogle,Yahoo!、Bingの3つです。

パソコンだけでなく、モバイルの検索順位も表示されるので、現状どのデバイスに対応しきれていないかもわかります。

面倒な登録は一切不要で、データをCSV形式でダウンロードできます。無料で使えるオンライン版の中では、かなり高機能で、使いやすくおすすめです。

SEOチェキ

URL:http://seocheki.net/?m=rank

  • 特徴:サイトSEOチェックやキーワード出現頻度の確認も可能
  • 料金:無料

SEOチェキは、軽快な動作が特徴の検索順位チェックツールです。

1回の検索で、最大3つのキーワードをチェックできます。

基本的な機能は、検索順位チェッカーと代わりありませんが、こちらはGoogleとYahoo!のみが対象となっています(Bingは対象外)。

その代わり動作が軽快で、結果も早く表示されるため、とにかくスピードを重視する方には、こちらのほうが使いやすいかと思います。

また、SEOチェキでは、サイトSEOチェックができるほか、Webサイト内のキーワード出現頻度や発リンク数などを調べられます。

サイトSEOチェックとは、そのWebサイトの総合的なSEOの進行具合を大まかに確認できる機能です。

Alexa traffic rank(アメリカ企業Alexaの付けた訪問数ランキング)やインデックス数などが簡単に調べられ、とても便利です。

SEOピッシュ

URL:http://www.seopitshu.jp/seotool/ranking_form.html

  • 特徴:細かな分析が可能でデータが長期間保存可能
  • 料金:無料

SEOピッシュは、サイトカテゴリーや都道府県を指定できる検索順位チェックツールです。

1回の検索で最大3つのキーワードをチェックできます。

SEOピッシュの大きな特徴として、過去3ヶ月分の履歴を保存できることが上げられます。

他のツールは1回検索したらそれっきりなことが多いですが、このツールではデータを蓄積させられるため、検索順位がどのように変動しているかを時系列順で追いかけられます。

SEOは比較的長期に行うことを前提としたものであるため、この機能は非常に重宝します。

SEOTOOLS 順位チェックツール

URL:http://www.seotools.jp/002_rankcheck/

  • 特徴:モバイル順位にも対応、時間帯によってはかなり重い
  • 料金:無料

SEOTOOLS 順位チェックツールは、検索順位以外にも様々なデータが取得できる便利なツールです。

1回の検索で最大3つのキーワードをチェックできます。

SEOTOOLS 順位チェックツールは、他の無料オンラインツールと比べるとかなり高機能です。

モバイル順位にも対応しており非常に便利です。

ただ、それゆえ他の無料オンラインツールと比べるとかなり重く、時間帯によっては結果が表示されるまでにかなりの時間を要します。

SEOTOOLSは、検索順位チェックツール以外にも、アクセス解析やキーワードプランナーなど、SEOに必要な複数のサービスを提供しています。

ファンキーランキング

URL:https://funmaker.jp/seo/funkeyranking/

  • 特徴:軽快でシンプルな動作、機能は少ない
  • 料金:無料

ファンキーランキングは、軽くて余計なデータが表示されないので使いやすい検索順位チェックツールです。

1回の検索で最大5つのキーワードをチェックできます。

ファンキーランキングで分かるのは検索順位のみで、それ以外のデータは特に返されません。

人によっては物足りなさを感じることもあるかと思いますが、余計なデータも表示されない分理解しやすいともいえます。

とにかく検査順位さえ知れれば問題ないという方におすすめです。

BULL

URL:http://bullseo.jp

  • 特徴:毎日自動で検索順位を更新
  • 料金:有料(月額1100円~)

BULLは1度登録すれば、後は自動的に毎日検索順位をチェックしてくれる検索順位チェックツールです。有料ですが、それだけの価値があります。

オンラインタイプなので、インストールは一切不要です。

検索順位取得時間は毎日午前9時なので、出社時には最新のデータを見られます。

データはグラフで見やすく表示されます。

登録できるWebサイトの数はプランによって異なりますが、1番安い(月額1100円)BULL30の場合、30URL・30キーワードまで登録可能です。

30では足りないという方は、BULL50(月額1800円)やBULL100(月額3450円)といったプランもあります。

どのプランにも電話及びメールでのサポートが自動で付いてきます。

取得されたデータは、毎月自動でExcel形式でエクスポートされます。他の順位検索ツールからのインポート機能も有るため、乗り換えも簡単です。

パソコンだけでなくスマートフォンからもログインできるため、外出先などでも検索順位を簡単に確認できます。

AZC

URL:http://www.azcheck.com

  • 特徴:非常に高いコストパフォーマンス
  • 料金:無料~有料(年2980円~)

AZCは1度登録すれば、後は自動的に毎日検索順位をチェックしてくれる検索順位チェックツールです。

他の同様のサービスと比べて、料金がかなり安く、その割にサービスもよく、コストパフォーマンスが非常に優秀です。

また、5URL・5キーワードの無料プランもあります。

有料プランの中で最も安い50プランは50URL・50キーワードまで登録可能で、料金は年額2980円です。もちろんデータの取得は全自動です。

価格が安い分、本格的な解析機能はありませんが、簡単に計測でき、オンラインタイプ故にデータの共有も簡単です。

ソフトタイプの検索順位チェックツール

  • GRC
  • RankTracker
  • SERPOSCOPE

GRC

URL:http://seopro.jp/grc/

  • 特徴:豊富な機能と操作性の両立
  • 料金:無料~有料(4860円~)

GRCはWindows対応の検索順位チェックソフトです。

Google、Yahoo!、Bingの3つの検索エンジンに対応しており、検索順位の変動をグラフで表示できます。

順位は手動でも取得できますし、あらかじめ設定したルールに従って自動で取得することも出来ます。

検索キーワード数を増やしても軽快さは変わらず、見やすいため操作性も抜群です。

無料でも使えますが、検索エンジンサーバーへの負荷増大を予防するため、項目数に制限がかかっています。

有償プラン(4860円~)に乗り換えることによって、URL数・キーワード数を大幅に増やせます。

RankTracker

URL:http://www.ranktracker.jp

  • 特徴:600以上の検索エンジンに対応
  • 料金:無料~有料(1万5000円~)

RankTrackerは、Window、Mac,Linux対応の検索順位チェックソフトです。

GoogleやYahooと行った大手検索エンジンはもちろん、中小の検索エンジンにも幅広く対応。600以上の検索エンジンの検索順位を自動で取得できます。

現状の分析だけでなく、関連キーワードの提案もしてもらえるため、どのキーワードを強化すればPVが増えやすいのかをすぐに把握できます。

レポートはHTMLで書かれているため、自分が見やすいようにカスタマイズできます。

無料版の他に、有料のプロフェッショナル版(1万5000円版)とエンタープライズ版(3万5000円)があります。

まずは無料で使ってみて、より本格的に使ってみたいと思った場合は有料版を使うといいでしょう。

SERPOSCOPE

URL:https://serposcope.serphacker.com/en/

  • 特徴:無料でURL・キーワードを無制限に登録可能
  • 価格:無料~有料

SERPOSCOPEは、Windows及びMac対応の検索順位チェックソフトです。

海外のサービスであり、日本語未対応なのが最大の欠点ですが、それを差し引いても十分すぎる性能を持ちます。

SERPOSCOPEの素晴らしいところは、無料でもURL・キーワードを無制限に登録できるところです。

他のサービスだと有料にも関わらずURL・キーワードの数に上限が設定されていることが多いのですが、こちらにはそのような制限は全くありません。

なおかつ数少ないMac対応ソフトでもあり、Macユーザーにおすすめです。

ただ、なにせ日本語未対応なので、英語が全くわからないという方にはおすすめできません。

まとめ

  • SEO対策の効果を知るためには、検索順位チェックツールを利用するとよい
  • 検索順位チェックツールには「オンラインタイプ」と「ソフトウェアタイプ」がある
  • オンラインタイプは、簡単に使えて、登録なども不要なことが多い
  • ソフトウェアタイプは、ダウンロードが必要だが、多機能で高度な分析に向く

検索順位チェックツールを使うと、SEO対策の成功度合いがわかります。成功度合いがわかれば、次にどのような対策をすればいいかも自然と見えてきます。

使えるツールをどんどん活用して、Webサイトの検索順位をさらに上げていきましょう。

 

※検索順位を上げるためには、ツールによる日々の順位チェックが大事ですが、サイトやブログに対してのSEO対策がしっかりできていることが前提です。

WordPress(ワードプレス)は、ちょっと設定や使い方で、SEO効果を高めることができます。

WordPressのSEO効果を高める方法や、初心者でもできる8つの設定など、わかりやすくまとめてあります。
こちらもチェックしてみてください。↓↓↓

WordPressのSEO効果を高めるには?初心者でも出来る8つの設定

 

[記事公開日]2017.12.06
[最終更新日]2019.02.03
[ライター]佐久間