インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

AmazonせどりのCD予約販売対策?Amazonのガイドライン改正

2018年5月、AmazonがCDと雑誌の出品(メディア商品)に関するガイドラインを改正しました。

Amazonで出品をしている人は是非押さえておくべき内容で、特にCDや雑誌類を出品している人は気をつけましょう。

今回は、どのようにルールが改定したのか、気をつけるべきことなどを解説していきます。

\安く商材を仕入れたい方はこちらがオススメです/

Amazon出品でCDと雑誌に関するルール改正

Amazonのコンディションガイドラインによれば、「新品(未使用、未開封の完全な状態の商品)で、適法な再販売価格維持契約の定価販売の対象になっている商品」については、定価以外の価格では「新品」として販売することができないとしています。

もし定価販売の期間がある場合は、該当期間が経過した商品については、このルールは除かれることになります。

ルール対象商品については、定価以外の価格を指定できないことになり、今までCDの予約販売をしていた人は、利益が出せなくなります。

送料に利益を上乗せすることも考えられますが、送料込みの定価にしないといけないので、それも困難といえます。

特典が付いている限定版については、今後どうなるか明確に表示されていないようですが、「適法な再販売価格維持契約の定価販売の対象になっている商品」と同様の扱いになる可能性が高いといえるでしょう。

もし、今後も新品商品を定価以外で繰り返し販売していることが確認された場合は、再販契約の締結有無を確認する場合があるそうです。

再販売価格維持契約とは?

上記のガイドラインで出てくる再販売価格維持契約とは、簡単に説明すると以下のような内容となります。

  1. 商品の生産者や供給者が、卸、小売業者に販売価格を提示してそれを遵守させる行為
  2. 再販売価価格維持、再販売価格の拘束とも呼ぶ
  3. 商品の供給元が小売業者の売価変更を許容せずに、定価販売を指示すること
  4. 対象商品は、書籍や雑誌、レコード、音楽用CDやたばこなど

参考:ウィキペディア

この再販売価格維持契約の対象となる商品は、定価のみで販売が可能で、代わりに売れ残りになったものは返品ができる仕組みとなっています。

古い雑誌や週刊誌などがコンビニに置いていないのは、この仕組みが働いているからです。

新規セラー参加の規制?

Amazon側としては、これ以上新規のセラーは不要だと判断しているのかもしれません。やたら新品で利益を上げている業者を規制したい狙いもあるのでしょう。

また今回は、Amazon内だけのルール変更というよりも、Amazon側が法律に合わせたルール改正をしているので、仕方がない側面もあったのかもしれません。

いずれにしても、対象商品については、基本的に定価での販売を心がけるべきでしょう。プレ値で販売したい場合も、ほぼ新品のコンディションで出品すべきでしょう。

再販制度の適用期限はしっかりと確認を

再販制度の適用期限が切れれば、新品コンディションでも出品者が自由に価格を設定できるので、しっかりと期限を調べましょう。

特にCDや音楽関連のソフトは、時限再販や部分再販が採用されていて、ケースの裏や帯などに記載されていることが多いです。

注意したいのは、CDでDVDの初回限定盤などは、再販価格維持制度の対象外なので、これは覚えておくと良いでしょう。

まとめ

Amazonは2018年5月に、CDと雑誌の出品(メディア商品)に関するルールを改正しました。

再販売価格維持契約の定価販売の対象になっている商品については、定価以外で販売することは不可となりました。

ただし、一定期間が定められている対象商品については、期間経過後はその限りではありません。出品商品が、再販売価格維持契約の期間があるかどうかはよく調べた方が良いでしょう。

CDや雑誌類、音楽ソフトを出品している人は、法律に沿った出品が必要です。

 

※せどりに関するおすすめ教材のレビューしています

[記事公開日]2018.06.12
[最終更新日]2018.09.06
[ライター]ワカさん