インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

リスティング広告の代理店でおすすめ厳選7社を紹介【2018年度最新】

近年、リスティング広告(検索連動型広告)の運用が複雑化・高度化しています。

それに伴い、リスティング広告の自社運用を取りやめ、代理店に委託する企業(クライアント)が増加しています。

リスティング広告の代理店は、クライアントよりも遥かに多くのノウハウを持っているため、彼らに任せれば安定した運用が期待できます。

一方で、代理店ごとにサービスの質や量、費用などは異なるため、よく考えず適当に任せてしまうのはよくありません。

今回は、主要なリスティング広告の代理店について、特徴や費用、ポイントなどをまとめましたので、参考にしていただければ幸いです。

株式会社Catch the Web

URL:http://www.catch-the-web.com/

特徴:他の広告代理店ではやっていない効果的な手法を多数導入

費用:初期費用15万円+月額広告手数料の20%(オプションあり)

おすすめポイント:費用対効果が高い

Catch the Webは、Webマーケティングコンサルティング、リスティング広告運用、アフィリエイト集客サービスなどを提供している、Web集客の専門会社です。

リスティング広告の運用・保守などはすべて、同社の中でも特に高いスキルを持つリスティング広告担当者が実施します。

同社はこれまでに数億円をリスティング広告に投じており、特に自社でも販売しているゴルフ関連商品に関しては、月額1500万円以上もの出稿経験があります。

こうした経験の積み重ねによって習得した豊富なノウハウをもとに、効率的で費用効果の高いリスティング広告を実現しています。

広告文の最適化や無駄なクリックの排除など、他社の手が回っていないところもしっかりと管理しています。

オプションで、月次レポートを作成してもらうこともできるため、担当者が手を抜いていないか確認することも可能です。

費用は決して安くはありませんが、それに見合った効果は期待できます。

アナグラム株式会社

URL:https://anagrams.jp/

特徴:2つのプランで多くのニーズに対応

費用:月額広告費用の20%

おすすめポイント:全国・全業種・多言語対応

アナグラム株式会社は、Web広告の作成・運用、コンサルティング、セミナーなどを行っている、Web広告の専門会社です。

本社は東京にありますが、サービスは全国・全業種(反社会的企業などは除く)対応してくれます。

現時点で、すでに美容、金融、保険、士業、システム、アパレル、広告代理店など、多業界での担当経験があります。

言語は日本語のほか、英語や中国語、韓国語などにも対応してくれます。

アナグラム株式会社の運用プランは、2種類あります。

1つ目は、クライアント保有のアカウントの運用を任せるもので、早期での結果が期待できます。

契約終了後もそのままアカウントを運用できるため、アカウント自体を資産化できます。社内担当者を一人前に育てたい場合に便利です。

2つ目は、アナグラムの保有するアカウント内で、リスティング広告を運用するというものです。

広告費がすぐに払えない企業向けです。自社のニーズに応じて使い分けると良いでしょう。

株式会社グラッドキューブ

URL:https://www.glad-cube.com/

特徴:一気通貫のサービス体系

費用:月額広告費の20%(初期費用無料)

おすすめポイント:優秀な2人サポート体制、多業種対応

株式会社グラッドキューブは、Google Premier Partner 認定の広告代理店です。

その他にもTwitterやFacebookの正規代理店にも認定されており、その実力は折り紙付きです。

同社は「デジタルマーケティング」を包括して提供する会社であり、サイト制作から広告運用、SNS運用、コンサルティングなどを一元的に提供することによって、サービスの連続性、費用対効果を高めています。

士業からサービス、物販、コンサルティングなど、幅広い業種に対応しています。

1社の顧客に対して、最低2名の担当者をつける体制が整っているため、クライアントは円滑にコミュニケーションが取れます。

営業日は、原則として24時間以内の電話対応が受けられるため、スピーディにサービスを展開したいクライアントにぴったりです。

ソウルドアウト株式会社

URL:https://www.sold-out.co.jp/

特徴:中小企業向けのデジタルマーケティングを提供

費用:月額5万円~

おすすめポイント:中小企業向けのサービス多数

ソウルドアウト株式会社は、中小企業向けの総合的なデジタルマーケティングを提供する会社です。

リスティング広告のみならず、SNS広告やSEO,計測ツール提供なども行っています。

全国21箇所に拠点を設置しており、成長意欲のある企業を効果的にサポートしています。具体的に広告をどのように運用していくかは、相談した上で決定します。

これまでに3000社以上と取引したノウハウが有るため、安心して任せられます。

株式会社バリューエージェント

URL:https://valueagent.co.jp/

特徴:一気通貫型のサービス体系

費用:初期費用6万円+月額広告費の約20%

おすすめポイント:少額の運用にも対応可能

バリューエージェントは、SEOを筆頭に、多方向のウェブマーケティングサービスを提供する会社です。

ホームページの作成、運用、無料診断、SEO対策など、Webマーケティングに必須となるサービスを、一気通貫で提供しています。

リスティング広告運用は、最低3ヶ月間から、広告費用15万円からの契約が可能なため、初めてリスティング広告を運用する際に最適です。

もちろん、他のリスティング広告代理店からの乗り換えにも対応しています。

Webサイトの改善に関するアドバイスも受けられるなど、サービスは総じて充実しています。

株式会社リスティングプラス

URL:https://ppc-master.jp/

特徴:運用担当全員が資格取得者&セミナー講師

費用:初期費用5万円(毎月先着3名は0円)+月額広告費の20%

おすすめポイント:リスティング広告とランディングページをまとめて改善

リスティングプラスは、他社にはない有用なサービスを多数提供している広告代理店です。

同社のサービスの最大の特徴は、リスティング広告と同時に、ランディングページを改善できることです。

ランディングページは、リスティング広告のリンク先であり、ユーザーにとっての入り口です。

いくらクリックを集めても、ランディングページに魅力がなければ売上は伸びず、広告費の無駄遣いになってしまいます。

リスティングプラスでは、リスティング広告とランディングページを合わせて改善することによって、高い費用対効果を実現しています。

運用担当者は、全員が人に教えられるレベルの資格取得者であるため、安心して重要な業務を任せられます。アカウントは3名のチームで管理されています。

株式会社リンクル

URL:https://rincrew.jp/

特徴:運用特化のリスティング広告代理店

費用:月額広告費の20%

おすすめポイント:業界別管理体制で業界に適したマーケティングを実現

株式会社リンクルは、リスティング広告を中心としたネットマーケティング会社です。

クライアントの売上成功率90%という実績と、専任コンサルタント制が大きな特徴です。

同社は、アウトバウンド営業を一切行わず、広告運用専任のメンバーが運用を行います。担当者には営業をやらせず、運用に専任させているわけです。

社内勉強会やセミナーなどによる積極的な人材育成も行っており、運用のプロを多数育てています。

また、業界別管理体制を敷いており、その業界に詳しい担当者がつくため、安心して任せられます。

まとめ

リスティング広告の代理店は多数ありますが、代理店ごとにその強みやサービスの内容は大きく異なることがご理解いただけたかと思います。

どの広告代理店にも、それぞれ長所がある一方、短所もあり、どこに任せておけば絶対に安心ということはありません。

リスティング広告は、広告代理店とともに運用していくものであるという意識を持ち、業務に当たりましょう。

[記事公開日]2018.08.15
[最終更新日]2018.10.04
[ライター]佐久間