インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

億を稼ぐセールスコピーライターを目指す最新情報

セールスコピーライターは全てのマーケティングを制すとも言われています。セールスコピーのテクニックを持つ事でWebマーケティングの全てを網羅し、SEO対策やリスティング広告運用なども難なくこなせてしまい、Webコンサルタント、Webプロデューサーとして活躍の場を広げる事も出来ます。そのような事からセールスコピーライターの地位は高く、億を稼ぐセールスコピーライターも少なくありません。当ページでは、セールスコピーライターの最新情報を紹介してまいります。

セールスコピーとは

ここ数年、「セールスコピー」、「セールスコピーライティング」と言う言葉が、一般にも浸透しつつあります。セールスコピーとは、ユーザーを購入や問い合わせなどのアクションに直接結びつけるために作成されるコピーのことで、アメリカでは100年以上前から使われている、強力な販売手法です。そして、セールスコピーを書くことのできる人のことをセールスコピーライターと言います。一方、企業、商品、サービスなどをブランディングする、あるいはイメージを伝えるためのコピーはイメージコピーと言い、それを書く人を(イメージ)コピーライターと言います。

セールスコピーライターとはどんな職業か?

セールスコピーとはダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)の理論に基づいて作成されるコピー(広告に使われるキャッチフレーズや説明文)のことで、ユーザーに購入、資料請求、お問い合わせなどのアクションを促します。そして、セールスコピーを書く職業のことをセールスコピーライターと言います。セールスコピーは、100年以上も前からアメリカで使われているテクニックですが、日本では、20年ほど前、トップマーケッターとして有名な神田昌典氏が紹介したことにより認知され始めたと言われています。

セールスコピーライターになるには、どこで学べば良いの?

セールスコピーは、ユーザーに購入、資料請求、お問い合わせなどのアクションを起こすことを促すために、さまざまな心理テクニック駆使して、広告を見ているユーザーにとって、その商品やサービスがいかに必要なものであるかを説得するテクニックです。セールスコピーライターとして仕事をしていくためには、必ず結果を出すことができるレベルのスキルを身に着けておく必要があります。そのため、セースルコピーを学ぶポイントとして、「セールスコピーライティングのスキル」「マーケティングのスキル」「購買心理のスキル」の3つを押さえることが大事です。また、セールスコピーを学ぶ方法には、独学、オンライン講座、セミナーなどがありまして、それぞれの学び方の特徴をご紹介いたします。

これからのセールスコピーライターに必須なスキルとは

ここ4~5年で、「セールスコピー」「ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)」という言葉が、ECサイトやアフィリエイターを中心にかなり浸透してきました。コスメ、整体院、士業、情報商材など、いろいろな業種のランディングページで、セールスコピーの手法が使われています。セールスコピーは、アメリカでは100年以上も前から使われている強力な販売手法です。日本でも20年ほど前に、トップマーケッターである神田昌典氏により紹介されたのが始まりで広まって来ました。そのおかげか、最近では、さまざまなランディングページやメールマガジン、チラシなどでセールスコピーの手法を使ったコンテンツが登場しています。

セールスコピーライターに向き不向きな人

セールスコピーライターは、初期投資をほとんどかけずに始めることができ、特に文章センスなどを必要としないため、気軽に目指そうとする人が増えてきています。しかし、実際に仕事につながるまでのスキルが身に着くかどうかは、本人の努力次第ですが、向き、不向きというものに左右される場合もあります。セールスコピーライターが多くの収入を得るためには、売るためのコピーが書けて、結果を出せることが必須です。丹念なリサーチを行い、購買心理学などの手法を駆使することによって、売れるコピーは出来上がり、さらに適切なマーケティングによって結果が出るものです。そのためには、どのような人が向いていて、どのような人が不向きなのかを考えてみました。

セールスコピーライターの平均月収と年収について

近年、セールスコピーを駆使したランディングページやチラシ、メールマガジンを目にすることが増えて来ました。それに伴い、セールスコピーライターを学ぶ人も増えてきています。そこで気になるのが、「セールスコピーライターの平均年収や月収はどのくらい?」ということかと思います。現在のところは需要が供給に追い付いていないため、スキルのあるセールスコピーライターはひっぱりだこという状態です。コピーライターと呼ばれる職種には2種類あり、企業や商品などのブランディングを目的としたコピーは「イメージコピー」と呼ばれ、ユーザーに直接購買やお問い合わせを促すコピーを「セールスコピー」と呼ばれます。一般的に、セールスコピーは直接売り上げを上げることを目的としていますから、クライアントにもたらす利益が見えること、そして、結果を出すことが必須とされていますから、通常のイメージコピーを書くコピーライターよりも収入も高めとなっています。

セールスコピーライターの将来について考えてみた

ここ4~5年の間に、セールスコピーライターを学ぶ人が増えて来ました。セールスコピーライターは、特別な資格も必要なく、在庫を抱えることもなく、初期投資も必要ないこともあり、始めやすい職業です。もちろん、高額案件で結果を出すことができるくらいのスキルを身に着けるには、かなりの経験を積む必要があります。経験が浅い場合は、クラウドソーシングなどの単価の低めの案件から始める人が多いようです。今後、セールスコピーライターの数が増えて行くと思われますが、将来はどのような状況になって行くのか、考えてみました。

セールスコピーライターの次に目指す所はどこ?

セールスコピーは、ダイレクトマーケティング(DRM)の理論に基づいて、広告を閲覧した人を直接購買やお問い合わせへと促す宣伝方法です。ランディングページやメールマガジン、Web広告、SNS、チラシ、新聞、雑誌の広告など、さまざまな媒体でセールスコピーライティングの手法が使われています。各種マーケティングと密接な関りもありますから、経験豊富なセールスコピーライターは、マーケティングの知識やスキルも習得しています。セールスコピーライターが次に目指すとすれば、これらのスキルを生かして、Webマーケッター、ダイレクトレスポンスマーケッター、セールスコピーライターを養成する講師、あるいは、自身で商品を宣伝、販売することなどが考えられます。