インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

セールスコピーライターは独学でなれる?具体的な方法や注意点など

通販などの業界では、セールスコピーライティングが非常に重要となっています。しかし、優れたセールスコピーが書けるライターは、まだまだ少ないのが現状です。

では、セールスコピーを独学で学んで上達することはできるのでしょうか。独学で学ぶにはどのような方法があるのでしょうか。

また、独学で学ぶ場合に注意すべき点はあるのでしょうか。ここでは、セールスコピーライティングを独学で学ぶ方法について見ていきます。

セールスコピーライティングを独学する方法

セールスコピーライティングは、ネット通販などで売上をアップするために必須のライティング技法です。この技法を、独学で身に着ける方法をご紹介します。

スワイプファイルの作成

ここでいうスワイプファイルとは、目についたコピーで「これはいい!」と思ったものを、片っ端からファイルしていくものです。

街を歩いていて見た広告の文言、ダイレクトメールやチラシで目を惹いた文章、ネットで見たコピーなど、何でもファイルしておきましょう。

ファイルしておきたくなった文章は、必ず人を惹きつける何かがありますから、それを繰り返し読むことで、どこが良いポイントなのかわかるようになります。

そして、時折スワイプファイルを眺めては、自分ならどう書くか、この文章を改善する方法はないかと考えることが、セールスコピーの感性を磨くことにつながります。

さらに、何かの文章を書くときは、スワイプファイルからヒントを得るようにするといいでしょう。

そのほうが、自分だけで考えるより思考の幅が広がって、より良い文章が書けるようになります。

真似して書いてみる

初心者が、セールスコピーライティングの技術を習得するためによく使われるのが、「写経」と呼ばれる技法です。

写経といってもお経を書くわけではありません。

写経と同じように、これはと思うセールスコピーをそっくり真似て書いてみることで、技法を身に着けようというものです。

素晴らしいセールスコピーを真似て書いてみるのは、初心者がセールスコピーライティングを始めるにはとても良い方法です。

しかし、その前に良いセールスコピーとあまり良くないコピーを見分ける必要はあります。出来の良くないコピーを真似ると、逆効果になってしまいます。

また、写経は漫然と書いていては何の意味もありません。

「ここでこう書いたのはこういう意味がある」など、自分で文章の意味と使い方を理解しながら書くことが、写経で上達するコツです。

意識を変える

最も重要なのは、セールスコピーライターとして、自覚を持って日々を過ごすということです。

現代社会では、街にもテレビにも、ネットにも雑誌にも、コピーがあふれています。これまで、それらのコピーを漫然と見ていた意識を変えて、自分ならどう表現するかを考えましょう。

常にそういった意識がないと、少しくらい独学で勉強しても、いいセールスコピーは書けません。セールスコピーは、多くの人が普段の生活をしている中にあふれています。

ですから、セールスコピーは人々の生活に密着した中で、人の心を動かすものであるということを、まず理解する必要があります。

セールスコピーを独学するのはオススメしない理由

セールスコピーを独学で勉強する方法はありますが、実際には独学でセールスコピーの技術を習得するのはかなり難しいです。

では、どうして難しいのか見てみましょう。

本を読めという教えの問題

ネットでセールスコピーの勉強法を調べると、心理学を駆使したコピーライティングが重要であると書かれています。

そのため、それらの本を買って勉強する人も多いのですが、ここに落とし穴があります。

本の内容は、「こういう場合はこう書きなさい」ということが説明してありますが、そのパターンがすごく多いのです。

初心者は、本を読んでどんな手法があるかは理解できますが、商品を売るときに、どの場面でどの技法を使えば良いのかがわかりません。

つまり、とっておきの技法をたくさん知っているけど、使い道がわからないのです。これでは実戦の役には立ちません。

独学で本を読んで技法を知っても、使い方がわからないのでは意味がありません。

写経という落とし穴

写経は、セールスコピーの上達に有効な方法です。

ただし、ある程度セールスコピーが書けて、良いコピーと悪いコピーが判別できるくらいのスキルがないと、有効とはなりません。

そのため、まったくの初心者が写経をすると、かえって悪影響となる場合があります。

それは、写経するための手本となるコピーを、正しく選べない可能性があるからです。

もし、手本にすべきではない悪いコピーを写経してしまえば、やればやるほど悪いやり方を学ぶことになります。

つまり、初心者が写経をするのはリスクがあるということです。

とにかく書くのが上達のコツ?

セールスコピーの上達法には、「とにかく書きなさい」と書いてあります。

しかし、セールスコピーで大切なのは、人の心を動かす文章を書くことです。

ある商品を買おうかどうしようか迷っている人を買う気にさせたり、まったく興味がない人に興味を持たせるのがセールスコピーなのです。

そういう基本を忘れて、とにかく書きまくっても、ただ単に文章がうまくなるだけです。それはセールスコピーではなく、ただのライティングでしかありません。

人の心を動かす文章が書けないと、セールスコピーライティングとは呼べません。

そして、人の心を動かす文章を書くためには、しっかりした「教科書」が必要なのです。

セールスコピーを0から教えてもらうには?

セールスコピーが上達するためには、「教科書」ともいうべきものが必要ですが、こちらが初心者におすすめできる、セールスコピーの教科書といえる教材です。

『Catch the Writing』

URL:http://az.ctwpromotion.net/writing/open/info.html

この教材で学んで、セールスコピーライターとして成功した人が続々誕生しています!

この教材に書かれているとおりに学習していけば、初心者でも短期間でセールスコピーが書けるようになります。

まとめ

セールスコピーライティングは、独学で学ぶことができます。

ネットに独学法が紹介してあるので、それを見ながら学習すれば、1円もかけずにセールスコピーの技法を身に着けることが可能です。

その第一歩が、セールスコピーについて書かれた本を読むことです。本にはセールスコピーの技法がたくさん書かれていて、大変参考になります。

しかし、本を読んで技法の種類は覚えても、どの場面でどの技法を使えば良いのかがわかりません。

また、手本となるセールスコピーを書き写して、コツを覚える学習法もありますが、初心者には手本にすべきコピーを選ぶことも困難です。

セールスコピーライティングは独学で学ぶこともできますが、初心者が挫折することなくセールスコピーを身に着けるには、「教科書」ともいうべき教材が必要です。

[記事公開日]2018.12.07
[ライター]清水 照美