インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

セールスライティングの基本的な書き方や必要な場面とは?

最近、セールスライティングという言葉をネットでよく見るようになりました。セールスライティングをいかに上手にやるかで、売上がかなり違ってくるといいます。

そのため、通販などで商品を販売するサイトでは、必須のライティング技法といわれています。セールスライティングは、コピーライティングとは違うのでしょうか。

ここでは、セールスライティングはどういうものか、どういう場面で必要になるのか、といったことについて解説します。

また、併せてセールスライティングの基本的な書き方についても、触れることにしましょう。

セールスライティングとは

セールスライティングとは、ネットの通販などで商品を販売するために使われるライティング技法です。

よく似たものにコピーライティングがありますが、こちらは商品の説明のためのライティングを指します。

セールスライティングは、商品の説明にとどまらず、商品を買ってもらうことを目的としています。そのため、顧客の心を動かし、購買意欲をそそる文章が書けなくてはなりません。

つまり、現在の売上額や販売数を少しでもアップさせるために使われるのが、セールスライティングなのです。

また、売上額や販売数だけでなく、今後売り上げに結びつく見込み客を増やすのも、セールスライティングの重要な役割となります。

たとえば、サイト閲覧数を増やしたり、商品に対する問い合わせ数を増やすなど、将来の売り上げアップにつなげるためのライティングも行います。

コピーライティングは、きれいな文章が書けて、商品の説明がきちんとできれば完了ですが、セールスライティングは、売上につなげるまでが仕事なのです。

そのため、セールスライティングは、企業の経営にも関わる重要なライティングということになります。

セールスライティングが必要な場面

セールスライティングは、企業が自社の商品やサービスの説明を文章で行う場合に、必ず必要となるものです。

中でも、特にセールスライティングが必要となるケースを、3つご紹介しましょう。

自社サイト構築

自社サイトでは、会社の事業内容や商品の説明を行いますが、ここでもセールスライティングが重要となります。

読みやすい文章にするのはもちろんですが、商品の説明は単に説明だけに終わらず、最後は購入に結びつける必要があります。

そのためには、サイト閲覧者に買いたいという気持ちを起こさせ、最終的にランディングページで購入を決意させる流れを作らなくてはなりません。

このときに、セールスライティングが必要となってきます。

また、直接購入に結びつかなくても、資料請求や問い合わせなどの件数を増やすことも、セールスライティングの重要な役目なのです。

ダイレクトメール

ダイレクトメールは、郵送料などの経費がかかるため、出す以上は高い購買率を求められます。

そのため、サイトやランディングページ以上に、顧客の心を動かすライティングが必要となります。

メールマガジン

メールマガジンは、タイトルひとつで開封率が大きく変わるので、タイトルのつけ方からセールスライティングの高い技法が求められます。

もちろん、開封しても読んでもらえない

と売上に結びつかないので、顧客の購買意欲を刺激するライティングは欠かせません。

セールスライティングの基本的な書き方

実際にセールスライティングを行なうには、紹介する商品やサービスについて理解する必要があります。

しかし、表面的な理解だけでは意味がありません。

単に商品の使い方を理解するだけでなく、この商品を求める人はどんな人で、商品がどういう風に役に立つのか、といったことまで考える必要があります。

そのためには、自分に以下のような問いかけをしてみましょう。

  • 商品の特徴を2つ、20秒以内で説明する
  • 他社にも同様の商品があるのに、なぜ顧客はこの商品を選んだのか
  • 顧客はこの商品を何のために使い、商品は顧客の抱える問題をどう解決できるのか
  • 商品に問題はないか。あるなら、それについて顧客はどんな不信感を持つか
  • その不信感を取り除けるだけの具体的な根拠はあるか

これらについて、すべて納得

のいく説明ができ、それをライティングすれば、効果的なセールスライティングとなります。

セールスライティングを本格的に学びたいなら

セールスライティングは、本を買って自分で勉強することもできますが、独学ではすべてを体系的に学ぶことができません。

セールスライティングの本質を、すべて体系的に学びたい方のために、優れた教材があるのでご紹介します。

『Catch the Writing』

 

URL:http://az.ctwpromotion.net/writing/open/info.html

この教材には、作成された会社の長年の実績が詰まっており、これでセールスライティングを学んだ多くの方が、セールスコピーライターとして第一線で活躍しています。

『Catch the Writing』の詳しい情報はこちら

 

[記事公開日]2018.10.29
[最終更新日]2018.11.21
[ライター]清水 照美