インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

売り上げアップできるホームページ制作ソフト。macで使えるオススメを紹介

今回は売り上げアップできるホームページ制作ソフトの中で、macで使用できるオススメを紹介します。

またmac用の動画編集ソフトや画像編集ソフトも合わせて紹介します。

mac向けホームページ制作おすすめのソフト

以下、macでホームページを作成する際におすすめのソフトを説明していきます。

無料で使用できるソフトもありますし、有料のソフトもあります。

体験版もあるソフトもありますので、予算や用途に合わせて使用してみると良いでしょう。

iWeb(アイウェブ)

macを購入すると付属なのが、このiWeb(アイウェブ)です。mac用ホームページ作成ソフトとしては定番と言えるでしょう。

操作性は非常にシンプルで、慣れれば一番使い易いと言えるかもしれません。

SEOツールやデザインテンプレートの専用プラグインもアップルストアでダウンロードができます。

簡単にホームページを公開したい人には非常に向いていると言えるでしょう。

難点としては作成したサイトの保存される先がわかりにくい、作成したHTMLファイルの確認と操作ができない点が挙げられるでしょう。

Adobe Dreamweaver(アドビ ドリームウィーバー)

URL:http://www.adobe.com/jp/products/dreamweaver.html

初心者でも簡単に作成できます。Adobe特有の管理編集画面等の操作に慣れれば、とても使い易いと言えます。

プロのWeb制作の現場でも標準的に使用されるソフトなので、ビジネス用としても十分に活用できるでしょう。

あらかじめ準備されたテンプレートでサイトを構築していく場合は、時間も短縮でき、使い勝手が非常に良いと言えます。

個人向けのCreative Cloud単体プランで2180円/月、個人版でコンプリートプランは4980円/月となっています。学割や体験プランもあります。

BiND for WebLiFE(バインド フォー ライフ)

こちらもMac用のホームページ作成サイトとしては、定番ともいえるソフトです。

サイト編集をより簡単に効率的に作成できるスマートモードというものがあり、WordPressにも連携している点が特徴です。

より細かいデザインにもこだわる人には、CSS詳細設定機能もあり、初心者からプロまで、ユーザーのスタイルに合わせて作成ができます。

直感的に制作したいという人にもおすすめです。

Rapid Weaver4(ラピッドウィーバー4)

URL:https://www.realmacsoftware.com/rapidweaver/

初心者から、中級者まで自分の思い通りに作成したい人向けのソフトです。iPhotoライブラリからオンラインスライドショーを作ることができます。

準備されたテンプレートで短時間で作成したい初心者に向いているでしょう。

Freeway Express 5(フリーウェイ エクスプレス5)

初心者向けで、テンプレートから、使いたい画像とテキストを配置したい場所にドラッグ&ドロップで配置するだけというシンプルで使いやすいことが特徴です。

PNG、JPEG、GIF等多様なファイル形式で画像を読み込めます。

Coda(コーダ)

URL:https://panic.com/jp/coda/

App Storeでダウンロードが可能で、サイトのコーディング用アプリです。機能を開設する電子書籍版の日本語訳を無料でダウンロードできます。

不明な点があったら、ツイッター、過去の質問記事、直接Eメールでの問い合わせが可能です。

mac向けおすすめ画像編集ソフト

ホームページ作成の際に便利なフリーで使用できる画像編集ソフトとその特徴を紹介していきます。

Pixir

URL:https://pixlr.com/

画像の切り抜きやぼかし、図形やテキスト挿入等、画像編集機能に必要なものは全て揃っています。

英語表記ではありますが、アイコン表示をみれば編集はできます。

Photoshopと同等の画像編集機能が揃っているので、高品質な編集が可能です。

iMagic Tools

Macのパソコンにデフォルトで入っていることも多い編集アプリです。

リサイズやリネーム、ウォーターマークの挿入等を一括で処理をしてくれます。

複数枚の編集も可能で、様々なパターンの画像の編集ができるので、非常に使い勝手が良いと言えるでしょう。

ToyViewer

JPG、EPS、PDF等だけではなく、GIF、TIFF等の専用アプリが必要な形式にも対応していますので、ダウンロードしておくと非常に便利だと言えるでしょう。

日本語にも対応していて、直感的に使用ができますし、インスタグラムのようにおしゃれな加工も高品質にできる点もおすすめです。

 

mac向けおすすめ動画編集ソフト

最近はホームページに動画を組み込む企業が増えています。

動画はユーザーへの訴求効果に優れており、今後売り上げアップには欠かせないツールになっていくでしょう。

以下おすすめのmac用動画編集ソフトをまとめました。

iMovie

URL:https://www.apple.com/jp/imovie/

macに標準搭載の動画編集アプリで、iPhotoやiTunesとスムーズに連動できるので、編集がしやすいです。

パソコンに搭載されているカメラで録画ができますし、外部カメラの動画を取り込むこともできます。初心者には十分な編集機能といえるでしょう。

何から使用したらよいかわからない人はまずiMovieから使用してみることをおすすめします。

Video Pad

URL:http://www.nchsoftware.com/videopad/jp/index.html

iMovieとよく似た機能の編集ソフトです。

windowsでも使用が可能で、Macと両方で使用したいユーザーは活用しやすいでしょう。誰でもプロ級の動画作品が作成できる人気のソフトです。

特殊効果や切り替え効果の種類が豊富で、初心者でも本格的な編集が可能になっており、FacebookやYouTubeへの投稿も簡単にできる点も特徴的です。

ソフトのインストールから30日間は全機能を無料で使用できます。

その後も無料で使用する場合は、家庭で使用するなどの非営利が条件となります。

Moso

URL:https://moso.softonic.jp/mac

こちらも初心者向けの動画編集ソフトです。動画作成後、ワンクリックでYouTubeやFacebook、Twitterに投稿することが可能です。

長時間ではなく、ショートムービー向けですが、100種類以上のエフェクトを利用できることや、プレゼン動画、商品、サービスの紹介、ビデオレター等に使用する際にはとても向いているでしょう。

独自のリアルタイムレコーディング技術で従来の映像編集で時間がかかる作業を素早く行えるのが特徴です。

エフェクト機能はアニメ調の映像効果や文字に動きをつけて表示ができるモーションテキストの種類も、50種類以上が使用できます。また音楽の挿入も簡単にできます。

とにかく簡単に動画をつくってアップしたいひとにはおすすめです。

 

売り上げアップのためのホームページ制作の注意点

上述のソフトを使用して、ホームページを作成する際に注意したい点は、ホームページをソフトで綺麗に制作したからといって「必ずしも売れる」というわけではないということです。

もちろん綺麗に制作するに越したことはありませんが、ソフトはあくまでツールであり、ユーザーはホームページを通して、自分の悩みの解決や欲望が達成できるかどうかを良く見ています。

したがってホームページの中身が重要であり、コンテンツがより重要だという点は忘れないようにしたいものです。

編集ソフトはあくまでもツールであり、ホームページの中身をより引き立てるものです。

売り上げアップのためには、ユーザー目線で、ユーザーが何を望んでいるかを的確につかむことが一番重要であることはいうまでもありません。

その上でいかにホームページにその情報を反映させるかを意識して制作していきましょう。

[記事公開日]2017.12.06
[最終更新日]2018.10.04
[ライター]ワカさん