インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

初心者は必見!Webデザイナーに必要なスキルを効率よく勉強する方法

初心者は必見!Webデザイナーに必要なスキルを効率よく勉強する方法

Webデザイナーをめざす人がそのスキルを身に着けるには、大学・短期大学や各種スクールで勉強する方法と、独学で勉強する方法があります。

これから進路を決める高校生なのか、別の職業についていて働きながらWebデザインを学ぶのか、すでにデザイン事務所に所属していて、いずれ個人事業主として独立してWebデザイナーとして仕事をするのかなど、それぞれの環境によっても選択肢が異なります。

ここでは、Webデザインを勉強するための学校やスクールをご紹介します。

Webデザイナーの仕事内容は?

Webデザイナーの仕事は、働く環境、立場によってさまざまです。

  • Web制作会社で働く場合
  • インハウスWebデザイナーとして仕事をする場合
  • 規模の小さい会社のWeb担当として、Webサイト制作を含むWebに関する総合的な仕事をする場合
  • 個人で事業を行っている人のように、一人で企画から制作、マーケティングまで行う場合

などがあります。

デザインのみを行う

Web制作会社で働く場合、作業が細かく分業となっていることが多いです

PhotoshopやIllustratorでデザインのみを行い、コーディング担当者に渡すまでを担当します。この場合、HTMLの知識はなくても可能です。

ただし、コーディングの基礎知識を持っていることで、よりデザインがしやすい面はありますので、可能であれば基礎的なコーディング知識を持ち合わせていると良いでしょう。

デザイン+コーディングを行う

主に、規模の小さい会社のインハウスWebデザイナーや、個人で活動しているWebデザイナーの場合は、デザインもコーディングも一手に引き受けます。

持ち合わせているスキルにもよりますが、コーディングといっても専門的なプログラミングまでは行わず、フロントエンドの作業までのことが多いです。

企画+デザイン+コーディング+マーケティング

個人で活動されているWebデザイナーの中には、他社との差別化をするために、デザインや制作のみならず、マーケティングまで担当する場合もあります。

この場合、Webデザイナーと言うよりは、Webコンサルタントと名乗っていることもありますが、Web制作をメインとしている場合はWebデザイナーの範疇に入ります。

Webデザイナーになるために身につけておくべきスキル

Webデザイナーを目指す方が身につけておくべきスキルは、働く会社によって異なります。

もちろん未経験でも仕事を探すこともできますが、就職後1から勉強することになりますから、可能であれば最低限のWebデザインとコーディングの勉強はしておきましょう。

しかし、個人事業主として活動する場合は、それだけではなかなか仕事に結びつくことが厳しくなっています。

身に着けるスキルが多ければ多いほど、いい条件での就職、転職もかないますから、ここでご紹介するスキルをできるだけ身につけておくとよいでしょう。

デザイン

デザインの勉強はとても漠然としていてわかりにくいと思いますが、おおむね以下のような点を意識して勉強するとよいでしょう。

■Webデザイン特有のレイアウトについて

■色彩について(相性のいい色、悪い色、色の使い方、色による効果など)

■最近のデザインや色のトレンドを研究する

コーディング

HTML、CSSの知識は、机上の勉強だけではわかりにくいところも多いものです。

タグを暗記するだけではなく、HTMLの構造、ルール、各種スクリプト、SNSとの連携など身に着けるべきスキルは多岐に渡ります。

また、HTMLやCSSは、時代と共に新しいバージョンが登場しますから、常に最新の情報を取り入れる姿勢も大切です。

専門的なプログラミングはエンジニアに任せることもできますが、最近よく使われるjQueryの知識は身につけておく必要があります。

jQueryについては、1からコーディングしなくても、ネット上のスクリプトをカスタマイズできるレベルにはしておきたいものです。

CMS(特にWORDPRESS)

最近では、CMSによるWebサイト作成も多く行われています。

CMSの中でもWORDPRESSはテンプレートも多く、一番人気がありますので、WORDPRESSのスキルも身に着けておくことをお勧めします。

WORDPRESSは、テンプレートをそのまま使用するというレベルから、自作テンプレートを作ってカスタマイズできるレベルまでさまざまですが、まずは、既存のテンプレートをカスタマイズできるレベルにはしておきましょう。

売れるWebサイトを提案できるスキル

もし、個人で活動されているWebデザイナーであれば、他との差別化を図るために、単にクライアントの要求を形にするだけではなく、

売れるWebサイトを提案できるスキルを身に着けるとよいでしょう。

具体的には

  • セールスコピーライティングのスキル
  • マーケティングのスキル
  • 企画力、提案力、プレゼン力を身に着ける
  • ランディングページ制作スキル

などを身に着けることをお勧めします。

特に、ランディングページは、通常のWebサイトとはデザインやレイアウト、用途が異なりますから、Webサイト制作の勉強とは別に行う必要があります。

Webデザイナーになるための選択肢

大学・短期大学でWebデザインを勉強する

Webデザイナーになるための学科が設けられている大学は、美術・芸術系の大学、工業系の大学、情報・メディア系の学科のある大学などがあります。

美術・芸術系の大学でWebデザインを勉強する場合は、色彩やデザインセンスに強いWebデザイナーになる傾向があります。

大学といっても、その形態もさまざまで、4年制の大学ばかりではありません。

平日や夜間に講座を開講している場合や通信制であれば、働きながら学ぶことも可能です。修了過程も2年~4年間となります。

また、特にこうした系統の大学でなくても、Webサイトの基礎を教える講座がある場合があります。その中でWebデザインの基礎を勉強して、あとは独学で学ぶ方法もあります。

大学や短期大学でWebデザインを勉強するメリット

  • 大学・短期大学を卒業すれば学士・準学士の学位を得ることができる。
  • Webデザインの他にも幅広い知識を習得できる。
  • 就職する場合の選択肢が広がる。
  • Webデザイナーに必要な高価なグラフィックソフトを学割で購入することができる。

大学や短期大学でWebデザインを勉強するデメリット

  • 卒業までに2年~4年間という年月がかかる。
  • 単位取得のためには、Webデザイナーに不必要な講義も受ける必要がある。
  • 学費が高い。
    <参考学費:1年間 約100万円~150万円(入学金は別)>

専門学校でWebデザインを勉強する

専門学校の場合はWebデザイナーになることを目的とした講座に集中しているため、大学のように不必要な講座を受講する必要がありません。

また、パソコンやソフトなどの環境も最新の設備が整っています。

Webデザイナーを募集している会社は、より専門的に幅広い知識を持つ人を優先的に募集しますから、特に名のある専門学校ではWebデザイナーとしての就職率は高いと言えます。

受け身で講座を受けるだけではなく、率先して新しい知識の習得、トレンドの研究、デザインの勉強などをして、少しでも実践に近い仕事ができるようにしておくことが望まれます。

また、全日制の他、社会人向けの夜間・土日コースのある学校を選べば、働きながらのWebデザインの勉強も可能となります。

専門学校でWebデザインを勉強するメリット

  • Webデザインに関連した講座のみを受講できる。
  • Webデザイナーとして就職する場合有利。
  • 同じWebデザイナーをめざす仲間とのコミュニケーションが取れる。
  • 文部省公認の専門学校であれば履歴書の学歴に記載できる。
  • 文部省公認の専門学校であれば、Webデザイナーに必要な高価なグラフィックソフトを学割で購入することができる。

専門学校でWebデザインを勉強するデメリット

  • 別の業界への就職が難しい。
  • 学費が高い学校もある。
    <参考学費:1年間 約60万円~150万円(入学金は別)>

民間企業運営のスクールでWebデザインを勉強する

民間企業が運営するスクールは、大学や専門学校に通うというイメージとは違い、1回あたりの講座の時間数も期間も短く、そのために学費も安めになります。

ですから、大学や専門学校よりも、内容が浅い傾向にあります。

しかし、Webデザイン全体ではなく、「一部のスキルだけを学びたい」「現在のスキルの幅をさらに広げたい」「働きながら無理なく通いたい」「学費を抑えたい」などの場合は、むしろ大学や専門学校よりおすすめです。

スクールでWebデザインを勉強するメリット

  • 必要な講座のみを受講できる。
  • 都合のいい時間の講座を選べるため、働きながら受講しやすい。
  • 少人数制の場合が多いので、質問などがしやすい。
  • 短期間で終了することが多い。
  • 大学や専門学校より学費が安いことが多い。
    <参考学費:3か月~半年 約10万円~70万円>

スクールでWebデザインを勉強するデメリット

  • 多くのスクールは学校として認可されていないので履歴書の学歴には記載できない。
  • 授業内容の範囲が狭いか浅い場合が多いのでWebデザインの知識ゼロからの受講の場合、受講が終了しても即戦力となりにくいため、ある程度独学との併用が必要。
  • 学校として認可されていなければ、グラフィックソフトなどを学割で購入することができない。

※有料のスクールについて、こちらの記事でも紹介しています。
⇒有料でしっかり学ぶ!有料でしっかり学ぶ!Webデザイナー向けのサイトやスクールを紹介!

通信講座やオンラインスクールなど在宅でWebデザインを勉強する

通信講座やオンラインスクールは、時間や場所を選ばず、全国どこにいても好きな時間に勉強できます。忙しい方、近くに学校やスクールがない方にはおすすめです。

通信講座は動画やテキストを用いて受講します。添削指導、資格取得、受講終了後の仕事斡旋など、各種講座によって特徴が異なります。

オンラインスクールは、無料で受講できるものから、有料でサポート付きのものまで様々です。

時には動画をライブ配信することもあり、その際はチャット形式で講師に質問ができる場合もあります。しかし、他の聴講者もいますし、時間制限などもあるので、あまり多くは期待できません。

両方とも、一通りすべての知識を教える講座、あるいは特定の技術をピンポイントで教える講座などがあり、状況に応じて選ぶことができます。

すべての知識を教えるタイプのスクールであっても、修了までの時間数は多くはなく、また、直接講師とのコミュニケーションも取りにくいため、ある程度独学での勉強も併用しないと即戦力とはなりにくいでしょう。

また、必要な講座だけを受講できるタイプのスクールであれば、一般のスクール同様、「現在のスキルの幅をさらに広げたい」「働きながら無理なく通いたい」「学費を抑えたい」など場合には有効です。

通信講座やオンラインスクールでWebデザインを勉強するメリット

  • 必要な講座のみを受講できる
  • 時間も場所も選ばないため、働きながら受講しやすい。
  • 短期間で終了することが多い。
  • 講座の選び方によっては学費がとても安い。
    <参考学費:通信講座 約2万円~40万円/オンラインスクール 無料~約40万円>
    ※受講期間は無制限~7か月とまちまち。学費は単科か総合コースかで価格も異なる。

通信講座やオンラインスクールでWebデザインを勉強するデメリット

  • 疑問点を受講の場で質問することが難しい。
  • しっかりとスケジュールの管理をして行かないと、挫折してしまうケースもある。
  • 授業内容の範囲が狭いか、浅い場合が多いのでWebデザインの知識ゼロからの受講の場合、受講が終了しても即戦力となりにくいため、ある程度独学との併用が必要。
  • 文部省公認の専門学校でなければ、グラフィックソフトなどを学割で購入することができない。

企業が求める「即戦力」に少しでも近づけるよう、いずれの場合も、講座を受講しているだけではなく積極的にWebデザインの知識やデザイン力を増やしていくことが望まれます。

特にデザインセンスというのは、個人の裁量に任される部分が多いだけに、今日明日で身に着くものではありませんから、日ごろから優良Webサイトなどを観察しておくことも大切です。