インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

Webデザイナーの次に目指す所はどこ?

Webデザイナーの次に目指す所はどこ?

Webデザイナーとしてある程度のキャリアを積み上げて行くと、ワンランクキャリアアップの可能性が見えてきます。次に目指すキャリアとしては、フロントエンドエンジニアや、バックエンドエンジニアなどエンジニア系に進む道と、Webディレクターとしてマネジメント系に進む道があります。

Webデザイナーがエンジニアになるためには、多くの場合プログラミングを1から習得しなければなりません。

しかし、Webディレクターであれば少なくとも仕事の流れは理解できると思いますのでWebデザイナーにとってはより入りやすい職種です。

ここでは、Webデザイナーのキャリアアップの道として、企画、デザインからコーディングやプログラミングの基礎知識からヒューマンスキルまで幅広い知識が要求されるWebディレクターの仕事について考えてみます。

Webディレクターの仕事とはどんなもの?

Webディレクターはサイト立ち上げが決まった時点でスタッフを集め、制作スケジュールや予算管理、クライアントとの交渉、デザイナー、コーダー、プログラマーへの指示など、交渉力やコミュニケーション力、リーダーシップ力が問われます。

制作スケジュールを作るには、各作業担当者に必要な時間を問い合わせると共に、担当者のスキルも把握していなければなりません。そして、言うまでもなく、各作業を取りまとめるために一通り作業を理解している必要がありますから、Webデザイナーの経験を生かすことができる業務です。

Webディレクターは各担当者が同じ社内にいる場合、ミーティングを招集したり、ChatworkやTalknoteなどのグループチャットシステムを利用して各担当の作業の進捗や連携状況、問題点などを確認します。

業務委託などで、各担当者が社外の別々の場所で作業を行う場合は、スカイプやGoogle hangout、グループチャットシステムなどを利用してコミュニケーションを取ります。特にチャットシステムは会話の内容が文字として残るため、後から確認したい時にも便利です。

Webディレクターに必要なスキル

WebディレクターはWebサイトの制作が順調に進むために、各担当者を取りまとめ、時にはクライアントからの無理な要望を担当者にお願いしたり、クライアントの方向性が違ってきてしまった場合は修正したり、とその仕事は多岐に渡ります。

また、各作業を監督管理するために、スケジュール管理、タスク管理などのソフトを使いこなせること、コンテンツの企画やサイトの運営のスキルまで問われます。

Webディレクターに必要なスキル

Webディレクターは基本的には以下のようなスキルが要求されます。

1)技術的なスキル

  • デザイン作成のフローやグラフィックソフトの知識
  • HTMLマークアップの知識(HTMLやCSSなど)
  • フロントエンドエンジニア、バックエンドエンジニアが使う言葉の知識や基本的な意味
  • サーバー・FTPの一般的な知識
  • 管理ソフト、ビデオ通話やチャットシステムを使用できるスキル

2)ヒューマンスキル

  • ヒアリング
  • リーダーシップ
  • 交渉力・説得力
  • 成長意欲
  • ロジカルシンキング

3)企画力・提案力

  • 企画力
  • 提案力
  • 企画や提案を形にするためのドキュメント作成スキル

4)マーケティングスキル

  • 基本的なSEO対策の知識とそのトレンド
  • アクセス解析の知識
  • Webサイト運営に必要な広告宣伝の知識
  • リサーチスキル

この中で、ヒューマンスキルの、リーダーシップ、交渉力・説得力、ロジカルシンキングなどは勉強するだけでできるものではありませんから、とかくパソコンとばかり向き合いがちのWebデザイナーがWebディレクターをめざす場合は、常日頃から人とコミュニケーションを取ることや問題を解決する交渉術を意識しておくようにしたいものです。

Webデザイナーは主にAdobe社のソフトをメインに使用しています。

一方、Webディレクターは、スケジュールやタスク管理のソフト、スカイプやGoogle hangout、チャットワークやTalknoteといったビデオ通話やビジネスチャットシステムなどを使いこなし、また、クライアントにわかりやすくプレゼンテーションを行うための資料を作成できるスキルも要求されます。

また、クライアントと良好な関係を築くためには、クライアントの意向を尊重しつつ、企画、提案もできる能力が必要です。
完成したサイトを長期に渡って運営する場合もありますから、アクセス解析、広告、他社の動向をリサーチするなどマーケティングのスキルも習得しておきたいところです。

Webディレクターの年収

Webデザイナーの年収は300万円~400万円と言われていますが、Webディレクターはおよそ450万円~550万円と言われています。それはWebデザイナーよりも幅広い知識やスキルが要求されるからに他なりません。

しかし、その年収にも幅があり、スキルにより多い人では1000万円を超える場合もあります。

また、大型案件ばかり扱う大手の広告代理店では、Webディレクターの責任も重くなり、それに比例して年収も高めになりますが、小中規模のWeb制作会社は案件自体がそれほど大きくなく、予算も限られていますので、Webディレクターの年収も低めになります。

Webディレクターがキャリアアップする場合は?

Webディレクターの次に目指す道としては、Webプロデューサーという職種があります。Webディレクターより上であるということはもちろんWebディレクターに要求されるスキルはすべて兼ね備えている必要があります。

Webサイト全体を統括する役割を果たします。とはいえ、Webディレクターとの明確な線引きがあるわけではないので、「案件の責任者」のような立場だと考えてもよろしいでしょう。当然、Webディレクターよりは年収もアップします。多い人では1300万円を超える場合もありますが平均的には500万円~600万円くらいと言われています。

小規模なWeb制作会社ではWebプロデューサーまで配置しているところはそれほど多くはありません。

最近では、Webデザイナーであってもマルチなスキルが要求されるようになってきました。ですので、幅広い知識とスキルを磨くことによってWebディレクターへの道が開けてきます。Webディレクターを目指すのであれば、Webデザイナーとして仕事をしている間も、ディレクターが作成する企画資料やスケジュール管理表がどのようなものか、クライアントや各担当者とどのようなやりとりを行っているかなどをよく観察しておくとよいでしょう。