インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

運用上手なリスティング広告マーケッターを目指す最新情報

Web広告の種類はたくさん存在します。メルマガ広告、バナー広告、SNS広告など数多くの広告媒体が存在する中でリスティング広告の運用は非常に難しく、多くの時間や小まめなデータ収集などの作業が必要となります。

リスティング広告の運用代行を行っている会社は数多く存在しますが、クライアントが望む結果が出せるリスティング広告運用代行会社は皆無に等しいのではないかと考えます。そのような事からWebマーケティングを行う上でリスティング広告の運用が得意な人は貴重な存在となり、Webマーケッターとしての需要は計り知れないと思われます。

当ページでは、運用上手なリスティング広告マーケッターを目指して頂く為の最新情報を掲載してまいります。

リスティング広告とは?

リスティング広告とは、ユーザーがYahoo!やGoogleなどの検索エンジンでキーワード検索をした際に、検索結果にそのキーワードに連動して表示される広告(検索連動型広告)です。Yahoo!もGoogleも以前より広告スペースを縮小したようですが、概ね下記の場所に広告が表示されます。検索エンジンのアルゴリズムの変更による検索順位の変動や、SEO対策を気にすることなく検索結果上位に表示されるため、多くの企業が利用しています。現在、日本における主なリスティング広告媒体には「Yahoo!プロモーション広告」と「Google アドワーズ(AdWords)」があります。

リスティング広告運用とはどんなことをするの?

リスティング広告は、ユーザーがキーワードで検索した際に検索エンジンの上部に表示される広告です。SEO対策を行うことなく、検索結果の上位に表示されますから、即効性のある集客方法になります。運用する前に、出稿段階での作業を誤ると費用や時間を無駄にすることになりますから、サイト側のチェックのポイント、広告運用作業とポイントと、二つに分けてご説明したいと思います。

リスティング広告運用の仕事をするには?

リスティング広告運用の仕事をするには、いくつかの働き方があります。「自社サイトのWeb担当者になり、マーケティングの一環として広告運用を行う」「個人事業主としてリスティング広告運用代行やWebマーケッターの仕事をする」「Webコンサルティング会社やリスティング広告運用代行専門業者としてクライアントの商品やサービスのサイトの広告を運用する」などが代表的な内容となります。

リスティング広告運用に必要なスキルは?

リスティング広告には、Yahoo!スポンサードサーチやGoogle AdWordsなどがあります。これらを運用して、リンク先となるサイトのコンバージョンを上げるためには、単にこれらの管理画面の設定の仕方を習得すればいいということではありません。リスティング広告を運用する職に就くためには、どのようなスキルが必要になるかについてご説明したいと思います。

リスティング広告に関する資格について

Yahoo!プロモーション広告やGoogle AdWords(アドワーズ)には認定試験があり、合格するとYahoo!やGoogleから認定資格を得ることができます。認定資格は、Yahoo!やGoogleがその技術力を公式に認定するためにあります。当ページはそれらの資格を取得する方法やメリットなどをお伝えしてまいります。

リスティング広告運用の仕事の平均月収と年収は?

リスティング広告運用の仕事を行うには、いくつかの働き方があります。「企業の中で自社サイトのWeb担当者になり、マーケティングの一環として広告運用を行う」「個人事業主として広告運用代行やWebマーケッターの仕事をする」「Webコンサルティング会社やリスティング広告運用代行専門業者として、クライアントの商品やサービスのサイトの広告を運用する」などになり、運用型の広告の市場はますます拡大しており、人手不足の状態は慢性化し、広告運用者は売り手市場となっています。しかし、一方で、リスティング広告運用の仕事は、単調で忍耐力のいる仕事ですから、離職する人も少なくないとも言われています。

リスティング広告運用の仕事の将来性は?

日本におけるリスティング広告はYahoo!(当時はOverture)とGoogle AdWordsが2002年に開始しました。これまでの広告とはまったく概念の異なる新しい広告であり、低予算から始めることができることから、広告主にとってはとてもありがたいものでした。リスティング広告を始めとするインターネット広告は、現在いろいろな配信形態の広告が登場し、純広告、新聞広告、雑誌広告、テレビ広告、など他の広告媒体に比べ、各段の差でその市場規模は拡大しています。電通が2017年2月に発表した調査によれば、「インターネット広告媒体費」は、1兆378億円と初めて1兆円を超えたとのことです。

リスティング広告運用の仕事から次に目指す所はどこ?

Webプロモーションにおいて、リスティング広告運用の仕事で多くの成果を出すことができた人が、次に目指すキャリアパスの可能性について書いていきます。リスティング広告運用の仕事をしてきたのであれば、リスティング広告に関するスキルはもちろんのことですが、コミュニケーションスキル、マネジメントスキル、分析・リサーチスキル、LPO(ランディングページ最適化)、EPO(入力フォーム最適化)などについても習得していると思います。これらのスキルは、Webマーケティング関連の職で活かすことができます。

リスティング広告運用の仕事に向き不向きな人

リスティング広告は運用型広告の一つです。運用型広告は、リアルタイムで調整をかけながら運用することができるため、結果を出しやすいという一方、運用者による結果の差が大きいと言える広告でもあります。ここではリスティング広告運用に向いている人、不向きな人について考えてみたいと思います。