インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

これからのセールスコピーライターに必須なスキルとは

これからのセールスコピーライターに必須なスキルとは

ここ4~5年で、「セールスコピー」「ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)」という言葉が、ECサイトやアフィリエイターを中心にかなり浸透してきました。

コスメ、整体院、士業、情報商材など、いろいろな業種のランディングページで、セールスコピーの手法が使われています。

セールスコピーは、アメリカでは100年以上も前から使われている強力な販売手法です。

日本でも20年ほど前に、トップマーケッターである神田昌典氏により紹介されたのが始まりで広まって来ました。

そのおかげか、最近では、さまざまなランディングページやメールマガジン、チラシなどでセールスコピーの手法を使ったコンテンツが登場しています。

特別な資格も必要なく、初期資金も必要なく、スキルを身に着ければ始められることから、今後、セールスコピーライターの数は増えて行くと思われます。

今後、競争が激しくなってくる可能性がありますから、セールスコピーのスキルだけではなく、他者と差別化するために、プラスアルファのスキルを身に着けておくことをお勧めします。

マーケティングのスキルをつける

最近では、ネットで商品やサービスを検索すると、セールスコピーを使ったランディングページが表示されることが多くなりました。

セールスコピーという言葉は知らないユーザーでも、

  • 「なぜ〇〇なのか?」
  • 「〇〇である理由」
  • 「〇〇でも〇〇になる方法」

というように、同じようなキャッチコピーのタイトルが多く、ウザいと感じるユーザーも増えているのはないでしょうか。

確かに、セールスコピーが出始めた頃は、こうしたセールスコピーに誘導されて、簡単に商品やサービスの購入に至ることが多かったです。

しかし今では、

  • 必ずしもコピー通りの結果が手に入らない場合もある
  • 無料の商品を手に入れた後、有料の商品のセールスがある
  • 無料の商品は、1回目だけで、その後有料の継続購入が必要

ということがわかってきています。

その結果、セールスコピーを使ったランディングページの購入率は、昔よりも低くなってきているようです。

そこで、今後セールスコピーライターが必要になって来るのは、1ステップでの誘導ではなく、2ステップ、3ステップでユーザーを誘導するマーケティング方法を身に着けることです。

いきなり売り込みをするのではなく、ランディングページやメールマガジンで、まずはユーザーに有益な情報を見せて、少しずつユーザーを「教育」していきつつ、最後に商品を紹介するという方法になります。

メールマガジンの「プロダクトローンチ」もその一つです。

単にセースルコピーのスキルがあるというだけではなく、Webマーケティングのスキルも習得しておくことが必要です。

Webデザインのスキルを身に着ける

ランディングページやHTMLメールマガジンを発行する場合も、デザイン力が問題になります。

ランディングページを作成する作業自体はWebデザイナーの仕事ですから、デザインはWebデザイナーの仕事であると思われがちです。

基本はそれでいいのですが、Webデザイナーが、使用する画像、フォント、フォントサイズ、色など、セースルコピーを最大限に活かすようなデザインができるとは限りません。

きれいなサイトを作ることと、売れるサイトを作ることは、必ずしも同じではありません。

フォント一つにしても、Webデザイナーとしては珍しいフォントを使いたがるかもしれませんが、ユーザーの反応が高いフォントは別にある場合があります。

Webデザイナーに任せきりになるのではなく、必要ならばデザインにも参加できるだけの知識やスキルを身に着けておく必要があります。

コミュニケーションスキルを身に着ける

セールスコピーライターは、一人でできる仕事であることから、人と接するのが苦手でもやっていけると思われがちです。

しかし、セースルコピーを作成する上でとても大切なのは、広告する商品について徹底的に知ることです。

そのためには、いい情報も悪い情報もクライアントから引き出さなくてはなりません。

場合によっては、クライアントが広告について必要だと認識していない情報までも、こちらの質問で引き出す必要があります。

一つの例として、あるお店の売れない商品を広告することになった時、価格を2倍にしたら完売したという話があります。

普通は、「半額にしたら完売した」なら理解できますが、なぜ、2倍にして売れたのでしょうか。

これは「ウェブレン効果」が働いたと言えます。

ウェブレン効果とは、製品の価格が高くなれば、その製品がより価値のあるものだと思われる効果です。

ウェブレン効果は、特に富裕層がターゲットである場合に使われます。

この話のように、広告する商品の情報だけではなく、お店に来る主要な顧客がどのような人なのか、その店の売れ筋商品がどんなものか、価格がいくらなど、ヒアリンクによってクライアントから聞き出さないと、ターゲットを間違えてしまうことがありまます。

そのためには、あらゆる情報をクライアントから引き出す必要があり、コミュニケーションのスキルが必要になります。