インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

稼げるオークション、転売、せどりを目指す方への最新情報

ネットビジネスを始めるにあたり、オークションで自分のいらないものを出品したり、Amazonなどを活用した転売やせどりは比較的簡単に始める事が出来る為、ネットビジネスの入り口としてチャレンジされる方が多いようです。また、最初に需要を知った上で仕入れる事も出来ますし、事前におおよその売り上げも把握できるのでリスクが低いビジネス形態と言えるでしょう。中には転売で月に数億円を稼ぐ方もおられますので、1つの事業として捉える事も十分に可能です。当ページでは、ネットビジネス初心者向けにお伝えしてまいりますが、上級者にも為になる情報を掲載してまいりたいと思います。

転売・ せどりとは

転売やせどりとは、手に入れた商品を購入価格より高値で売り、その差額を収入とするビジネスです。おおざっぱに言えば、転売は、人気の品薄商品、限定品などを定価で仕入れて、プレミア価格で売ること。せどりは、中古品などを安く仕入れて、それ以上の価格で売るとういことです。コピーライティングのスキルなどが必要ないこともあり、手軽に始めることができるため、最近では新規参入者も増えて、競合が多くなっています。

転売やせどりの種類について

一般的に、転売は、限定品や希少価値のあるもの、超人気商品を扱うことが多いので、まずは仕入れるところから難易度が高くなっています。せどりは、中古品などを安く仕入れ、それ以上の価格で販売するという手法がメインとなります。転売やせどりの種類は、仕入れ先別、販売先別、商品別など分け方も多様で、いろいろな名前が付けられています。商品や店舗名での種類は限りなく多いので、ここでは、仕入れ先や販売先を基準とした種類をご紹介していきます。

転売屋、せどらーとはどんな職業?

「転売屋(転売ヤーとも呼ばれる)」や「せどらー」は、仕入れた商品を売った差額で利益を得る職業です。「せどらー」も大きな意味では「転売屋」に属するのですが、少し意味が異なります。一般的に、「転売屋」は、入手困難な商品、限定品、希少価値のある商品などを販売目的で購入し、プレミア価格で販売することがメインとなっています。「せどらー」は、古本・中古ゲーム・CD・DVD・ゲームソフト・家電・コスメ・古着・おもちゃなど、さまざまな商品を扱っていて、どちらかというと中古品を購入し、購入価格より高い価格で販売することがメインとなっています。転売やせどりは、作業時間や場所に捉われることなく作業ができることもあり、副業としても人気があります。

転売屋、せどらーになる方法と手順

転売屋やせどりになるには、商品を仕入れるための資金をある程度用意すれば、特別な資格や学歴・は必要ありません。転売屋、せどらーはリスクが少なく、結果が出るまでの期間が短いこともあり、副業としても可能なことから、初心者が参入しやすい職業です。転売やせどりを行って利益を出すためには、安く仕入れて、その価格以上で売ること、あるいは限定品や希少価値のあるもの、超人気商品を定価で購入してプレミア価格で売ることが基本です。そのためには、やみくもに仕入れて販売しても、簡単に売れるものではありません。うまく行かなかった場合は在庫を抱えてしまうことになってしまいますから、実践する前にはそれなりの準備をして、スキルや知識を仕入れておくことが大切です。

転売屋、せどらーに必須なスキルとは

転売屋やせどらーは、商品を仕入れて、仕入れ値より高い価格で売ることで差益を得ています。在庫を抱えるので、売れないと損失を被ることになってしまいますから、転売屋、せどらーの中には思ったほど在庫がはけず、赤字になるなどの理由で挫折する人も数多くいます。では、在庫を出さずに利益を出すためには、どのようなスキルが必要なのでしょうか。

転売屋、せどらーの月収と年収について

転売やせどりを行うには、アフィリエイターやユーチューバーなどに比べると、商品を仕入れる分、多少の自己資金が必要となります。空き時間や副業で行っている人もいますし、専業で行って生活の糧としている人など、さまざまな働き方があります。一概に稼げる・稼げないという判断はできませんが、経験年数やスキルにより、月収や年収に大きな差が出てきます。

転売屋、せどらーの次に目指す所はどこ?

転売屋、せどらーは商品を仕入れ、それより高い価格で販売して、その差益を収入としています。それなりの実績を上げてくると、売れる商品、売れない商品や、売れ筋価格などの感覚をつかむことができるようになります。商品についての知識を元にして、転売屋やせどらーが次に目指す所について、ご紹介していきます。

転売屋、せどらーの将来について考えてみた

転売やせどりは、もともとはインターネットビジネスであったと言うわけではありません。江戸時代の紀伊國屋文左衛門のミカン船伝説という話があります。紀伊國屋文左衛門は、紀州ではミカンの価格が安く、江戸では価格が暴騰していたのに目を付けました。紀州から船で、命がけでミカンを運んで利益を得たのをきっかけに、価格差のある品物を買っては、高く売れる地域で売りさばき、大儲けをしたという話があります。それが、せどりビジネスの元となったと言われています。

このように、仕入れた価格と、販売価格の差益で利益を得るというビジネスは昔から行われていました。現在は、仕入れた商品の販売先はおおむね、Amazon、ヤフオク、楽天などインターネットを利用して行われています。場合によっては、仕入れもネット上で完結するので、手軽にできるビジネスとして、参入する人も増えて来ましたが、最近では飽和状態になったと言われることもあります。将来的に、転売やせどりというビジネスがどのような方向に向かっていくのかについて解説したいと思います。