インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

活用しやすいセルフサーブ式に対応!Twitterインストリーム動画広告

Twitterのインストリーム動画広告が、セルフサービス式に対応したと発表がありました。

インストリーム動画広告は、2017年10月から提供が開始されており、Webマーケティングを仕掛ける側にとっては、是非活用したい広告ツールです。

Twitterは、国内でも外せないSNSツールとして成長しており、自社商品の販売促進をする上では、この動画広告は知っておいたほうが良いでしょう。

今回は、インストリーム動画広告のセルフサービス式の詳細と、Webマーケティングに関してどんな影響が出るのかという観点で、解説をしていきたいと思います。

Twitterのインストリーム動画広告が、セルフサービス式に対応

Twitterは、主に個人事業主や中小企業を対象にしたTwitter広告の提供をしています。

これを活用し、WebサイトのコンバージョンUPや、クリック率、アプリユーザーの促進効果など、Webマーケティング場で大きな成果を上げている個人、企業も増えています。
その中でインストリーム動画広告は、動画を活用することでユーザーへの訴求力もUPし、成果を上げやすくなっています。

今回のセルフサービスの特徴としては、広告主が広告の設定や運用管理を行えるのが特徴です。

さらに利用の際の最低料金は設定しておらず、クリックや成果ごとの課金体系で、決済はクレジットカードを使用できます。

インストリーム動画広告とは?

Twitterインストリーム動画広告とは、Twitter上で動画を活用した広告で、適切なユーザーにリーチ、ブランド指標を向上することができる動画広告ソリューションです。

さらに、この動画広告は、世界中のプレミアムコンテンツパートナーからブランドセーフな動画が集結している強みを生かし、高品質なコンテンツ動画の前にプレロール広告を配信でき、親和性が高い動画とともに、ユーザーへ高いブランドインパクトを与えることが可能となっています。

米国では、動画コンテンツの冒頭に、自動的に動画広告が流れる形でプロモツイートとして配信されるので、コンテンツ自体の再生数が増えるだけではなく、一緒に流れる動画広告も多く目にとまるようになり、ユーザーのレンスポンスUPに大きく寄与しています。

この米国での成功を受けて、日本でもインストリーム動画広告の提供を開始することになったのです。

Twitter動画広告の効果は?

Twitter上での動画広告キャンペーンは、広告主の皆さんのブランド力の向上に貢献します。

ニールセンのブランドエフェクト調査によれば、Twitter上で動画広告を見たことがある人は、ない人と比較して、ブランド認知度が50%、ブランド好感度が14%、購入意欲が18%UPしていることが明らかになっています。

さらに、Twitter動画広告は、あるプレミアムサイトの動画広告と比較しても、約2倍記憶に残っているという調査結果も出ています。

また、TwitterというSNSツールの強みだけではなく、動画広告の測定効果のサポートも充実しています。

Twitterは、業界を代表する効果測定プロバイダーと協業して、動画ビューアビリティの計測やオーディエンス検証を行っている点も強みです。

今後も、Twitterブランドを生かしたプラットフォームの改良や、コンテンツ開発などが大きく期待されており、使用しない手はないと言えるでしょう。

今後Webマーケティングにさらに効果的に

Twitter広告は、目的に沿った様々な広告フォーマットを提供しており、自社サイトへの誘導を促すフォーマットの「ウェブサイトカード」や、アカウントのフォロワーを増やすための「プロモアカウント」などがあり、是非活用していきたい機能です。

また、興味関心や利用端末、地域やTV番組など、多彩なターゲティング項目の設定ができるので、非常に便利です。

今後は、動画広告のセルフサービスの開始により、Twitter広告を導入する個人や企業は増えていくと言えるでしょう。

まとめ

Twitterのインストリーム動画広告が、セルフサービス式に対応したと発表があり、今後益々導入する個人や企業は増えていきそうです。

動画広告は、ユーザーに対して訴求力に優れており、Webサイトの訪問数やクリック率のUPが見込めるでしょう。

さらに、セルフサービス導入により低価格から始められることや、クリック課金制度、クレジットカード決済も可能なので、活用する際の敷居が低くなっています。

国内でも影響力が増しているTwitterの集客力を生かし、高品質な動画広告コンテンツとともにWebマーケティングに活かさない手はないと言えるでしょう。

[記事公開日]2018.06.22
[最終更新日]2018.10.04
[ライター]ワカさん