インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

セールスコピーライターの平均月収と年収について

セールスコピーライターの平均月収と年収について

近年、セールスコピーを駆使したランディングページやチラシ、メールマガジンを目にすることが増えて来ました。

それに伴い、セールスコピーライターを学ぶ人も増えてきています。

そこで気になるのが、「セールスコピーライターの平均年収や月収はどのくらい?」ということかと思います。

現在のところは需要が供給に追い付いていないため、スキルのあるセールスコピーライターはひっぱりだこという状態です。

コピーライターと呼ばれる職種には2種類あり、企業や商品などのブランディングを目的としたコピーは「イメージコピー」と呼ばれ、ユーザーに直接購買やお問い合わせを促すコピーを「セールスコピー」と呼ばれます。

一般的に、セールスコピーは直接売り上げを上げることを目的としていますから、クライアントにもたらす利益が見えること、そして、結果を出すことが必須とされていますから、通常のイメージコピーを書くコピーライターよりも収入も高めとなっています。

では、年収や月収の実情についてご紹介します。

セールスコピーライターの年収

セールスコピーライターとして企業に所属している場合は、インセンティブなどが支払われる場合もありますが、基本的には月給制なので、月収も年収も限定的となります。

個人事業や独立起業して仕事をしている場合は、税金を除けば、報酬は100%手元に入るので、年収が1,000万円以上という場合もあります。

知名度の高いトップセールスコピーライターになると、1案件数十万円から数百万円という報酬をもらえることもあり、さらに書籍を出したり、高額なセミナーを行うなどして、億単位の年収を得ている人もいます。

しかし、トップセールスコピーライターの月収や年収を知っても、雲の上の世界と感じてしまうかもしれませんので、より現実的な収入事情を見てみることにします。

個人で仕事をしている場合は、結果がすべてとなります。

結果を出すことができるセールスコピーライターであれば、継続案件をいくつも持っていて、安定的に多くの収入を得ることができます。

セールスコピーライター初級者の月収 ~まずは実績を作る~

セールスコピーを一通り学んだ段階で、まだ実績がないという人は、まずはランサーズやCrowdworksなどのクラウドソーシングやSOHOのための求人サイトに登録します。

こうしたサイトで募集している案件は、それほど単価は高くありませんが、とりあえずは実績を作ることが必要ですから、安い案件でも受けてみます。

あるいは、行きつけの整体院、歯科医院などの広告宣伝を無料で行って、実績だけを作らせてもらうという方法もあります。

この場合、完全無料でもいいのですが、制作段階では報酬をもらわず、成功報酬にするという方法もあります。

この段階ではまだ、無収入~月収10万円程度となり、セールスコピーライターの仕事だけでは生活ができないレベルです。

セールスコピーライター初級~中級者 ~自信が付いたら~


ある程度、実践を経験して行くと、コツも分かって来ます。

安い案件でもいいので数をこなして実績を積むことができれば、次のクライアントには、その実績を披露することができますから、より仕事が得やすくなってきます。

あるいは、クライアントから継続的な仕事の依頼が来る可能性もありますが、安く請け負ったクライアントであれば、継続案件も相変わらず安い報酬しかいただけない可能性もあります。

この段階で、年収が300~500万円にすることができます。

セールスコピーライター中級者 ~高額案件を狙いに行く~


セールスコピーライターは、商品を必要としているターゲットに向けて、確実に情報を提供するのが仕事です。

ですから、自分自身の売り込みも、必要なターゲットに向けて、確実にアピールできるはずです。

いつまでもクラウドソーシングに頼っていてはいけません。

店舗、企業の経営者などが集まるセミナーなどに頻繁に顔を出し、セールスコピーを必要としている人たちと知り合いになることが大事です。

あるいは、積極的にDMやメール営業なども行います。

セミナー講師やWebマーケッター、コンサルタントと知り合いになれば、彼らの人手不足の際に案件を回してもらえる可能性もあります。こうした案件は、そこそこの高額案件であることが多いです。

ただし、セールスレターを書くときと同様、自分自身の売り込みに必死になるのではなく、こちらは自己紹介をする程度にし、あくまで相手の話を聞いてあげるようにします。

セールスに必死、うっとうしいと思われてしまうとそこで終わってしまうからです。

まずは知り合いになって、じわじわとセールスコピーの重要性を「教育」していくようにします。

高額案件を受注することができれば、年収1000万円も夢ではありません。

セールスコピーライター上級者 ~固定のクライアントがつく~


セールスコピーライターとして、固定のクライアントがつくようになれば、安定的に高い年収を維持することができます。

この段階になれば、クライアントとはコンサル契約のような関係になっていますから、広告する商品の企画段階から参加し、成功も失敗も一緒に分かち合えるような信頼関係を結べるようになります。

もちろん、ほとんどの場合、成功、つまり結果を出すことが大前提になります。

上級者になれば、1案件数十万円~数百万円ということもありますので、年収も2~3千万円以上、億単位と言う人もいます。

また、セールスコピーの仕事だけではなく、書籍発刊やセールスコピーライター養成の講師などによる収入も期待できます。

セールスコピーライターの収入は多種多様

Webマーケッター、Webコンサルタント、Webデザイナー、アフィリエイター、一般のライターなどが、セールスコピーのスキルを習得する場合があります。

自身のビジネスを広げ、収入を拡大するため、セールスコピーを勉強する人も多いです。

例えば、Webデザイナーの場合、ランディングページのデザイン制作だけでなく、セールスコピーの部分も一緒に請け負うということができるわけです。

このように、セールスコピーのスキルは他業種との兼業も可能であり、収入の得方は多種多様となっています。

中には、そのように付加価値で始めたセールスコピーライターとしての収入の方が高くなり、いつの間にか本業になってしまったという方もいるようです。

セールスコピーライターが年収を上げるには

セールスコピーライターは、セールスコピーを駆使して商品やサービスの宣伝をするだけではなく、ある程度のマーケティングのスキルを持っています。

マーケティングの深い知識やスキルを身に着けることで、クライアントにさらなる売り上げアップの提案をすることができ、マーケッターと名乗ることもできるようになります。

セールスコピーライターというだけではなく、マーケッターとしての活動をすることができればさらなる年収アップが期待できます。

また、付加価値を付けることも一つの方法です。

Webデザイナーほどではないにしても、ランディングページを作れるくらいのWebサイト制作スキルを持っていれば、ランディングページのデザインとセールスコピーの両方を請け負うことができます。

多くの実績を積んで知名度が上がってくると、書籍の発行、セミナー、オンライン講座などで、セールスコピーライターの養成をするなどして、さらに年収をアップさせることができます。