インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

セールスライティングとは?仕事や状況別に4つの具体例で紹介!

セールスライティングとは、文字通り商品をセールスするためのライティングで、商品を紹介するだけのコピーライティングとはまったく異なります。

セールスライティングは、商品を売ることを目的としていますので、お金に直結するライティングと言ってもいいでしょう。

セールスライティングは、まだあまりなじみがない言葉なので、その意味をよく理解していない人が大半ではないでしょうか。

そこで、セールスライティングとはどんなものか、徹底的に調査してみることにします。

セールスライティングはどんなときに必要か

セールスライティングは、インターネットで商品を販売する際に必要となるライティング技術です。

お店などで、実際に物を販売するときに必要なのは営業トークですが、これをインターネットに置き換えたものが、セールスライティングなのです。

お店で物を売るのに営業トークが不可欠なように、インターネットでは、セールスライティングがなければ、商品を販売するのは不可能です。

セールスライティングの出来不出来で、商品の売上に10倍以上の差があることも珍しくありません。

このように、セールスライティングは商品販売にとって非常に重要なものですが、その価値はまだ十分に認知されていないのが現状です。

セールスライティングの具体例

では、セールスライティングはどのように利用されるのでしょうか。実際にどんなふうに使われるのか、いくつか例を挙げながら見ていきましょう。

ブログでの使い方

ブログでセールスライティングを行なう場合は、「実際に商品を使った体験談」と、商品のリンクをセットにするケースが多いようです。

つまり、実際に商品を使った体験談で読者を惹きつけ、商品のリンク先に誘導して購入を促すわけです。

セールスライティングを使って書かれたブログは、お客さんの購買意欲をそそるため、売り上げが段違いにアップします。

アフィリエイトでの使い方

アフィリエイトサイトは、見た目はブログとあまり変わりません。アフィリエイトサイトの目的は、商品を売ることです。

そのため、売りたい商品に関連する記事を掲載して興味のある人を集め、サイト内に設置したバナーから商品を購入するように促します。

商品に関連した記事を書く際に、セールスライティングを駆使して書けば、読者を惹きつける内容となり購入につながります。

アフィリエイトは、売りたいという気持ちが露骨に出ると嫌われるので、セールスライティングを上手に使って、さりげなく商品に興味を持たせることが大切です。

ランディングページでの使い方

ランディングページとは、商品を購入してもらうための最後の詰めです。

この詰めの出来如何で、買ってもらえるかどうかが決まるので、ランディングページは非常に重要なものです。

ここで必要となるのが、セールスライティングの技術です。

ランディングページがしっかりしていないと、せっかくここまで来てくれたお客も、商品購入ページに移る前にサイトを離れてしまいます。

メールマガジンでの使い方

メールマガジンは、ユーザーに直接メッセージを届けるもので、タイトルによって開封率が大幅に変わります。

そのため、いかに魅力的なタイトルをつけるかが勝負となります。

メールマガジンの場合は、タイトルが短い文章のため、セールスライティングのノウハウが必要となります。

もちろん、開封してみたら読みたい内容ではなかった、というのでは意味がありません。

ユーザーの購買意欲を刺激するような興味を惹く記事を書いて、上手に読み進めてもらうことがポイントとなります。

セールスライティングの書き方

実際にセールスライティングを書くには、どのような点に注意すればいいのでしょうか。ポイントはいくつかありますが、ここでは2つに絞って説明していきます。

商品の内容を理解する

取り扱う商品の機能や使い方を理解するのはもちろんです。

それだけではなく、その商品を使うことによって、どんなふうにユーザーに役立つのかを考えなくてはなりません。

商品についてそこまで深く理解しないと、生きたセールスライティングを書くことはできません。

商品の特徴を自分の言葉で表現する

取り扱う商品について、どんな特徴があるのか、100文字以内でまとめてみましょう。

少ない文字数で完結にまとめることが、よりよいセールスライティングのために重要となります。

また、同様に他社の類似商品についても、自社の取り扱い商品とどう違うのか、100文字で説明してみることも必要です。

そうすることで、自社製品との比較ができます。

さらに、ユーザーが商品について抱く疑問を把握し、それについてしっかり説明できるようにしてください。

ここまでまとめてから、セールスライティングに取り掛かかりましょう。そうすれば、かなりグレードの高いセールスライティングを書くことができます。

まとめ

セールスライティングは、商品を販売するために必要な技術です。セールスライティングの出来次第で、売上が10倍以上変わることも珍しくありません。

セールスライティングをうまく書くコツは、取り扱う商品について十分に理解することです。

また同時に、他社の類似商品についても調査して、自分の商品との違いも理解しておきましょう。

さらに、ユーザーが抱きそうな疑問についてすべて説明できるようにしておくことが、質の高いセールスライティングを書くために重要となります。

[記事公開日]2018.08.25
[最終更新日]2018.09.27
[ライター]清水 照美