インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

無在庫転売のやり方は?無在庫で転売を始める手順とリスクまとめ

ネットビジネスの中に「無在庫転売」という方法があります。

無在庫転売について、ネット上では「初心者でも気軽に始めやすい」という声も上がっていますが、「リスクが高い」という声もあります。

無在庫転売は、果たして本当に始めやすいのでしょうか? リスクが高い、とはどういうことなのでしょうか?そもそも無在庫転売とはどのようなネットビジネスなのでしょうか?

この記事では、そんな無在庫販売についてまとめています。

\安く商材を仕入れたい方はこちらがオススメです/

無在庫転売とは?

無在庫転売とは、商品の在庫が無い状態で出品を行い、入札されてから業者へ商品の発注をする、という転売方法です。

発注された商品は、業者から直に購入者の元へ送られます。無在庫転売は、様々なオークションサイトやネットショップで行われています。

余分な在庫を持たなくてもいいため、ネットビジネス初心者の方にも人気のある方法になっています。

無在庫転売の流れ

無在庫転売の流れは、下記の通りになります。

1.商品を出品する
2.商品が売れる
3.商品を仕入れる
4.商品を発送する

通常の転売であれば、出品前に商品の仕入れを行うはずですが、無在庫販売では、出品後に商品の仕入れを行います。

転売というより、購入者と業者の間の仲介をするイメージに近いです。

\安く商材を仕入れたい方はこちらがオススメです/

無在庫転売のメリット・デメリット

今までの項で、無在庫転売がどのようなネットビジネスか理解していただけたでしょうか?この項では、無在庫転売のメリットとデメリットについてまとめています。

無在庫転売のメリット

無在庫転売のメリットとして挙げられるのは、在庫を仕入れすぎることがないという点です。

無在庫転売では、通常の転売で初心者がやってしまいがちな「仕入れた在庫がどれくらい売れるのか予想が付けられず、結果、在庫が大量に余ってしまう」という失敗を防ぐことができます。

また、在庫の収納スペースの心配をすることなく、転売戦略のみに打ち込むことができる点も魅力的です。

最後に、商品の注文があった時点で初めて商品を仕入れるため、始める時点での資金がかからないこともメリットに挙げられます。

無在庫販売では、資金や収納スペースの用意、仕入れの目安と、初心者が失敗しがちな事項が見事にカバーされています。

無在庫転売が初心者向け、と言われているのはこのような理由からです。

無在庫転売のデメリット~日数がかかる~

無在庫転売のデメリットとして挙げられるのは、注文してから手元に届くまでに日にちがかかる、という点です。

無在庫転売では、購入者からの注文を受けた後に商品を仕入れる必要があるため、通常の転売に比べて時間がかかってしまいます。

さらに、商品を海外から仕入れる場合だと、ゆうに2~3週間はかかります。注文してからの日数がかかると、注文者から不信感を抱かれやすいです。

注文者とのトラブルを避けるために、無在庫転売では日数の目安などの明記をおすすめします。

無在庫転売のデメリット~出品時と入札時で商品の状況が変動する~

また、デメリットとしてもう一点挙げられるのが、商品を出品してから購入者が注文されるまでの間に、商品の状況が変わっているパターンがあることです。

例えば、仕入れ値が変動する可能性があります。

1000円の仕入れ値の商品を1500円で転売に出したならば、500円の利益が見込めます。

しかし、仕入れ値を確認したときには1000円だったのにもかかわらず、実際に仕入れる際に2000円になっていた場合はどうでしょうか。

2000円の仕入れ値の商品を1500円で転売したことになるので、500円の損失が出てしまいます。

出品時には、商品の在庫があったのにもかかわらず、注文時に在庫切れになっている場合も考えられます。

この場合、注文者へ商品を届けられなくなりますので、注文者とのトラブルは避けられないでしょう。

無在庫転売のデメリット~規約違反~

無在庫転売のデメリットをいくつかご紹介しましたが、最大のデメリットは、この「規約違反」にあります。

実は、メルカリやヤフオク、アマゾンなどでは、無在庫転売を規約違反としています。

あらかじめ禁止されていることを行うのですから、無在庫販売が露呈した場合、アカウント停止や利益没収、最悪の場合には、運営会社との裁判になる可能性があります。

特にメルカリでは、無在庫転売によって、アカウント停止になるケースが多発しているとのことです。

無在庫転売のやり方

無在庫転売について一通り解説したところで、実際に転売してみたいと思った方もいるのではないでしょうか?

そのような方のため、この項では具体的なやり方にまで踏み込んで説明しています。

プラットフォームを選ぶ

無在庫転売をするには、転売のためのプラットフォーム(ヤフオクやメルカリ、その他ネットショップなど)を使用する必要があります。

次からプラットフォーム選びの判断材料になりそうな視点をまとめています。

ヤフオクやメルカリ、Amazonでは、運営会社が集客を行うので、必然的に人の目に付きやすくなります。

反対に、独自でネットショップを持つと、自力での集客が必要になってきます。

また、先ほど書いたように、ヤフオクやメルカリなど、多くのプラットフォームで無在庫転売が禁止されていますが、規約が存在しない独自ネットショップでは、堂々と無在庫転売ができます。

例えばですが、BUYMA(https://www.buyma.com/)というファッションサイトでは、無在庫転売が禁止されていないので、そちらのサイトを使用していくのもおすすめです。

BUYMA

⇒BUYMAの公式サイトはこちら

転売商品を選ぶ

無在庫転売をするには、転売商品を選ぶ必要がありますが、どのように商品を決定していけばよいのでしょうか?

独自ネットショップの場合とアマゾンなどのプラットフォームとで分けて考えていきます。

独自ネットショップの場合

独自でネットショップを運営していく場合には、他のショップとの差別化を図ることが重要になってきます。

例えば、どこにも売っていないようなコアな商品を売れば、「知る人ぞ知る」ポジションのショップになり、利益が見込めるのではないでしょうか。

Amazonなどのプラットフォームの場合

アマゾンなどのプラットフォームの場合には、現在の人気商品を売ることが重要になってきます。

メルカリやヤフオクで売り切れの商品を検索して、人気のありそうな商品を売っていくのもおすすめです。

無在庫転売の仕入れ先

無在庫転売の仕入れ先として、おすすめのサイトをいくつか挙げてみました。無在庫転売をしてみようと検討中の方は、参考にしてみてください。

もしもドロップシッピング

 

もしもドロップシッピング(https://www.moshimo.com/) は、無在庫販売に特化したサイトです。
仕入れ、商品管理、独自ショップ作成などすべて運営側が対応するので、初心者でも比較的簡単に無在庫転売をすることができます。

NETSEA(ネッシー)

 

NETSEA(https://www.netsea.jp/) は、老舗で国内最大級の仕入れサイトです。
ここで取り扱う在庫は、国内製造メーカーからの直接仕入れであることが特徴です。他のサイトよりも安心感がありますね。

会員登録は無料ですが、注文者との取引時に手数料がかかります。

Amazon(アマゾン)

 

本来なら仕入れサイトではないAmazon(https://www.amazon.co.jp/)ですが、こちらも無在庫転売に活用できます。
Amazonプライム会員の場合、プライム対象商品が送料無料で、しかも注文してから2日以内で届きます。

いいこと尽くしのような気もしますが、プライム対象商品はアマゾンのロゴが入った包装で届けられます。

そのため、注文者が「Amazonで注文したわけではないのに…」と、不信感を持ってしまう可能性があります。

まとめ

無在庫転売は、確かに初心者でも手が出しやすく始めやすいビジネスですが、そのリスクも十二分にあります。

ネットビジネスに詳しい人々の間でも賛否両論ある転売方法です。

「無在庫転売=簡単に稼げる」という声をうのみにするのではなく、自分なりの稼げる方法を見つけていくことがビジネス成功への近道なのではないでしょうか?

[記事公開日]2019.01.31
[ライター]マーガレット