インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

転売やせどりの種類について

転売やせどりの種類について

一般的に、転売は、限定品や希少価値のあるもの、超人気商品を扱うことが多いので、まずは仕入れるところから難易度が高くなっています。
せどりは、中古品などを安く仕入れ、それ以上の価格で販売するという手法がメインとなります。

転売やせどりの種類は、仕入れ先別、販売先別、商品別など分け方も多様で、いろいろな名前が付けられています。

商品や店舗名での種類は限りなく多いので、ここでは、仕入れ先や販売先を基準とした種類をご紹介していきます。

\安く商材を仕入れたい方はこちらがオススメです/

転売の種類

転売の種類は、販売先で分けられることが多いため、販売先別の種類をご紹介いたします。

ヤフオク転売

転売の中でも初期から行われているオーソドックスは方法です。

仕入れる商品は、リサイクルショップなどの実店舗の他、ヤフオク、Amazon、メルカリなど、ネットで見つけた商品となります。

1円出品の商品を見かけることがありますが、もちろん1円で売ろうと思っているわけではなく、ユーザーの目に留まるように1円からスタートするということです。

人気商品であればすぐに価格が吊り上がります。

Amazon転売

Amazonには、Amazonが出品している新品商品と、Amazonマーケットプレイスとして、一般の出品者が販売する「新品」「再生品」「中古商品」「コレクター商品」があります。

転売やせどりで出品する場合は、Amazonマーケットプレイスを利用します。

Amazonは、市場規模が大きいことに加えて、保管、梱包、発送まで行うFBA(フルフィルメント by Amazon)というシステムを利用することができるため、多く利用されていますが、その反面、競合も多くなります。

仕入れた商品が増えてくると、商品の保管場所や梱包、発送作業の手間もばかになりませんから、多少手数料を払っても、そこまで完備しているサービスを使えることは大きなメリットとなります。

BUYMA転売

BUYMAがヤフオクやAmazonと異なるのは、在庫を持たずに販売することができることです。

注文から発送まで、期間が長い場合は数週間ということもありますから、出品者はその間に買い付けを行います。

本来は、海外在住の日本人が国内の日本人のために買い付けを代行する、というようなコンセプトなのですが、BUYMA転売の場合は、日本在住の日本人が海外の商品を出品し、注文があったら仕入れるという場合も多く見かけます。

輸出転売(海外のマーケットを利用する)

輸出転売とは、海外では手に入りにくい国内商品など、海外向けに販売するということです。

アメリカのAmazonマーケットプレイスやeBayなどで商品を販売します。

日本人が欲しいと思う海外の限定品はわかりやすいですが、外国人が欲しいと思う日本の限定品が何であるかをリサーチするのは簡単ではありません。

世界に発信しているので、市場規模は大きいのですが、質問を受けた場合やトラブル時の英語対応などのスキルが要求されます。

輸出転売に関連して、上述した国内ヤフオクやAmazonマーケットプレイスへ出品する商品の仕入れ先として、海外マーケットを利用するという方法もあります。

海外限定品や希少価値のある商品などを見つけて購入し、それをAmazonマーケットプレイスやヤフオクなど国内のサイトに出品します。

海外から発送するので、商品が届くまでに数週間かかることもあります。
また、商品の破損、偽物、ジャンク品などのトラブル時には、英語対応のスキルが必要です。

こうしたトラブルの際、商品の発想者は再送などをしたくないために、わかりにくい英語でのらりくらりと交わされて、数か月もやり取りをしなくてはいけなくなるケースもあります。

送料や関税など、商品代金以外の経費が必要ですから、それを見込んで利益の出る商品を選ぶことが大切です。

せどりの種類

せどりの種類は、仕入れ先で分けられることが多いため、仕入れ先別の種類をご紹介いたします。

店頭せどり

商品の仕入れを、実店舗で行う方法です。

本、CD、DVD、ゲームソフトについては、ブックオフや古本市場などの店舗を利用し、安価で購入します。ゲオやツタヤのレンタル落ち商品を購入することもあります。

一部のブックオフなど、せどりを禁止している店舗がありますが、大量に商品を購入するせどりの存在を、ありがたいと思い黙認している店舗もあるようです。

また、その他、家電、古着、食品、コスメ、ジュエリーなど、あらゆるものを仕入れています。

仕入れ先は、ドン・キホーテなどのディスカウントショップやリサイクルショップ、業務用スーパー、一般の小売店のセールやアウトレット商品などを狙います。

店舗せどりは、さまざまな店舗を回って売れそうなものを探すため、時間もかかりますし、また地域によっては店舗が少ない場合もありますから、誰でもうまくいくというわけではないようです。

電脳せどり

商品の仕入れを、ネットで行う方法です。

仕入れ先としては、ヤフオク、メルカリ、Amazon、楽天、Yahooショッピング、海外のAmazonなどが多くなっています。

オークションやフリマでない場合は、楽天スーパーセールやアウトレット品など、セール期間が狙い目となります。

ネットから購入する場合は、商品を手に取って見ることができませんから、出品者の評価などを頼りに、信頼のおける出品者から購入することが大切です。

輸入せどり

電脳せどりの一部とも言えますが、商品を海外から仕入れる方法です。

転売は、国内では手に入りにくい限定品や希少品などを扱うのに対して、せどりの場合は、売れそうな商品であれば何でも扱います。

転売と同じく、送料や関税などの費用を考えると、それほど大きな利益がでないという場合もありますから、商品のリサーチと選定は需要です。

また、トラブルなどに備えて、ある程度の英語のスキルは必要となります。

特殊なせどり

常時行えるわけではないせどりの種類として、トレンドせどり、お悔やみせどりなどがあります。

「トレンドせどり」とは、ニュースなどで大きな話題になった人・出来事などの関連商品を仕入れて、話題がしぼまないうちに売ってしまう手法です。

「お悔やみせどり」とは、芸能人や著名人が亡くなった際、テレビなどで特集が組まれますが、その直後から売れ出すその方の著作物、映画、歌のDVDなどを即座に購入して、数日のうちに売ってしまうという手法です。

他にも、「不祥事せどり」「紅白せどり」などがありますが、短期間の勝負なので、時期を逃すと利益が出にくくなります。

また、良し悪しの問題はありますが、天災や病気の流行で品薄になる商品を仕入れるという方法もあります。
 

※せどりに関するおすすめ教材のレビューしています