インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

リスティング広告とは?

リスティング広告とは?

リスティング広告とは、ユーザーがYahoo!やGoogleなどの検索エンジンでキーワード検索をした際に、検索結果にそのキーワードに連動して表示される広告(検索連動型広告)です。

Yahoo!もGoogleも以前より広告スペースを縮小したようですが、概ね下記の場所に広告が表示されます。

検索エンジンのアルゴリズムの変更による検索順位の変動や、SEO対策を気にすることなく検索結果上位に表示されるため、多くの企業が利用しています。

現在、日本における主なリスティング広告媒体には「Yahoo!プロモーション広告」と「Google アドワーズ(AdWords)」があります。

Yahoo!プロモーション広告
Yahoo! Japanをはじめ、Live Search、日経ネット、フレッシュアイ、excite、All Aboutの提携パートナーサイトに掲載され、日本国内での検索シェアは1位となっています。
Google アドワーズ(AdWords)
Googleをはじめ、Goo、@nifty、BIGLOBE、AU one、Infoseek、livedoor、Aladdin、AOLなどの検索パートナーに掲載され、日本国内での検索シェアは2位となっています。また、Google Anatyticsと連動させることもでき、測定データが集めやすいです。

リスティング広告とPPC広告の違い

リスティング広告は、広告を掲載する時点では費用はかかりません。ユーザーがクリックすることにより初めて課金されます。これをPPC(Pay Per Click)広告と言います。

リスティング広告はPPC広告の一部ではありますが、厳密には同じものではなく、リスティング広告は、「検索結果に表示される広告」のことで、PPC広告は「クリック課金型広告全般」を指します。

リスティング広告の特徴

メリット

すぐに検索結果に表示できる
審査にかかる日数は、Googleアドワーズで約1営業日、Yahoo!プロモーション広告で約3営業日ほどで、審査に通ればすぐに広告を設定して、表示させることができます。

SEO対策の場合は、対策を行ってもすぐには結果が出ませんが、リスティング広告であれば、効果が早く出やすいというメリットがあります。

ターゲットを絞って表示させることができる
設定したキーワードで検索された場合に、広告が表示されるので、ニーズが明確な見込み客が流入しやすいです。
クリック課金なので費用をコントロールできる
クリック課金であるため、クリック単価や上限費用を設定することもできるので、低予算から始められ、コストパフォーマンスが測りやすくなっています。
いつでも停止や修正を行うことができる
特定の時間や日に広告を出したくない場合や、キーワードの追加、修正、削除などをいつでも行うことができるため、柔軟な対応が可能です。
データ分析が可能
広告の表示回数やクリック回数、かかった費用、コストパフォーマンスなどを管理できるので、広告の改善に役立てることができます。

Google アドワーズの場合は、Google Analyticsとの連携が可能なので、広告からの流入者の情報などもある程度把握することができます。

デメリット

掲載順位は広告ランクによって決まります。
広告ランクはYahoo!やGoogle独自のルールで決定しますが、概ね、入札単価や広告品質が大きな要素となります。

従って、少ない予算で効率良く結果を出すためには、リスティング広告運用には高いスキルが要求されます。

広告がきちんと表示されればSEO対策は必要ありませんが、広告ランクが低く、表示回数が少ない場合の対策として、SEO対策も併用しておいたほうが安全です。

クリック課金であることから、心無い人によって、興味のない広告をクリックだけされてしまう、いわゆる「クリック荒らし」に遭う場合もあります。
キーワードによってターゲットを絞っているため、キーワードの選定を間違えると無駄なインプレッションが発生し、全くクリック率が上がらない可能性がありますので、それなりのスキルを要求されます。
キーワード検索でユーザーが集まるため、顕在顧客の集客は可能ですが、潜在顧客へアプローチはしにくいです。

リスティング広告のシステム

クリック課金

リスティング広告は、ユーザーがクリックするごとに課金されるPPC(Pay Per Click)広告の一部です。

クリック単価は入札により決定

リスティング広告の単価は、入札形式で決まります。

管理画面に表示されている最低入札価格より高い価格で入札します。最低入札価格は、キーワードの人気度や入札者の数によって変動があり、人気キーワードで入札者が多いと価格は高くなります。

実際のクリック単価は自社の一つ下の順位の広告ランクにより決定されるため、入札した単価よりも低くなることもあり、必ずしも入札単価=クリック単価というわけではありません。

掲載順位はランクにより決定

同一キーワードの広告の掲載順は、広告ランクにより決定します。

広告ランクは、入札単価、推定クリック数、広告とリンク先ページの関連性、リンク先ページの使いやすさ、広告表示オプションなど併せて10段階で評価されます。

掲載順位を上げるためには、広告の品質(Yahoo!プロモーションの場合は「品質インデックス」、Googleアドワーズの場合は「品質スコア」)を上げることや、入札単価を上げること、リンク先ページの使いやすさを改善することなどが大切です。

メンテナンスが必要

リスティング広告は、審査が通って、広告が掲載されれば、それで安心というものではありません。

効果が認められるキーワード、認められないキーワード、無駄なインプレッションが発生していないか、競合の状況、掲載順位の推移、クリック数など、日々監視して、場合によっては調整を行う必要があります。

リスティング広告の審査について

最近は、以前より審査が厳しくなったと言われています。

例えば審査に落ちる場合、以下のような理由が挙げられます。

  • 「最高」「No.1」「世界一」「唯一」「日本初」など最上級表現、初めて表現、唯一表現などを使用している(ただし条件付きで可能な場合もある)
  • 出稿する広告とは関係ないキーワードを使用している
  • 健康食品や栄養食品などで、医療的な効能や効果を謳っている
  • タイトルや説明文とサイトの内容が異なる
  • サイトの出稿者の情報の不備
  • 使用不可記号などの使用
  • リンク先がエラー

時間を無駄にしないように、あらかじめ審査基準を調べておいて、細かい点にまで注意しながら出稿することが大切です。

これらのことは、最低限審査に通るための注意点ですが、広告との整合性やサイトの使いやすさなどに注力することにより、広告品質が高くなり、掲載順位を上げることにもつながります。