インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

転売でスニーカーはおすすめ?スニーカー転売のメリットデメリット

スニーカーの画像

近年、新たな副業の1つとして少しずつ注目されているのが、スニーカーの転売です。

転売と聞くと難しそう、と思われるかもしれませんが、スニーカーに限って言えばそこまで難しいものではありません。

スニーカーは、利益率が高く、場所も取らず、転売の初心者にはおすすめのアイテムです。

今回の記事では、スニーカー転売の仕組み、法的な位置づけ、メリットとデメリット、仕入れ方や売り方などをまとめて解説していきます。

転売初心者の方で、スニーカーに興味のある方は、ぜひ参照していただければと思います。

\安く商材を仕入れたい方はこちらがオススメです/

スニーカーの転売ヤーとは?

スニーカーの転売ヤーとは、読んで字のごとくスニーカーを転売する人のことです。

転売とは、主に小売店で仕入れたものを他の消費者に販売する行為のことであり、仕入額と販売額の差額が粗利となります。

数量が限定されており、高いお金を出してでもほしいと考える人が一定数存在する商品が、転売の対象となりやすいです。スニーカーもその1つです。

逆に大量に供給され、熱心なファンも存在しないようなもの(生活用品など)は、転売の対象になりにくいです。

スニーカーの転売は違法か合法か?

スニーカーの転売は基本的に合法です。

もっと言えば、転売という行為自体は、取り扱う商品にかかわらず合法です(もちろん、商品自体に違法性がある場合は話が別です)。

そもそも転売が違法ならば、Yahoo!オークションやメルカリといったサービスは成り立たないはずです。

あのようなサービスを国が黙認しているのは、転売という行為が合法だからです。

ただし、個人や法人が定期的に利益目的で転売をする場合は、古物商許可証という免許が必要になります。

免許の申請窓口は、営業所を管轄する警察署です(審査を行うのは都道府県の考案委員会です)。

個人や法人が、自分で使用するために購入したものを要らなくなったからという理由で販売するときには免許は不要です。

しかし、最初からお金を儲けるために購入したものを販売するときには、免許がいる、ということです。

同じことをしていても、動機や規模によって合法・違法が変わるのです。

では、具体的に、どの程度の規模や頻度になれば古物商許可証がいるのか、ということについては、明確な基準が定められているわけではありません。

厳密な線引きをすることはまず不可能でしょう。

あとで違法であると言われても困りますので、スニーカー転売を副業にしたいと考えている場合は、必ず事前に古物商許可証を取得するようにしましょう。

\安く商材を仕入れたい方はこちらがオススメです/

古物商許可証の取得方法

古物商許可証は、前述の通り、営業所を管轄する警察署で行います。

事前に用意しておくべき書類は、人によって異なることがあるため、事前に警察署に相談して聞いておくといいでしょう。

基本的には、以下のような書類が必要になります。

  • 住民票
  • 市区町村発行の身分証明書(本籍地がある市区町村で発行できるもの)
  • 登記されていないことの証明書(成年被後見人や被保佐人でないことを証明する書類)
  • 土地・建物の登記簿謄本

費用は審査料(1万9000円)を含めて2万円前後です。行政書士に代行を依頼する場合は、そちらに支払う費用も必要になります。

スニーカー転売のメリット、デメリット

転売せどりで、スニーカーを取り扱う場合は、メリットとデメリットがあります。

メリット

  • 利益率が高い
  • 強力なライバルが少ない

スニーカー転売の最大のメリットは、利益率が極めて高いことです。

なぜ利益率が高いかというと、多額のお金を出してでも買いたいというファンが一定数存在するからです。

転売という行為は、基本的には、金に糸目を付けない熱心なファンが一定数存在する商品を対象に行われるものです。

彼らは自身の欲しい商品を手に入れるためならば、お金を積むことを厭いません(興味がない人には理解しがたい世界ですが……)。

スニーカーにも、そのような熱心なファンが一定数存在します。

1990年代には、ナイキ製の「エアマックス」を強奪するエアマックス刈りが社会問題となりました。

犯罪者となるリスクを負ってでも手に入れようとする(あるいはそれを売って利益を得ようとする)人間が、社会問題になるほど多数存在したのです。

最近は、その頃と比べればファンのスニーカー熱も収まってきてはいますが、今でも定価の数倍以上の価格で取引されるスニーカーも多数存在しています。

2つ目のメリットは、強力なライバルが少ないことです。

前述のように利益率が高いスニーカーですが、市場に参入する転売ヤーの数は多くありません。

ある程度の知識がないと参入できず、また転売という行為も難しそうに見えることなどが原因と思われます(実際にはそれほど難しいものではありません)。

デメリット

  • 偽物が存在する
  • 中古品の扱いが難しい

スニーカー転売の最大のデメリットは、偽物が存在することです。

OECDと欧州連合知的財産庁が行った調査によれば、2013年時点での偽造品の取引全体に占める割合は2.5%で、最も多かった商品は「靴」でした。

偽ブランド品といえばバッグや財布というイメージをお持ちの方が多いかと思いますが、最も多いのは靴なのです。

最近は精巧な偽物も多く、ネットで仕入れる場合は特に注意が必要です。

2つ目のデメリットは、中古品の取扱が難しいことです。

スニーカーは中古品でも高く売れることがある反面、商品をきれいに保つのが難しい一面もあるため、取扱には細心の注意が必要です。

スニーカー転売の仕入れについて

スニーカー転売で利益を得るためには、適切な仕入先を選ぶ必要があります。

前述の通りスニーカーには偽物も多いので、危なそうな場所からの仕入れは厳に慎むべきです。

仕入先は?

転売のためのスニーカーの主な仕入先は、以下の3つです。

  • 海外マーケット
  • リサイクルショップ
  • フリマサイト・アプリ

海外マーケットとは、海外の実店舗、ウェブサイトなどのことです。

海外ブランドのスニーカーは、新品・中古どちらも日本よりも海外で安く売られる傾向があります。その日本と海外の価格差を利用して儲けるのです。

海外の小売業者が設定している安い価格で買い、それよりで高い価格で売る、というのは比較的確実性が高く、安定した収益を生みやすいです。

信頼できる小売業者ならば、偽物の危険もまずありません。

リサイクルショップやフリマサイト・アプリでは、中古のスニーカーがよく販売されています。

売る側は、スニーカーの市場価値をよく理解していない個人であることも多いため、安く買える可能性が高いです。

ただし、中古製品であるため、偽物を掴まされるリスクや、傷、汚れなどには注意が必要です。

特に実商品を手にとることができない、ウェブを通じた販売を利用する際は、ハイリスクハイリターンです。

写真の画像が荒かったり、商品説明に怪しい部分があったりする場合は、基本的に利用しないほうがいいでしょう。

スニーカー転売の売り方について

スニーカー転売で利益を得るためには、適切な場所で売る必要があります。

同じ商品でも、売る場所によって大きな価格差がつくことがあるからです。少しでも高く売れる場所を選びましょう。

販売場所は?

スニーカーの主な販売場所は以下の3つです。

  • 自己サイト
  • オークションサイト・アプリ(ヤフオク、メルカリなど)
  • オンラインモール(Amazon、BUYMAなど)

自己サイトとは文字通り自分自身が運営するサイトです。

最近はウェブサイト制作に関する知識がない人でも、簡単にネットショップを開業できます。集客は大変ですが、その分利益を独占できます。

自己サイトを立ち上げるのが難しい場合は、オークションサイトやオンラインモールなどを利用します。

基本的には、オンラインモールのほうが高く売れる傾向があります。

よくわからない個人も出店しやすいオークションサイトは信頼性が低く、顧客からの信頼を得づらいので、あまり積極的には利用しないほうがいいかもしれません。

まとめ

転売において、スニーカーは一見法律的に怪しく、実行が難しそうに見えますが、実際には古物商許可証さえ取得すれば法律的には白ですし、見た目ほど難しいことでもありません。

利益率が高く、強力なライバルも少ないので、多少商売が下手でも黒字になりやすいです。

もちろん、本格的に稼ぎたいのならばそれなりの勉強は必須ですが、もとからスニーカーが好きな人ならばそれも苦にはならないはずです。

転売でスニーカーに興味があるという方は、まずは古物商許可証を取得しましょう。

 

※せどりに関するおすすめ教材のレビューしています

[記事公開日]2018.08.20
[最終更新日]2018.09.10
[ライター]佐久間