インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

Twitter広告の機能や特長、効果的なターゲティング設定など紹介

Yahoo!プロモーション広告の中でTwitter広告というものがあります。

この広告は自社の商品やサービスの広告をTwitterのフォロワーに対して掲載できる機能です。Twitterの特徴を掴み、上手く使いこなせれば、多くのユーザーにアプローチが可能です。

今回は、Twitter広告について詳しく紹介をしていきます。

Twitter広告についての紹介

Twitter広告は、利用者のタイムラインのページやおすすめユーザー欄という場所に、広告を掲載できます。

Twitterとは、140文字以内でコミュニケーションを取るSNSで、月間のアクティブユーザーが3億人の規模を誇ります。(日本国内では約4,000万人)

他のSNSと比較しても高い拡散力があるので、広告を出すことで高い成果が期待できます。

特に若い世代のユーザーが多いことが特徴なので、10代から20代のユーザーに対してアプローチをかけたい企業には、うってつけの広告といえるでしょう。

Twitter広告の機能の特徴は、キーワード設定をした後、ユーザーがそのキーワードでツイート(140文字以内の投稿)をして場合や、ユーザーが指定したキーワードを検索すると、広告が配信できる仕組みです。

また、広告を見たユーザーのフォロワー(ユーザーのタイムラインを定期的に見ている人)や、似た属性をもっている人にも、広告を拡散できる機能があります。

そして、ツイート内で自社のサイトの中身を表示して、ユーザーを誘導できる機能もついています。

Twitterはスマホユーザーが多いので、アプリを商材として扱う会社であれば、ツイッターからアプリのインストールも誘導できるので、効果的といえるでしょう。

料金体系と予算

料金は、他のYahoo!プロモーション広告と同様のクリック型課金制です。

広告の表示のみでは料金は発生しません。

Twitter広告の場合は、クリックだけではなく、「リツイート」「お気に入り」「フォロー」「返信」等のユーザーのアクションが起こった時に、広告費用が発生する仕組みとなっています。

ちなみに2回目以降のアクションは無料となっており、初回のアクションを起こした時のみ費用が発生します。

その他には、アプリを購入するページへ移動した場合や、実際にアプリを起動した場合に課金されるシステムもあります。

予算も最低3,000円から始めることが可能ですが、他のYahoo!プロモーション広告と同様、効果の実感のためには、1か月30,000万円以上の予算を推奨しています。

Twitter広告のターゲティング

Twitter広告は、自社がアプローチしたいターゲットに絞って広告を配信できます。

自社の商材やサービスに関心のあるユーザーや、Twitter特有のフォロワーを増やし、ファンを増やすこともできます。

Twitter広告のターゲティング機能を活用することで、効率的にアプローチしたり、成約率を上げることが可能となります。

以下、Twitter広告のターゲティングを詳しくまとめてみました。

キーワードターゲティング

こちらで設定したキーワードを自社でツイート、またはそのツイートに反応したユーザーに対して広告を表示することができます。

活用例としては、千葉県でブライダルのイベントを開催したい場合に、「千葉県 ブライダル」「ブライダル イベント 千葉県」等のキーワードを設定すると、そのキーワードでツイートしているユーザーのタイムラインにイベント情報の広告が掲載されることになります。

興味、関心ターゲティング

こちらで、興味や関心のカテゴリーを指定することで、Twitter社がユーザーのツイート内容から判断し、こちらが指定したカテゴリーに興味や関心のありそうなユーザーに広告を配信します。

例えば、川下りのアウトドアイベントを開催したい場合に、「川下り」というカテゴリーはもちろん、関連する「カヌー、カヤック」「ラフティング」、アウトドアに関連して「バーベキュー」「キャンプ」等、興味や関心のあるユーザーにまで広告を配信できます。

フォロワーや類似ユーザーターゲティング

自社のフォロワーのみならず、自社の商品やサービスに関連性が高いユーザーを指定することで、そのユーザーのフォロワーに類似しているユーザーにも広告が配信できます。

この機能は、より広範囲の興味関心があるユーザーに広告を配信することが可能です。

例えば、若い男性向けにトレーニング器具を販売したい場合に、自社のフォロワー以外に、20代30代に人気がある俳優Aさんにユーザー名を指定すると、俳優Aさんのフォロワーに類似しているユーザーに広告を配信できるようになります。

その他のターゲティング機能

その他のターゲティング機能としては、日本国内のみならず、世界中のTwitterユーザーに対しても広告を配信できますし、日本の特定エリアに絞って配信も可能です。

デバイスもスマートフォンはもちろん、機種の指定もできますし、Android、iOSのOSのバージョンも絞り込めます。

さらにテレビ局やテレビのジャンルや番組を設定すると、それに関する反応を示しているユーザーに対しても広告を配信できます。

Twitter広告の効果的な運用方法

Twitter広告は、Twitterの特性を考慮した運用方法が求められます。

いくら自社で販売したい商材があっても、Twitter広告には向き、不向きが存在します。

以下、その効果的な運用方法のポイントをまとめてみました。

ターゲットが若い層かどうか

冒頭でも述べましたが、Twitterのユーザーは若い年代がメインです。

30代から40代のユーザーは20%というデータもあります。

10代から20代のユーザーが50%以上なので、その若い年代に向けて広告内容や広告文を作成しなければ、効果的とはいえないでしょう。

商品や、サービスの内容はもちろんのこと、若い年代のニーズを的確に掴み、引きつけるような広告であることが望ましいといえます。

斬新さや話題性があるか

斬新さや話題性の必要性は、Twitter広告に限ったことではありませんが、特にTwitterは2次拡散が狙える媒体です。

Aさんが広告に反応してくれれば、そのフォロワーであるBさんも反応してくれる可能性があります。

しかも、2次反応以降は広告料金が発生しないという仕組みなので、これを利用しない手はありません。

そのためにも商品やサービスはもちろん、キャンペーンの内容も、若い人が斬新さと話題性を感じてくれる内容にすることが望ましいでしょう。

視覚より言葉で工夫をする

Twitterは、他のSNSと比較して、視覚的に訴えるよりも、いかに140文字の言葉でユーザーを惹きつけるかが大事です。

文言はもちろん、商品やサービスの名前や、広告のキャッチコピーの工夫をすることで、より効果を出すことが可能です。

またハッシュタグといって、記事に関連のあるキーワードを工夫することで、より多くの人に拡散することが可能です。

メリットの記述やアクションを促しているか

効果の出る広告を作るためには、メリットをわかりやすく記載していることも重要なポイントです。

例えば、「資料請求で〇〇をプレゼント!」「セット購入で〇〇%OFF!」等、ユーザーがひと目見ただけで、ベネフィットを伝えることができればさらに効果的になります。

ポイントは、文言が長くなりすぎないようにすることです。もし情報が多くなりすぎる時には、箇条書きにする等工夫をしていきましょう。

そして、ユーザーにアクションを促すことも大切です。

例えば「会員登録で先着〇〇名様〇〇贈呈!」とか、アクションを起こしたら、何かユーザーにベネフィットがあると思ってもらいましょう。

まとめ

Yahoo!プロモーション広告の中のTwitter広告は、若い世代へのアプローチや、2次拡散をする事が可能な広告です。

料金体系は、他のYahoo!プロモーション広告と同様のクリック型課金制で、ターゲティング機能も様々な種類があります。

こちらでキーワードや、興味、関心のカテゴリーを設定したり、関連のあるユーザーを指定する事で、そのユーザーのフォロワーに類似しているユーザーにも広告が配信できます。

Twitter広告を効果的に運用するには、ターゲットを若い層にしっかりと定める事や、斬新さや話題性を広告に持たせる事、文言にメリットやアクションを促すメッセージを入れる事が大切です。

[記事公開日]2018.03.01
[最終更新日]2018.08.03
[ライター]ワカさん