インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

jQueryとは?初心者Webデザイナーのために特徴や機能を解説!

初心者Webデザイナーにとって、避けて通れないのがJavaScriptです。HTMLやCSSと比べて、JavaScriptに苦手意識を持っている人は少なくありません。

そんなJavaScriptに苦手意識がある初心者Webデザイナーに役立つのが、jQueryです。

動きのあるWebサイト制作に欠かせないjQuery の特徴や機能、jQueryとは何かについて解説しています。

jQueryの基礎知識

jQuery(ジェイクエリ)とは、Web制作で使用するJavaScriptライブラリのことです。

Webサイトを作るためには、HTMLやCSS、JavaScriptなどの言語が必須です。

その中でJavaScriptは、HTMLやCSSと比べて、コードが複雑でできることも幅広く、難しいイメージがあります。

jQueryは、Web制作に役立つJavaScriptのライブラリで、よく使われるJavaScriptの機能がまとめられていて、普通にJavaScriptのコードを書くより短いコードで実装できる、というメリットがあります。

jQueryを利用すれば、JavaScriptが苦手な初心者Webデザイナーでも、簡単に人気のJavaScriptを実装できるようになるのです。

 jQueryとJavaScriptの違い

jQueryとJavaScriptは全くの別物です。

JavaScriptはプログラミング言語のことを指し、jQueryはJavaScriptを集めたライブラリのことを指します。

つまり、jQueryは、JavaScriptというプログラミング言語を、より便利に扱うために役立つツールの一種と言えます。

jQuery がなくてもJavaScriptは書けますが、JavaScriptがなければjQueryは成り立ちません。

 様々なメリットがあるjQuery

JavaScriptを理解していれば、jQueryを利用する必要はないように思えますが、jQueryにはさまざまなメリットがあります。

簡単なコードで実装できる

JavaScriptをそのまま記述するより、jQueryのコードを使った方が短くて簡単に実装することができます。

JavaScriptを使うと何行もかかるコードも、jQueryを利用すれば1行で収まるということもあります。

データの軽量化やコードのわかりやすさにもつながるため、処理が複雑になるほど、この点は大きなメリットになります。

ブラウザ間の互換性を高める

JavaScriptのデメリットは、ブラウザやバージョンの違いによって、正しく動作しないことです。

jQueryは、そんなJavaScriptの弱点を解消し、どのような環境でも動作するという強みがあります。

ブラウザやバージョンなどの環境に依存せずに、実装したい動作を正しい状態で反映できるのは、jQueryならではのメリットと言えます。

ユーザーが多いので情報を探しやすい

いまやjQueryは、Webサイト制作に無くてはならないツールになっています。

多くのユーザーがjQueryを利用しているので、jQueryに関する解説やコミュニティも活発です。

JavaScriptやjQueryに不慣れな初心者Webデザイナーでも、検索すれば問題を解決しやすいのは助かります。

 jQueryのデメリット

便利なjQueryですが、デメリットもいくつかあります。

読み込みに時間がかかる

JavaScriptでそのまま記述したコードと、jQueryを利用したものでは、jQueryの方が読み込みに時間がかかります。

jQueryのプラグインの数が大きければ大きいほど、読み込み時間は増えていきます。

さらに、プラグイン同士が干渉してエラーが起きる場合もあり、jQueryの多用は、思わぬトラブルにつながる可能性もあります。

JavaScriptを知らないとコードがカオスになることも

jQueryは正しく使えば非常に便利なツールです。

しかし、JavaScriptの基本的な知識がないままjQueryを多用していると、コードのカオス化につながります。

JavaScriptの知識がない初心者Webデザイナーが陥りがちな失敗として、古い情報や誤ったjQueryのコードを、そのまま利用してしまうということがあります。

JavaScriptの知識がないと、jQueryの誤りもわからないため、トラブルの原因も発見できないという事態になってしまうのです。

バージョンによってはセキュリティに不安も

jQueryを利用する際は、開発環境にも注意が必要です。

旧バージョンのままjQueryを利用していると、セキュリティの脆弱性という危険があります。

常に、最新のバージョンにアップデートしていれば問題はほとんどありませんが、自分のjQueryの環境については要注意です。

jQueryで何ができる?

jQueryを活用することで、Web制作の幅が広がります。

HTMLやCSSでは難しい動作も、jQueryの記述を使えば簡単に見栄えのするページを作ることができます。

動きのあるページ作り

jQueryには、ユーザーの目を惹くような様々な仕掛けの機能があります。

jQueryを利用すれば、アニメーションや色の変更、レイアウトの可変など、様々な動きを与えることができます。

HTMLやCSSは、Webページのレイアウトに特化した言語なので、動的コンテンツの作成には不向きです。

HTMLやCSSでもある程度の動きを付けることができますが、jQueryを利用すれば、どのブラウザでも関係なく、スムーズに動的コンテンツの作成が可能になります。

画像関連のさまざまな処理

Webページ上に表示される画像の処理も、jQueryにおまかせです。

画像のズームやエフェクト処理、スライド作成など、jQueryには様々な画像処理のバリエーションがあります。

画像処理は、初心者Webデザイナーにとっては難易度が高いと思われがちですが、jQueryを利用すれば複雑な画像処理も簡単に導入できるため、見栄えのするページを作れます。

グラフやチャートの生成

グラフやチャートを使ってデータを可視化すると、内容がわかりやすくなり、ユーザービリティの向上にも繋がります。

面倒なグラフやチャートも、jQueryがあれば簡単に導入することが可能で、アニメーションで動きのあるデータも作れます。

ただ画像で表示するより、さらに効果的な表現ができます。

まとめ

jQueryとは、Webデザインに欠かせないツールのひとつです。

初心者Webデザイナーこそ、積極的にjQueryを活用することをおすすめします。

ある程度のJavaScriptの知識は必要ですが、Web制作の幅を広げるために、jQueryが非常に役立ちます。

積極的にjQueryを取り入れて、魅力あるWebサイトを作りましょう!

[記事公開日]2018.07.09
[最終更新日]2018.10.04
[ライター]首藤