インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

Yahoo!プロモーション広告のスポンサードサーチについて詳しく紹介!

Yahoo!プロモーション広告の中の1つに、スポンサードサーチという種類の広告があります。

スポンサードサーチは、初めてインターネットの広告を出すという人にも、少しやり方を学べば効果がでるように設計されています。

今回は、Yahoo!プロモーション広告のスポンサードサーチのついて詳しく紹介をしていきます。

スポンサードサーチの詳しい紹介

Yahoo!プロモーション広告のスポンサードサーチは、Yahoo!JAPANが提供するリスティング広告で、ユーザーの検索結果に応じて表示される広告です。

検索連動型広告ともいわれており、広告費はかかりますが、SEO対策をしなくてもページの上位に表示させることができるので、高い広告効果が見込めます。

現在、自社の商品やサービスを探しているユーザーに絞って広告を掲載でき、広告予算もこちらで設定できるので、広告効果を確認しながら戦略を立てることが可能です。

さらにYahoo!JAPANだけではなく、Vectorやexcite、Ameba等の提携サイトでも広告の表示がされ、スマートフォン等にも活用できるので、集客の大きな助けとなってくれるでしょう。

特定のキーワードのみならず、時間や期間、地域も特定できるので、自社の計画に沿って運用できる点も特徴的です。

スポンサードサーチの料金

スポンサードサーチは最低3,000円からの入金で始めることが可能です。

月30,000円以上を広告費用に投資すれば、より広告効果を実感することができるといわれています。

入金方法は、クレジットカードと銀行振込の2種類で入金ができます。

使用したい分だけ入金するシステムなので、入金した金額以上の料金を請求されることはありません。

さらにユーザーの1クリックあたりに支払う広告料金(入札価格)を、広告主が自由に設定することができる点も使いやすいといえるでしょう。

入札価格はキーワード毎に設定が可能です。

例えば、「ゴルフ 上達方法」には100円、「ゴルフ 人気ウェア」には80円、「ゴルフ場 おすすめ 長野県」に50円といったように、価格を広告主が決定できます。

掲載期間も1日から設定が可能で、広告を集中させたい期間も決めることができます。

設定した1日あたりの上限金額を超えると、自動的に広告配信が停止する仕組みとなっています。

広告料金が発生する時は、ユーザーが広告をクリックした時のみです。

検索画面に広告が掲載されているだけでは料金は発生しません。

ユーザーが広告からサイトへ訪問して、初めて料金が発生する仕組みなので、無駄な料金がかからず、効率的かつ安心して使用ができるといえるでしょう。

キーワードアドバイスツール

リスティング広告を運用する上で重要なのが、キーワード選定ですが、スポンサードサーチにはキーワードアドバイスツールという機能が付いています。

これは、自社の商品やサービスと関連性が高く、ユーザーが実際に検索しているキーワード候補を表示してくれる非常に便利な機能です。

条件を入力するだけで各種の推定データや、実績を分析して教えてくれますので、キーワード選択の上での良い判断材料になります。

スポンサードサーチのターゲティング

スポンサードサーチは、様々なターゲティングが可能な広告です。

商品やサービスに興味や関心が高まっているユーザーや、最初から多くの人が検索しているビッグキーワードへ掲載ができます。

さらにまだサイトを知らない新規のユーザー、特定の場所へアプローチをかけることもできます。

現在、インターネット上には10億以上のサイトが存在しているといわれています。

その中でただやみくもに広告を表示しても効率が悪く、ターゲティングをしっかりとして運用することが重要といえます。

スポンサードリサーチのターゲティング機能は非常に使い勝手が良く、効率的です。

以下ターゲティングの活用法をまとめてみました。

サイトリターゲティング

サイトリターゲティングとは、過去に自社のサイトに訪問したことがあり、かつ検索エンジンから商品やサービスを探しているユーザーに対して広告を配信する機能です。

このユーザーは、全くの新規顧客よりも購入の可能性が高い見込み客といえます。

サイトリターゲティングの広告配信の対象となるユーザーのターゲティングリストを作成し、そのリストに対して広告を配信することも可能です。

ビッグキーワードや新規ユーザーへ配信

ビッグキーワードは、大企業や競合他社が多く入り込んでおり、限られた予算では効果を出すことが難しいのが現状です。

そこで一度自社のサイトへ訪問してくれたユーザーが、ビッグキーワードを検索した時にのみ、広告を配信するという手法を取れば効率的です。

そして、まだ自社サイトへ訪問をしたことのない新規ユーザーに対しても、「除外設定機能」を使用することで、既にサイトを訪問したユーザーを除外して、新規のユーザーにのみ広告を配信することも可能です。

場所のターゲティング

場所や人をターゲティングして広告を配信するのも非常に有効な手法で、アプローチをしたいユーザーの居住地を特定して、広告を配信することができます。

場所は都道府県、市町村単位で設定ができ、(一部配信不可なエリアがある)配信の除外地域も設定ができます。

また指定した地域毎にキャンペーン内の全部のキーワードの入札価格を自動で調整することもできます。

まとめ

Yahoo!プロモーション広告のスポンサードサーチは、検索連動型広告ともいわれています。

多くの提携サイトに掲載が可能なことや、ユーザーを絞り込んで掲載する事が可能です。

3,000円の入金から始めることができ、1クリックあたりに支払う入札価格も設定ができます。

スポンサードサーチは様々なターゲティングが可能です。

1度自社のサイトに訪問したユーザーや、商品、サービスに関心があるユーザー、場所を限定して広告を配信することが可能です。

[記事公開日]2018.02.15
[最終更新日]2018.10.04
[ライター]ワカさん