インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

リスティング広告に関する資格について

リスティング広告に関する資格について

Yahoo!プロモーション広告やGoogle AdWords(アドワーズ)には認定試験があり、合格するとYahoo!やGoogleから認定資格を得ることができます。

認定資格は、Yahoo!やGoogleがその技術力を公式に認定するためにあります。
当ページはそれらの資格を取得する方法やメリットなどをお伝えしてまいります。

認定資格を取得することのメリット

・試験のための勉強をすることで、技術や知識がしっかり身に着き、スキルアップできます。
・公式に技術が認められることで、クライアントからの信用度が増します。
・技術力が上がることで、リスティング広告運用の成果が出やすくなります。

認定試験の種類

リスティング広告の認定試験の種類には、、Yahoo!が提供する「Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定試験」とGoogleが提供する「AdWords認定資格試験」があります。

【Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定試験】

Yahoo!プロモーション広告によると

「Yahoo!プロモーション広告が提供するスポンサードサーチ、Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)の運用やコンサルティング、販売等に関わる方々を対象に、『Yahoo!プロモーション広告 プロフェッショナル認定試験』を提供しています。
トップレベルのスコアを取得された方には、プロフェッショナルのあかしとして、名刺等に利用可能なロゴをYahoo! JAPANより授与します。」

引用元:https://promotionalads.yahoo.co.jp/service/professional/

とのことです。

※この名刺用ロゴは、試験で860~1000のスコアを獲得すると授与されます。(有効期間は受験日より2年間)名刺などに利用できるロゴを授与とありますから、認定試験に合格している証をクライアントに披露できるので便利です。

試験のコース

基礎的な知識が問われる「ベーシックコース」、よりサービスの効果を上げるために必要な運用知識を問われる「アドバンスト」コースがあります。結果は「合格」「不合格」ではなく、スコアで表示されます。

<ベーシック>

内容:知識レベルを把握できる
出題数:60問
所要時間:60分

860-1000点 各サービスの特性と、各システムの詳細を理解しており、十分な知識を保有しているレベルです。
770-859点 各サービスやシステムを概ね理解しており、必要な知識を保有しているレベルです。
695-769点 各サービスやシステムの一部を理解しており、基本的な知識を保有しているレベルです。
200-694点 各サービスやシステムの名称や基本的な事柄を知っているレベルです。

<アドバンスト>

内容:運用力を把握できる
出題数:80問
所要時間:80分

860-1000点 各サービスの特性と、各システムの詳細を理解しており、どのサービスにおいても適切な対処により効果的な運用が可能なレベルです。
770-859点 各サービスやシステムを概ね理解しており、どのサービスにおいても基本的な運用が可能なレベルです。
695-769点 各サービスやシステムの一部を理解しており、運用が一部可能なレベルです。
200-694点 各サービスやシステムの名称や基本的な事柄を知っているレベルです。

<ベーシック・アドバンスト共通>

試験方法 CBT(コンピュータを利用した会場試験。プロメトリックによるPCを利用した試験)
試験会場 全国にあるプロメトリックの試験会場(47都道府県約100箇所)
対象者 Yahoo!プロモーション広告の運用を担当者および広告主、一般の人
出題分野 スポンサードサーチに関すること / Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)に関すること / Yahoo!プロモーション広告サービス全般 / マーケティング全般など
受験料 6,648円 (別途税金531円)
メリット 公式認定スコアシートの取得(受験者全員)、名刺などでの認定ロゴの使用等(スコア860点を取得した場合)

認定試験の準備

Yahoo!プロモーション広告では、試験のための学習をするコンテンツも用意されています。

レベル別広告運用コンテンツ(無料)
Yahoo!プロモーション広告公式ラーニングポータル(https://promotionalads.yahoo.co.jp/online/

オンライン講座
外部サイトが運営する試験対策講座です。

■「Yahoo!プロモーション広告 プロフェッショナル認定試験 対策講座(ベーシック)」
https://jissen.me/category_kouza_list/0003/kouza/C0000015/

■「Yahoo!プロモーション広告 プロフェッショナル認定試験 対策講座(アドバンスト)」
https://jissen.me/category_kouza_list/0003/kouza/C0000193/

練習問題
ベーシック、アドバンストともに練習問題が用意されています。

■ベーシック練習問題
https://s.yimg.jp/images/listing/pdfs/PromotionaladsProBasicPractice.pdf

■アドバンスト練習問題
https://s.yimg.jp/images/listing/pdfs/PromotionaladsProAdvancedPractice.pdf

【Google広告 認定資格】

Google 広告によると、

「Google 広告の認定資格は、Google 広告に関する基礎知識や応用力、実務能力に優れた個人を Google が公式に認定するものです。この認定資格を提示することで、Google に認められたオンライン広告のエキスパートであることを証明できます。」

引用元:https://support.google.com/google-ads/answer/9029201?hl=ja

とのことです。

受験資格

Google広告 認定試験を受験するには、Google Partners にログインしておく必要がありますので、まずはGoogle Partners プログラムへの申し込みを行います。

メリット

専門性をアピールできます。
自身の名前入り認定資格証明書(印刷可)や、合格した試験と取得した認定資格が表示される Google Partners プログラム公開プロフィール ページがあることにより、クライアントや見込み顧客に対して、オンライン広告掲載の専門知識があることのアピールになります。

所属代理店が Google Partner バッジ(またはプレミアバッジ)を取得できる
Google広告 認定資格を持つ所属メンバーが 1 名以上在籍していれば、所属代理店が Google Partner バッジまたは Google Partner プレミアバッジを取得できるようになります。Google広告 認定資格を持つ所属メンバーが 1 名以上在籍していれば、代理店がバッジを取得することができます。

試験内容

Adwords基礎認定資格試験の他、次の5つ(検索広告、ディスプレイ広告、モバイル広告、動画広告、ショッピング広告)のいずれかの認定資格試験の 2 科目の試験に合格する必要があります。

<Google広告の基礎>
オンライン広告掲載やGoogle広告の利点、キャンペーンの管理や最適化に関する効果的な設定方法など、基礎~中級レベルの知識。

<検索広告>
検索ネットワークで配信する検索広告キャンペーンの作成、管理、測定、最適化に関する効果的な設定方法など、基礎と高度な知識。

<ディスプレイ広告>
ディスプレイキャンペーンの作成、管理、測定、最適化に関する効果的な設定方法など、高度な知識。

<モバイル広告>
広告のフォーマット、単価設定、ターゲティング、キャンペーンの測定や最適化など。基礎と高度な知識。

<動画広告>
YouTubeやウェブに配信する動画広告キャンペーンの作成、管理、測定、最適化に関する効果的な設定方法など、基礎と高度な知識。

<ショッピング広告認定資格試験>
Merchant Centerアカウントと商品データフィードの作成、ショッピング キャンペーンの作成と管理など、基礎と高度な知識。

合格ライン  80%

認定資格の有効期間 12か月

Google広告の認定資格を維持するには、(1)「Google広告の基礎」理解度テスト、(2)次の5つ(検索広告、ディスプレイ広告、モバイル広告、動画広告、ショッピング広告)のうち、常に 2 つ以上の試験に合格している必要があります。

認定試験の準備

Google広告でも試験対策のガイドが用意されていますので、利用するとよいでしょう。

試験対策ガイド(https://support.google.com/partners/topic/3204437