インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

ラクマが手数料無料から3.5%に改定!転売せどりへの影響は?

楽天の小会社Fablicが運営しているフリマアプリ「ラクマ」の販売手数料が、6月4日から、従来の無料から3.5%に改定するという発表がありました。

今回は、楽天フリマアプリ「ラクマ」の販売手数料改定について解説します。

また、転売せどりをしている人にとってどんな影響やメリット、デメリットがあるのかも説明していきます。楽天フリマアプリ「ラクマ」を使用して転売せどりをしている人にとっては、大きな影響がありますので是非参考にしてみてください。

\安く商材を仕入れたい方はこちらがオススメです/

楽天フリマアプリ「ラクマ」の販売手数料改定について

楽天フリマアプリ「ラクマ」は、楽天が買収して小会社化したFablicが運営していたフリマアプリ「フリル」と、楽天が運営していた「ラクマ」が2018年2月に統合してできたサービスです。

統合により、品揃えの充実や両社の経営資源の集中、運営面やマーケティング面の効率化など、様々なサービスを強化するとしていました。今回は、その矢先の手数料改正となります。

楽天フリマアプリ「ラクマ」の販売手数料改定の実施日は、6月4日からとなっています。

6月4日の10時までに出品された商品を購入して、購入者の支払いが6月11日の10時までに完了すれば、手数料は従来通り無料、支払いが10時を超えた場合は、改定手数料の3.5%が徴収されることになります。

販売手数料改定の背景は?

従来「ラクマ」では、ユーザーを増やし、流通規模の拡大の為に出品者から徴収する販売手数料を無料としてきました。手数料を無料とすることで、国内で先行する「メルカリ」を追走する戦略でした。(メルカリは販売手数料10%)

しかし、親会社の楽天の国内EC事業の営業利益減少(前年同期比8.3%減)に伴い、今回の改定につながったのではという見方もあります。

以前からラクマでは、アンケート内に、販売手数料3%についてユーザーの意見を求める内容が含まれていたそうです。今から考えれば、手数料改定の予兆はあったといえるでしょう。

ラクマ事務局からは、手数料の改定理由として「ユーザーのお取引サポートやお得なキャンペーンを強化するため」とのことです。しかし、手数料改定により、現在圧倒的なシェアを誇るメルカリからシェアを奪うことができるのかは疑問といえます。

転売せどりをしている人にとってのメリット、デメリット

転売せどりをしている人にとってラクマは、メルカリと比較して、トレンド系商品を販売する際に重宝していた人が多かったです。まとめ売りは薄利ですが、すぐに現金化できるので、手数料無料という点は転売せどりユーザーにとっては大きな利点でした。

以下、今回の手数料改定によって考えられる、転売せどりユーザーにとってのメリットやデメリットをまとめてみました。

ラクマ手数料改定によるメリットとは?

ラクマの販売手数料が3.5%に改定したからといって、依然としてメルカリの10%、ヤフオクの8.6%と比較しても安いです従来から比較するとメリットとはいえませんが、それでもラクマを使用するメリットがまだまだあるといえるでしょう。

もう一点は、販売手数料改定により、事務局側のサポート体制が強化されることが予想される点です。

これは具体的なサポート内容は明確ではありませんが、問い合わせに対して事務局側からのレスポンスが早まったり、トラブルが生じた際に対応がスムーズになるなどの点が期待できます。

ラクマ手数料改定によるデメリットとは?

当然ですが、販売手数料の改定によりユーザーの利益が縮小することが考えられます。仮に月20万円の売上をラクマから上げている人は、7,000円の販売手数料となります。年間だと84,000円となります。

3.5%は、他のフリマアプリと比較すればまだまだ安いものの、大量に販売している人にとっては決して小さくない額です。場合によっては、他のフリマアプリへの出品を増やすなど、戦略変更が必要になるケースがあるかもしれません。

また購入者にとっても、手数料分を商品購入価格に上乗せされることも考えられるので、決してメリットとはいえないでしょう。

\安く商材を仕入れたい方はこちらがオススメです/

まとめ

楽天のフリマアプリであるラクマの販売手数料が、無料から3.5%に上がるということで、ラクマを利用していた転売せどりユーザーには、大きな影響があると考えられます。

しかしながら、国内シェアでダントツを誇るメルカリやヤフオクと比較してもまだまだ安いので、継続して使用する人も多いでしょう。また、手数料が上がった分、ラクマ事務局のサポート体制の向上が期待されます。

一方現時点で、大きな額の取引をしているユーザーは、今後の出品戦略を見直さざるをえないかもしれません。購入者にとっても、出品者が手数料分を商品価格に上乗せしてくる可能性もあり、その点はデメリットといえます。

 

※せどりに関するおすすめ教材のレビューしています

[記事公開日]2018.05.21
[最終更新日]2018.09.06
[ライター]ワカさん