インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

メルカリ転売で高く売れて、信頼度も増す写真の上手な取り方は?

メルカリに限らずですが、転売の際の出品する商品の写真は非常に大切です。

写真の撮り方一つで、売上が変わることもあります。

今回は、メルカリ転売においての写真の上手な撮り方やコツ、おすすめの方法を紹介していきます。

\安く商材を仕入れたい方はこちらがオススメです/

メルカリ転売の写真の上手な撮り方とコツ

メルカリ転売においては、写真は非常に重要です。

ユーザーは実際に商品を手に取って見ることができないため、商品の状態は写真を見て判断をします。

出品写真の上手な撮り方とコツを下記にまとめてみました。出品の際の参考にしていただければと思います。

商品が真ん中に来るように撮る

メルカリの出品写真は正方形ですので、商品が真ん中に映るように撮りましょう。

写真の縦横比を調節することが大切です。

あとで切り抜きをすると、商品が切れてしまう可能性があるので、予め画面のサイズを正方形にしておくと良いでしょう。

メルカリの画面上には、予め保存しておいた写真を使用するのと、その場で撮影するのとふた通りの方法があります。

その場で撮影すると保存が効かないのと、何度もやり直ししなければいけないケースがあるので、最初にいくつかの写真を撮っておきましょう。

背景の色を考える

写真の背景も非常に重要です。

例えば、黒い商品なのに、背景も黒だと商品がわかりづらくなってしまいます。

白い背景は、商品が引き立って清潔感もあって好まれるで、白の製品以外のときは使いましょう。

商品を置く場所もシンプルなデザインの場所を選ぶなど工夫をしてみましょう。

床に置いての撮影は避けた方が無難です。

明るさを考える

写真を撮る時間帯も工夫したいところです。

室内で撮影するのであれば、日中の昼間など明るい時間帯を選ぶのが良いでしょう。

ただし、光が強すぎると商品のロゴや文字が見えなくなってしまったり、細部まで見えなくなるので、場所を変えたりすると綺麗に見えます。

商品の置き方を工夫

商品を綺麗に見せることも大事です。

服であれば、しわしわでぐちゃぐちゃに置いてあるより、アイロンで綺麗に整えて、ハンガーにかけたり丁寧に畳んで撮影すれば、ユーザーの反応が全く違います。

電気製品のコード類も絡まっているのと、綺麗に整えられているのでは印象が全然違います。

商品の置き方一つで、出品者の商品に対する扱いが出るので、商品の身なりやポーズを考えてあげましょう。

バッグなどは中身も見せた方がよいでしょう。

また、撮影時に商品以外のものは周りに置かない方がよいです。ユーザーに商品に集中してもらうように心がけましょう。

写真の選び方や加工のおすすめの方法

写真をいくつか撮ったら、今度は写真を選んだり、加工をしていきます。その際のおすすめの方法を以下まとめました。

ピントが合っている写真を選ぶ

これは当然ですが、商品のピントがボケていては、印象が悪くなります。

商品がどんな商品かわかるようにするためにも、必ずピントは合わせて撮りましょう。

合わせて、商品の一部だけではなく、全体を撮るようにしましょう。

写真は最大4枚まで撮れるので、商品の他の部分も撮り、ユーザーに見せるようにします。

画像の加工をする

画像の加工は、明るさやコントラスト、切り抜き、フィルタ、シャープネスなどの加工機能があります。

あまり加工しすぎて実物と違いすぎてはいけないので、あくまでも自然な感じを出すように心がけましょう。

人の目で見たときと同じ感じになるように加工していくと良いです。

洋服などは、特にシャープ機能や明るさを調節すると良いです。

注意したいのは、あまり文字を入れすぎないことです。

ユーザーは、商品の状態を良く見たいので、文字ばかりが強調されすぎても良くありません。

ブランド名やロゴは見せる。

ブランドの名前やロゴは、必ず忘れずに撮影しましょう。

商品の型番や、規格も写した方が良いです。

常にユーザー目線に立って、購入する時にどこを見たいかと常に考えましょう。

1枚目の写真では全体を、2枚目以降の写真でブランド名やロゴ、規格などを載せると良いです。

また素材や製造元を気にするユーザーも多いので、信頼感を上げるためにも掲載しましょう。

不備は隠さずに

汚れや、傷などもきちんと掲載しましょう。

隠してあとから発見されるより、予め知らせておいた方が、後々のクレームも少なくて済みます。

洋服であれば、ほつれや汚れ、電気製品であれば、傷やへこみなども隠さずに写しましょう。

メルカリは売買終了後にユーザーに評価されるシステムがあるので、長期的に考えると不備をきちんと説明して販売した方が、評価は高くなり信頼度も増します。

商品説明に関する大事な事柄は写真も載せる

商品の特徴で、「ここが売りです」「ここが欠点です」など大切な商品説明部分は、写真も一緒に載せると説得力が増します。

例えば、スマートフォンの中古であれば「画面に傷がありません」という部分を強調したい場合は画面の綺麗な写真を、もし「角にへこみがある」のであればしっかりとその写真を掲載しましょう。

\安く商材を仕入れたい方はこちらがオススメです/

まとめ

メルカリ転売において写真の撮り方は非常に重要です。

上手な撮り方のコツはいくつかあり、背景の色を考えたり、商品の置き方を工夫したりする方法があります。

写真を選ぶ際には、ピントが合っている写真を選び、加工の際は、実際に目で見た感じに近づけるように工夫をしましょう。

商品の不備も隠さずに掲載する事が大切です。

 

※せどりに関するおすすめ教材のレビューしています

[記事公開日]2018.03.08
[最終更新日]2018.09.06
[ライター]ワカさん