インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

転売屋、せどらーになる方法と手順

転売屋、せどらーになる方法と手順

転売屋やせどりになるには、商品を仕入れるための資金をある程度用意すれば、特別な資格や学歴・は必要ありません。

転売屋、せどらーはリスクが少なく、結果が出るまでの期間が短いこともあり、副業としても可能なことから、初心者が参入しやすい職業です。

転売やせどりを行って利益を出すためには、安く仕入れて、その価格以上で売ること、あるいは限定品や希少価値のあるもの、超人気商品を定価で購入してプレミア価格で売ることが基本です。

そのためには、やみくもに仕入れて販売しても、簡単に売れるものではありません。

うまく行かなかった場合は在庫を抱えてしまうことになってしまいますから、実践する前にはそれなりの準備をして、スキルや知識を仕入れておくことが大切です。

\安く商材を仕入れたい方はこちらがオススメです/

実践の前に準備しておきたい知識やスキル

在庫を抱えないためには、どんな商品が売れるか、仕入れた商品がいくらくらいで売れる可能性があるのかなど、予測する必要があります。

転売やせどりを行う際に必要な知識やスキルを、いくつかご紹介します。

リサーチのスキル
転売屋やせどらーにとって、商品を選ぶ際のリサーチのスキルは必須となります。
商品を仕入れる前には、人気商品や、競合、売れやすい媒体などのリサーチを行う必要があります。
商品の価値を正しく把握するスキル
仕入れた商品が、現在価格から上昇傾向なのか、下降傾向なのか、現在は同商品がいくらで売れているのかなど、把握する必要があります。

転売屋やせどらーの多くはMONORATE(http://mnrate.com/)のような各種ツールを利用しています。

これらのツールにより、Amazonなどで出品されている商品のこれまでの相場や、価格の推移、販売実績などを知ることができます。

こうしたものを参考に、価格設定をすれば、相場と大幅に離れることがありませんし、ライバルがどのくらいいるのか把握することもできます。

交渉のスキル
商品の仕入れを、リサイクルショップやブックオフなど実店舗で行う場合があります。
この場合は、できるだけ安く仕入れるための交渉スキルが大事になります。店舗側もぎりぎりの価格を付けているという場合もありますから、その場合は大量購入することで、交渉を有利に誘導することもできます。
英語のスキル(輸入・輸出転売/せどりの場合)
商品を海外から輸入する場合、あるいは、逆に国内で仕入れて、海外のサイトで販売する場合がありますから、英語のスキルは重要です。

英語のスキルが乏しい場合、トラブル発生時の対応が難しいため、輸入・輸出転売/せどりはあまりお勧めできません。

もともと英語が得意という場合、海外在住経験があると言う場合など挑戦してもよいと思います。

あらかじめ登録しておくべきサイト

店舗で仕入れる場合は、各店舗に出向くわけですが、ネットで仕入れをする場合は、予め各サイトでアカウントを取得しておきます。

いつどこでいい商品が見つかるかわかりませんから、仕入れようと思うジャンルの商品が売られているサイトには、一通りのアカウントは取得しておいた方が便利です。

販売先となる候補は、仕入れ先ほどは多くはありません。やはりFBA・FBAマルチチャネルのサービスがあるAmazonが人気となっています。

Amazon FBAやプライムなどのサービスが人気。ライバルが多い。
ヤフオク 手数料が安い。市場規模は大きい。
メルカリ フリーマーケットなので交渉がしやすい。
Amazon.com(アマゾンアメリカ版) 英語のスキルが必要。関税、配送料などがかかるので、利益が少ないことも。
楽天市場 市場規模が大きい。ストアを出店するには審査が厳しい。
ヤフーショッピング 審査がない分出店しやすい。Tポイント分差し引かれる。
eBay 市場規模は世界的に大きい。利益率が高め。
BUYMA 無在庫販売が可能。
\安く商材を仕入れたい方はこちらがオススメです/

転売・せどり お役立ちツール

売れる商品を探すのは容易なことではありません。

そこで、無料、有料で公開されているツールを利用するという方法もあります。こうしたツールで情報を仕入れておくと便利です。

無料

MONORATE(モノレート) http://mnrate.com/
Amazonの商品ランキングや価格推移、最安値や出品数などを知ることができます。
keepa https://chrome.google.com/webstore/detail/keepa-amazon-price-tracke/neebplgakaahbhdphmkckjjcegoiijjo?hl=ja
Google Chromeの拡張機能ですが、Amazonの商品の価格推移を知ることができます。
せどりすと http://www.sedolist.info/
商品のバーコードを読み取り(ビームせどり対応)、検索、出品、及びリスト作成、CSVエクスポートまでサポートする、iPhone専用のせどり支援及び蔵書管理ツールです。無料版と有料版があります。

有料

サヤ取りせどらー最終バージョン http://sedori-final.com/
在庫があり、仕入れることができ、高値で売れる商品を3クリックで集める支援ツール
販売価格 19,800円
せどりの翼アルバトロス http://kamimaru.info/albatross-lp/
さまざまなカテゴリーから、お宝を2秒でリストアップしてくれる支援ツール
初月使用料9,800円/月額3,900円
プライスター http://pricetar.com/lp/pricetarlp/
大口出品者用。出品からFBAからの納品機能もあり、在庫管理支援ツールのiPhoneアプリもあります。
最初の30日無料、2か月目以降は月額4,800円

実際の作業

転売やせどりを行うには以下のような作業が発生します。

  • 売れそうな商品や、プレミア商品のリサーチ
  • 上記商品が最も安く手に入る仕入れ先を探し、仕入れをする
  • 価格設定および出品
  • 競合の価格と比べて、必要があれば価格を改定
  • 売れた商品の梱包・発送(Amazon FBAはFBAマルチチャネルサービスを利用した場合は、この手間は省くことができます)

Amazon FBAとは、商品の保管、梱包、発送を代行するサービスです。初期費用や毎月の固定費はかからず、利用分のみ課金されます。

FBAマルチチャネルサービスとはAmazon以外の販路で受注した商品の発送代行をするサービスです。

※せどりに関するおすすめ教材のレビューしています