インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

SEO対策エンジニア、SEO対策コンサルタントの次に目指す所はどこ?

SEO対策エンジニア、SEO対策コンサルタントの次に目指す所はどこ?

SEO対策(検索エンジン最適化)エンジニアやコンサルタントは、Webマーケティングの基本中の基本であるSEO対策のプロフェッショナルです。

Webサイトの集客について、これまで培ってきた知識を元にして、Webマーケティング分野で今後もWebマーケティングの分野で活躍することが期待されます。

SEO対策エンジニアにおいては、コーディングのスキルを持っている場合ありますから、Webマーケティングだけではなく、Webディレクターの様にWeb制作に直接関わるような職種の可能性も考えられます。

より収入の高い職種を目指すのであれば、幅広いマーケティングのスキルや人をまとめることができるためのヒューマンスキルなどを身に着け、コンサルティング系の職種を目指すとよいでしょう。

Webディレクター

SEO対策エンジニアは、フロントエンドエンジニアやWebデザイナーの経験がある場合もあるので、HTMLのコーディングスキルを持ち合わせています。

そのような経験を生かすのであれば、Webディレクターとして、Webサイト制作とWebマーケティングのディレクションを行うということも可能になるでしょう。

その場合は、Webサイト制作のスキルやWebマーケティングのスキルだけではなく、各スタッフをまとめることができるリーダーシップ・ネゴシエーションスキル・コミュニケーションスキルなどのヒューマンスキルが求められます。

Webマーケッター

SEO対策エンジニアやコンサルタントは、次のステップとして、Webマーケッターを目指す可能性が考えられます。

SEO対策は、Webマーケティングの施策の基本ですから、SEO対策に強いWebマーケッターということであれば、強みになります。

Webマーケティングの施策には次の様なものがあります。

集客を目的とするもの
  • SEO対策(検索エンジン最適化)
  • リスティング広告
  • ディスプレイネットワーク広告
  • アフィリエイト広告
  • SNS広告
  • SMM(ソーシャルメディアマーケティング)
  • メールマーケティング
離脱を防ぐ目的のもの
  • LPO(ランディングページ最適化)
  • EFO(入力フォーム最適化)

このうちSEO対策はもとより、LPO、EFOなどはSEO対策としてすでに行ってきた施策です。

また、SEO対策を行うに当たり、各種広告について比較検討するためにも、基本的な知識は兼ね備えていると思います。

ですから、広告についてのさらに深い知識やスキル、SNSマーケティング、メールマーケティングなどのスキルを身に着ける必要があります。

Webマーケッターは、SEO対策エンジニアやコンサルタントより、幅広いマーケティングを行うため、クライアントとのコミュニケーション力やリスク管理力、マネジメント力をより強化しておくことが大切です。

Webマーケッターとして仕事をする場合、その立場によってもスキルの磨き方が異なります。

自社サイトでWebマーケッターの仕事を行う場合

自社サイトのSEO対策担当者であれば、ほぼWebマーケッター同様の業務をこなしている場合が多いと思います。

今後さらにスキルアップするには、各種広告やSNSマーケティング、メールマーケティングなどについての深い知識を習得して行くことで、さらに幅広い仕事ができるようになります。

Webマーケティング会社への転職をめざす場合

リスティング広告で実績を上げた場合の次のステップとして、Webマーケティング専門の会社に転職することが考えられます。

Webマーケッターとしてのスキルを身に着けることは大切ですが、これまでのSEO対策の実績を買われて採用されるという場合もあります。

チームで活動する場合は、専門分野ごとに分担した仕事を請け負う場合もありますから、一つの分野に秀でたスキルを持っていることで優遇されることもあります。

Webコンサルタント

Webコンサルタント会社への転職を目指す場合は、Webマーケッターの場合と同様に、一つのスキルに特化した専門知識を持っていれば、それが強みとなり採用される可能性も高くなります。

Webコンサルタントは、Webサイトの収益を上げるため、問題点を見つけ、原因を調査し、対策を立てることにより、Webサイトの効果を最大限に引き出す役目を担っています。

ですから、実際の現場では、Webサイトに関するあらゆることに関わる可能性がありますので、、制作から運営・広告戦略など、幅広い知識やスキルを習得をしておく必要があります。

Webコンサルティング会社の場合は、チームとして働く中で得意分野だけを生かすということも考えられますが、個人事業主や個人で起業したWebコンサルタントの場合は、総合力が必要となります。

仕事を継続するためには、クライアントに信頼されて、良好な関係を築くことが非常に重要となります。

そのためには、Webディレクター同様に、ヒアリングスキル・リーダーシップ・ネゴシエーションスキル・コミュニケーションスキルなどのヒューマンスキルが求められます。

人づきあいが苦手なタイプの人は、積極的にセミナーや交流会などに参加して、日ごろから人脈を作るなどの努力が必要となります。