インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

世界に羽ばたくWebマーケッターを目指す方への最新情報

商品やサービス等、商売というものは何もしなくても売れるというものではありません。その対象自体がよっぽど強烈な宣伝効果を持っているのであれば話は別ですが、基本的には商品やサービスを認知してもらい、それらを購入したり、申し込んで頂くなどをして頂かなければいけません。これら商品やサービス等を売れるように、また多くの方に認知して頂く為の施策をWeb上で展開することを「Webマーケティング」と呼びます。

Webマーケティングを表面的に説明すると

インターネットが生活の一部と言ってもいいほど普及した昨今、多くの企業がWebサイトを単に会社紹介として公開しているだけではなく、利益を生み出すためのビジネスツールとして利用するようになりました。数あるWebサイトの中で、確実にユーザーの目に留まるためには検索結果の上位に表示される必要があり、Webサイトを開いてもらえたら、今度は問い合わせ、資料請求、購入にまで導くことが重要です。このようにWeb上で物やサービスが売れる仕組みを作ることをWebマーケティングと言います。

Webマーケッターとはどんな職業?

生活の場にもビジネスの場にもインターネットが普及し、今やWebサイトはビジネスのツールの一つとなり、確実に利益を取れるようにするため、各社が競い合っています。Webサイトの認知、集客、売上増加を目指してさまざまな施策を行い、その効果を検証、改善し、商品やサービスが売れる仕組みを作ることをWebマーケティングと言い、それを行うのがWebマーケッターです。Webマーケッターは、Web担当者(略して、Web担)、Webマーケティング担当者と呼ばれることもあります。

Webマーケティングは、どこでどのように学べば良いの?

Webプロデューサー、Webマーケッター、Webコンサルタントなどを目指す人がそのスキルを身に着けるには、専門学校やスクール、オンラインスクールで学ぶ方法と、独学で学ぶ方法があります。Webマーケティングの世界は日々進化していますから、学校や独学で学ぶとしてもすぐに実践で役立つというものではありませんから、実際の現場で経験を積む必要があります。

Webマーケティングの種類について考えてみた

マーケティングとは商品やサービスを顧客に認知させ、利益増加を目指してさまざまな施策を行い、その効果を検証、改善し、商品やサービスが売れる仕組みを作ることを言います。一般的に広い意味でのマーケティングの中には、テレビCM、新聞、雑誌、チラシなどの紙面広告、インターネットマーケティング、口コミマーケティングなどがあり、Webマーケティングはインターネットマーケティングの中に含まれます。Webマーケティングは、主にWebサイトによる集客や利益増加を目的とした施策の事を言い、その他の一般的なマーケティングよりも数字が見えやすいため、効果測定が行いやすく、コストの調整も可能で、効果が出るまでの期間を非常に短くすることも可能です。

Webマーケッターの平均月収と年収について

これからWebマーケッターを目指したいと思っている人にとっては、気になる平均的な月収や年収についてご紹介いたします。WebマーケッターはWebサイトの認知、集客、売上増加を目指してさまざまな施策を行い、さらに効果検証、改善をすることにより、販売している商品やサービスが売れる仕組みを作る仕事をしています。近年、インターネット人口の増加と共に、WebプロデューサーやWebコンサルタント同様、Webマーケッターの需要も非常に高くなっており、有能なWebマーケッターであれば高い収入を得ることができます。

これからのWebマーケッターに必須なスキルとは

Webマーケッターの仕事はWebサイトの認知、集客、売上増加を目指してさまざまな施策を行い、その効果を検証、改善し、商品やサービスが売れる仕組みを作ることです。その仕組み作りは非常に計算された綿密さが必要になってまいります。1つでもバランスが崩れてしまうと長期的に安定した売り上げを上げて行く事は不可能なものとなります。

Webマーケッターの将来について考えてみよう!

Webマーケッターの将来について考える前に、まずはここ10年でWebマーケッティングがどのように変わってきたかを考えてみます。かつて、商品やサービスを宣伝するWebメディアと言えば、Webサイトやブログが主流でしたが、スマートフォンやタブレットなどのモバイル機器の登場、SNSの登場などにより、Webマーケティングの手法も大きく進化してきました。同時に、営業の仕方もかつてのような、数打てば当たるという不特定多数へのものから、Webマーケティングによって取得した見込み客をターゲットとした効率的な方法に変わってきました。ユーザーの購買行動は細かくリサーチされ、それに合わせたマーケティングを行うことが必須となりました。

Webマーケッターの次に目指す所はどこ?

WebマーケティングとはWebサイトの認知、集客、売上増加を目指してさまざまな施策を行い、その効果を検証、改善し、商品やサービスが売れる仕組みを作ることを言います。そして、それを行うのがWebマーケッターです。Webマーケッターとしてある程度のキャリアを積み上げて行くと、さらなるキャリアアップを目指すことも視野に入ってきます。これまでのキャリアパス、習得した知識、スキルなどにより、目指す方向性を見極めるのも一つの方法です。