インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

リスティング広告運用の仕事をするには?

リスティング広告運用の仕事をするには?

リスティング広告運用の仕事をするには、以下のようにいくつかの働き方があります。

  • 自社サイトのWeb担当者になり、マーケティングの一環として広告運用を行う
  • 個人事業主としてリスティング広告運用代行やWebマーケッターの仕事をする
  • Webコンサルティング会社やリスティング広告運用代行専門業者としてクライアントの商品やサービスのサイトの広告を運用する

自社サイトのWeb担当者

企業のWeb担当者は自社サイトの制作から運用までを行い、Webプロモーションによる収益を上げる責任を負っています。

企業内のWebプロデューサーのような役割ですが、多くの場合Webに関しては何でもやるという事が多いようです。

企画・制作、戦略、広告、分析、SNSと、制作からマーケティングまで幅広い仕事を一手に行いますから、すべてにおいて、専門知識を持つことは簡単なことではありません。

適宜アウトソーシングするなどして効率化を図りますが、チームとして全体をまとめ、運用の流れを把握しておく必要はあります。

広告に関しては、必ずしもリスティング広告だけを使うわけではないと思いますから、広告全般についての知識が必要となります。

Web担当者自身にネット広告の知識がある場合は、自身で作業を行うこともあるかもしれませんが、そうでない場合は、Webマーケッターやネット広告運用代行の会社に依頼することになります。

この場合、Web担当者の役割は、自社のWebプロモーションのコンセプトや、ターゲット、目標などを的確にWebマーケッターや広告代行会社に伝え、広告の規模、価格などについて交渉することです。

その場合でも、一通りの知識は備えておく必要があります。自社の要望はしっかり伝えた上で、専門家の意見はしっかり受け止めることが大切です。

リスティング広告運用代行やWebマーケッターの個人事業主

リスティング広告運用代行

個人事業主としてリスティング広告運用代行を行うには、まずリスティング広告運用のスキルを身に着ける必要があります。

習得は、書籍やネット上の情報を利用して行うことが可能です。

個人で行う場合には、まずはリスティング広告認定試験などを受けて、資格を取っておくと営業先での説得力が増すでしょう。

試験のための勉強をすることで、スキルも身に着きます。認定試験には下記の2種類があります。

Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定試験
試験は合格、不合格ではなく、TOEICのようにスコアでの結果が出ます。860点以上を獲得すると認定ロゴを名刺などでの使用することが許可されます。

出題範囲は、スポンサードサーチに関すること / Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)に関すること / Yahoo!プロモーション広告サービス全般 / マーケティング全般などになります。

AdWords 認定資格
AdWords基礎認定資格試験の他、次の5つ(検索広告、ディスプレイ広告、モバイル広告、動画広告、ショッピング広告)のいずれかの認定資格試験の 2 科目の試験に合格する必要があります。

合格ラインは80%以上となります。

合格すると、名前入り認定資格証明書(印刷可)や、合格した試験と取得した認定資格が表示される Google Partners プログラム公開プロフィールページを取得できます。

どちらも試験の準備ためのガイドが用意されていますので、その中の問題集などを利用して勉強することができます。

Webマーケティング

リスティング広告の運用はWebマーケティングの一部ですが、Webマーケッターとして活動しようとするのであれば、さらに幅広いマーケティングのスキルを習得する必要があります。

ネット広告については、すべてについて専門知識を持つのはむずかしいとしても、リスティング広告の他、ディスプレイ広告、SNS広告、アフィリエイト広告など、主要な広告についての知識は持ち合わせていたいものです。

その他、SEO対策、LPO、EFO、メールマーケティングなど、各種マーケティング手法も一通り習得する必要があります。

Webコンサルティング会社やリスティング広告運用代行専門業者

Webコンサルティング会社やリスティング広告運用代行専門の業者であれば、Yahoo!やGoogleの認定資格と取得していると就職もしやすくなるでしょう。

Yahoo!の場合はトップレベルのスコアを取得すると、プロフェッショナルのあかしとして、名刺等に資格者のロゴを入れることができます。

Googleの場合は、AdWords 認定資格を持つ所属メンバーが 1 名以上在籍していれば、所属代理店が Google Partner バッジまたは Google Partner プレミアバッジを取得できるようになります。

こうしたことで会社としての信用度を上げることができるので、就職の際、資格取得者は優遇される可能性がありますから、認定試験に挑戦してみるとよいでしょう。

また、その他に、もともとアフィリエイトを行っていてPPC広告などの経験があり、実績を上げたということであれば、その実績を元に自身をアピールすることもできます。

リスティング広告を始め、各種ネット広告は、ユーザーの行動ありきのことですから、机上の理論を勉強するだけでは経験できないこともありますから、自身で運営するECサイトなどがあれば、実際にリスティング広告運用を経験してみることをお勧めします。

需要は多いのでスキルを磨けば収入アップも

現在、リスティング広告運用の需要は多く、求人サイトなどを見ても、未経験者からエキスパートまで幅広い求人を見かけます。

当然のことながら実績やスキルのある人は報酬も高く、引く手あまたですから、まずはしっかり実績を積み、スキルアップして、より報酬の多い会社に転職をするという方法も一つの手です。

個人で仕事をする場合、仕事の報酬のすべてが手元に入りますから、ネット関連で需要の多い職種についている場合、能力のある人はかなりの収入を得る傾向があります。