インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

リスティング広告運用の仕事から次に目指す所はどこ?

リスティング広告運用の仕事から次に目指す所はどこ?

Webプロモーションにおいて、リスティング広告運用の仕事で多くの成果を出すことができた人が、次に目指すキャリアパスの可能性について書いていきます。

リスティング広告運用の仕事をしてきたのであれば、リスティング広告に関するスキルはもちろんのことですが、コミュニケーションスキル、マネジメントスキル、分析・リサーチスキル、LPO(ランディングページ最適化)、EPO(入力フォーム最適化)などについても習得していると思います。

これらのスキルは、Webマーケティング関連の職で活かすことができます。

リスティング広告コンサルタント

リスティング広告運用を行ってスキルを身に着けた後、運用代行ではなく、運用のコンサルティングを行うという方法があります。

リスティング広告運用のスキルはそのまま活かすことができますが、コンサルタントというからには、コミュニケーションが苦手な人には不向きとなります。

リスティング広告を行っていてもうまく機能していない企業のコンサルティングを行う仕事です。

例えば

  • クリック単価が下がらない
  • どのキーワードを選択していいかわからない
  • アクセスはあるのに売上が上がらない
  • 広告ランクが上がらない

などさまざまな悩みを解決していく仕事です。

コンサルタントの仕事も、個人事業主のままでも、独立起業した場合でも可能です。また、リスティング広告コンサルタントの会社に就職することも考えられます。

Webマーケッター

リスティング広告運用で実績を上げたのであれば、Webマーケッターを目指す可能性が考えられます。

WebマーケッターはWebサイトの認知、集客、売上増加を目指してさまざまな施策を行い、その効果を検証、改善し、商品やサービスが売れる仕組みを作る仕事を行います。

リスティング広告よりも幅広い広告の知識、Webマーケティング全般の知識を必要とします。

自社サイトでリスティング広告を運用していたWeb担当者の場合

自社サイトのWeb担当者であれば、ほぼWebマーケッター同様の業務をこなしている場合が多いと思います。

今後さらにスキルアップするには、リスティング広告以外にもディスプレイネットワーク広告、動画広告、メール広告、ネイティブ広告、リターゲティング広告など、さまざまな広告形態を習得することなどで、さらにいろいろな可能性を追求することができます。

個人事業主としてWebマーケッターの仕事をする場合

個人事業主としてリスティング広告運用代行を行っていた人は、個人事業主のまま、あるいは、法人化してWebマーケッターを目指す事が可能になります。

Webマーケッターは、SEO対策、各種インターネット広告、LPO、EFO、メールマーケティング、SMM(ソーシャルメディアマーケティング)などを行います。

リスティング広告やLPO・EFOについては、すでに習得されているはずです。

インターネット広告については、リスティング広告の他にもさまざまな広告がありますから、ディスプレイネットワーク広告、動画広告、メール広告、ネイティブ広告、など習得しておきたいものです。

また、インターネット広告の他、メールマガジンを使ったメールマーケティング、その中でもステップメールやプロダクトローンチの手法なども身に着けておくとよいでしょう。

また、SMM(ソーシャルメディアマーケティング)のスキルは必ず習得する必要があります。

Webマーケティング会社に就職する場合

リスティング広告で実績を上げた場合の次のステップとして、Webマーケティング会社に就職することが考えられます。

この場合は、上述した個人事業主としてWebマーケッターの仕事をする時と同じスキルを身に着けることは大切ですが、これまでのリスティング広告運用の実績を買われて採用に至るケースも十分にあります。

企業として活動する場合は、専門分野ごとに分担した仕事を請け負う場合もありますから、一つの分野に秀でたスキルを持っていることで優遇されることもあります。

Webコンサルタント

Webコンサルタントは、クライアントのWebプロモーションにおいて、設定した利益目標を達成するために、問題点を見つけ・原因を調査し・対策を立て、Webサイトの効果を最大限に引き出す役目を担っています。

Webコンサルタント会社に就職する場合は、Webマーケッターの場合と同様に、一つのスキルに特化した専門知識を持っていれば、それが強みとなり採用される可能性もあります。

ただし、Webコンサルタントの場合は、マーケッターよりもう少し幅広い仕事を行いますので、リスティング広告のスキルだけというよりは、できれば各種広告が扱えるか、Webマーケティング全般の知識を持っていると尚よいでしょう。

Webコンサルタントは、Webプロモーション全体に関わりますから、クライアントに信頼されて、良好な関係を築くことが非常に重要となります。

ですから、ヒアリングスキル・リーダーシップ・ネゴシエーションスキル・コミュニケーションスキルに代表されるヒューマンスキルが求められます。

積極的にセミナーや交流会などに参加して、日ごろから人脈を作る、人とのコミュニケーションや交渉を行うなどの活動を行っておくことをお勧めします。