インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

JavaScriptとは何か?Webデザイナー初心者にもわかりやすく解説!

Webデザイナー初心者の方の中には、JavaScriptの仕組みやメリットがいまいちわからないという方も多いのではないでしょうか。

JavaScriptは汎用性が広く、さまざまな場面で活躍する言語のひとつです。JavaScriptとは何か、Webデザイナーにとってのメリットなどについて解説します。

JavaScriptとは?

JavaScriptとは、プログラミング言語のひとつで、名前が似ていますがJavaとは全く異なる言語です。JavaScriptとは特にアプリ開発に人気の言語です。

JavaScriptは、あらゆるデバイスやWebサービスに組み込まれており、今や私たちの生活に欠かせません。

WebアプリやWebサービスを開発するには欠かせない言語として、幅広い現場で使われています。

JavaScriptの便利な点は、ブラウザで行うクライアント処理と、データベースを参照するサーバーサイドの処理の両方が利用できることです。

その特徴を生かして、WebアプリやWebサービスに留まらず、IoT分野やAI開発などにもJavaScriptは活躍しています。

JavaScriptでできること

JavaScriptは、動きのあるWebページを作るのに欠かせない言語です。

HTMLやCSSはデザインを作るために必要なWebデザイナーのスキルですが、JavaScriptはデザインしたページにさらに動きを与えるために必要なスキルです。

今はWebデザイナー初心者の方も、いずれ多くのWebデザインでJavaScriptを利用することになるでしょう。

JavaScriptでできる主な機能は、以下のようなものです。

マウスを使ったイベント処理

ボタンをクリックしたり、画像にマウスオーバーした時など、その時の条件に応じたイベント処理が可能です。

たとえば、ボタンを押した時に注意を促すポップアップウインドウは、JavaScriptで作れる最も基本的なイベント処理です。

 Ajax

Ajaxは、Asynchronous JavaScript + XMLの略です。

JavaScriptとXMLを使い、ページを移動することなくデータの差分だけ更新できる、非同期通信が可能になります。

Ajaxを使ったアプリケーションで最も有名なのがGoogleマップです。

Googleマップのように、ページを更新せず、動かした分だけ更新されていく機能は、JavaScriptがベースとなっています。

Cookie管理

パスワードやログイン情報などを自動入力できるようにするには、Cookieを使用します。CookieはJavaScriptで制御されており、様々なWebサイトで導入されています。

また、ショップングサイトなどでカートに商品を入れてページを移動しても、一定時間はカートに商品が入ったままにできるという機能も、Cookieのおかげです。

JavaScriptのデメリット

なんでも作れるように思えるJavaScriptですが、もちろんデメリットもあります。

JavaScriptを使う上では、これらのデメリットを知っておく必要があります。

環境によってJavaScriptの動作が異なる

JavaScriptをつかう上で最も大きなデメリットと言えるのが、ブラウザの環境によって動作が異なるという点です。

基本的にはJavaScriptという同一の言語で書かれているので大きく動作が異なるという事はありません。しかし、使用するブラウザによって、JavaScriptが作動しないというケースはよくあります。

そのため、JavaScriptを使って開発したWebページは、複数のブラウザでテストする必要があります。

進化が早いため最新のバージョンしか動作しないことも

JavaScriptは、非常に進化の早い言語です。そのため、同じブラウザであっても、バージョンによっては対応しないケースがあります。

最新バージョンのブラウザに合わせて記述されたJavaScriptは、前のバージョンでは動かないというトラブルは、JavaScriptの開発につきものです。

こうしたトラブルを避けるためには、どのバージョンに合わせて開発するかを明確にしておくことです。

SEOで不利になるケースがある

Webページを開発するには、HTMLやCSSを用いるのが基本です。HTMLやCSSだけのWebページはシンプルな構文のため、サイトの構造がわかりやすくなります。

しかし、JavaScriptは、前述したように環境やバージョンによって動作しないことがあり、ユーザーにとって好ましくありません。

そのため、検索エンジンから見るとアクセシビリティの観点からわかりづらいと判断されがちです。あまりJavaScriptを多用したWebデザインを行うと、SEOが不利になってしまうことがあります。

しかし、将来的にJavaScriptを使うことでユーザーのアクセシビリティが向上するのであれば、逆にSEOで有利になる可能性もあります。

ユーザーの利便性を高めるためにJavaScriptが役立つのであれば、特に問題はないでしょう。

WebデザイナーにJavaScript の知識は必要?

Webデザイナーの仕事は、デザインだけでなく、プログラミング言語を扱うこともよくあります。

HTMLやCSSには自信があっても、JavaScriptは苦手という方も多いのではないでしょうか。

しかし、Webデザイナーとしてスキルアップを目指すうえで、JavaScriptを使いこなせるようにならなければいけないかというと、意外とそうでもありません。

JavaScriptの基礎を理解して、jQueryを使える程度のスキルがあれば、Webデザイナーとして活躍するには十分です。

WebデザイナーがJavaScriptを学ぶ理由

Webデザイナーが本格的なJavaScriptのスキルを持っていなくても仕事はできますが、JavaScriptを学ぶことで、できることの幅が広がります。

Webデザイナーはデザインに特化した仕事というイメージがあるため、JavaScriptを書けるというのは大きな強みになります。

たとえば、JavaScriptが書ければ「どこまでJavaScriptで表現できるか」という事が自分でわかるため、デザインする上で非常に役立ちます。

また、クライアントやチームにイメージを共有する時も、デザインだけでなく実際に動作している場面を作成できると、わかりやすさが段違いです。

自分の仕事のレベルをステップアップさせるためにも、JavaScriptの知識はあればあるほど役立ちます。

JavaScriptの勉強方法

これからJavaScriptを学びたいというWebデザイナーの方におすすめしたいのが、プログラミング学習サイトを活用した学習法です。

インターネット上には、様々なオンライン学習サイトがありまして、特にプログラムを学べるサイトは非常に多いです。

3分間の動画でプログラミングを学べる「ドットインストール」https://dotinstall.com/)や、サンプルを実際に動かしながら学べる「とほほのWWW入門」http://www.tohoho-web.com/js/start.htm)など、初心者向けのサイトもあります。

 

※プログラミングが学べるサイトについて、こちらの記事にも詳しく書かれています。

>>Webプログラミングについて無料で学べるサイトやスクールの紹介

 

プログラミング学習サイトを利用するメリットは、実際にJavaScriptを作って、その動作を見ながら学ぶことができるため、独学よりスキルが早く身につくことです。

様々なオンライン学習サイトの中から、自分に合ったサイトを見つけましょう。

まとめ

JavaScriptは、Webデザインに欠かせない言語です。

Webプログラマーのような本格的な知識までは必要ありませんが、JavaScriptができると業務効率がアップします。

JavaScriptはデメリットもありますが、非常に可能性の大きな言語です。

Webデザイナーとしてスキルアップしたい方は、是非JavaScriptのスキルを身に着けることをおすすめします。

[記事公開日]2018.05.02
[最終更新日]2018.10.04
[ライター]首藤