インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

Webデザイナーとはどんな職業か?

Webデザイナーとはどんな職業か?

Webデザイナーはどんな職業?

「Webデザイナーはどんな職業だろう?」ということを調べようと思った時、まずは何をしましたか?YahooやGoogleなどで、「Webデザイナー」「仕事」などのキーワードで検索して情報を集めたのではないでしょうか。当サイトもそのようにしてたどり着いたのかもしれません。

人が生活する上で住む場所が必要であるのと同じくらい、今やインターネットが発信する情報は必要不可欠なものとなっています。その情報を表示する場所がWebサイトであり、それを専門的に制作するのがWebデザイナーの仕事です。

Webデザイナーはどんな仕事をするの?

Webデザイナーと一口に言っても、スキルによってその仕事の範囲はさまざまです。
大まかに分けますと、

  • デザイン・レイアウトのみを担当する
  • HTML、CSS、動きのある部分のスクリプトなどのコーディングのみを担当する
  • デザイン・レイアウト+コーディングを担当する
  • デザイン・レイアウト+コーディング+キャッチコピーやコンテンツのリライトを担当する
  • デザイン・レイアウト+コーディング+運営、SEO対策やマーケティングまで担当する

デザイン・レイアウトのみを担当する

PhotoshopやIllustratorなどのグラフィックソフトでWebサイトのデザインやレイアウトを行います。コーディングを勉強するのにはそれなりの時間がかかりますが、色の勉強をしてきた人、フライヤーなどの制作経験があり、デザインやレイアウトが得意な人、センスのある人などは、Webサイトのレイアウトに必要な知識を備えれば、入りやすいかもしれません。

HTML、CSS、動きのある部分のスクリプトなどのコーディングのみを担当する

厳密にはフロントエンジニア、あるいはコーダーと言います。WebサイトはHTMLという言語で作られていますが、出来上がったデザインを形にする、つまり、HTMLにてコーディングする仕事です。コーディングの技術を習得するためには、それなりの専門的な勉強が必要です。デザインが得意でない場合はコーダーとしてデザイン担当から渡されたデザインを、Webサイトとして形にするコーディングの作業のみを行います。HTMLに加えて、一般的な動きを作るスクリプトまではほぼWebデザイナーが制作、複雑な部分はプログラマーが行う場合が多いようです。

デザイン・レイアウト+コーディングを担当する仕事

文字通り上記の両方を1人で担当することになります。

デザイン・レイアウト+コーディング+キャッチコピーやコンテンツのリライトを担当する

お客さまから渡されたWebサイトのコンテンツのキャッチコピーを考案、テキスト原稿をリライトするところまでWebデザイナーが行う場合もあります。そのためにはユーザーを引き付けるキャッチコピーや文章を作ることができるスキルが要求されます。

デザイン・レイアウト+コーディング+その後の運営、SEO対策やマーケティングまで担当する仕事

Webサイトを納品後、その後の更新作業や追加ページ作成などの作業、SEO対策(検索エンジン対策)やマーケティングまで担当する場合もあります。

SEO対策とはWebサイトが、YahooやGoogleなどでキーワード検索された場合に、上位に表示されるような施策をするということです。それは、レイアウトやコンテンツの書き方、コーディングの仕方、リンクなどさまざまな要素が関わってきますのでその知識が必要となります。

SEO対策専門の会社がありますので、専門的なことは任せるにしても、レイアウトやコーディングでできる範囲のSEO対策の知識は兼ね備えておきたいものです。

また、広告を挿入する、他社との比較、アクセス解析、ブログ、SNSの運営などのマーケティングまで担当するような幅広い仕事をこなす場合もあります。

大手の会社では、一つのWebサイトを制作する場合、チームとなって、ディレクション、デザイン・コーディング・ライティング・プログラミング、SEO対策などの仕事を分業にて行う場合が多いのですが、個人のWebデザイナーや小さい規模の会社では1人で一手に引き受けることもあります。

コミュニケーション能力と研究する姿勢が大切

Webデザイナーの仕事は単にパソコンに向かうだけの作業ではありません。チーム内のスタッフやお客さまとのコミュニケーションはいいWebサイトを作る上で大切です。また、日々刻々と変化するトレンドや、新しい技術に敏感であることも求められます。

チーム・分業で行う場合のコミュニケーション

ディレクターを中心にお互いの作業の連携を密に取る必要があります。どれか1つの作業が先走ってしまっても、遅れてしまっても他の作業に影響しますし、うまく連携を取っていないために、大幅な修正を強いられてしまうこともあります。

コーディングを行わない、デザイン・レイアウトのみの担当であった場合でも、基本的なコーディング知識は備えて、コーダーとのやり取りの内容を理解できるようにしておきたいものです。

個人・小規模会社で直接お客さまと接する場合のコミュニケーション

最終的にお客様に満足していただくためには、お客様が描いている漠然とした要望をうまく引き出すことができること、あるいは、お客様の間違った方向性を的確に修正してあげられることが求められます。

それには、お客さまを説得するための根拠となる基礎知識が必要となります。

例えば、お客様に「どういうサイトがいいのかイメージがわかない」と言われた場合に、最近のトレンドを紹介したり、お客様からサイトイメージと全く合わない画像を提供された場合やちぐはぐな色彩でサイトを作ってほしいと依頼された場合に、なぜそれがおかしいのかをきちんと説明できなければなりません。

最新のWeb事情を研究するなどして、プロとしての知識の向上を図り、あらゆる要望に応えられるように備えたいものです。

このように、Webデザイナーと言ってもさまざまな働き方があります。SOHOなのか、会社に所属してチームの一員として働くのかで求められるスキルも異なってきます。

最近では、コーディングがわからない人でも自動でWebサイトが簡単に作れてしまうソフトの登場で、Webデザイナーの必要性が低下してきているとも言われています。

だからこそ、単にWebサイトを作る能力だけでなく、新しい技術を身につけることや、企画・提案力、コミュニケーション力など、自動ソフトではできない仕事をこなせるWebデザイナーになれるよう、日々の努力を怠らないことが求められます。