インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

インフォプレナーとして情報起業する王道の方法はコレ!

インフォプレナーとして情報起業するのは、起業する方法としては最も取り組みやすい方法の一つです。理由としては、コストがかからない点が挙げられます。

店舗を構えたり、商品の仕入れをする必要がなく、PC1台とインターネットで起業が可能です。しかし、簡単なだけに競合も多く、実績を出すためにはコツが必要です。

今回は、インフォプレナーとして情報起業する王道の方法を解説していきます。

インフォプレナーとして情報起業する王道方法とは?

インフォプレナーとして、情報起業する王道方法の手順を、以下にまとめました。ぜひ参照していただければと思います。

先ずは自分の得意分野で情報発信

先ずは、自分がどんな分野で、インフォプレナーとして活動していくかを、決める必要があります。

今まで自分が打ち込んできたことや得意分野、これは極めたいという分野を決めてきましょう。そのあとは情報発信をしていきます。フェイスブックやメルマガ、ブログなどを立ち上げて情報発信をしていきましょう。

大切なのは、自分が「この分野でうまくいくやり方を教えています。」という旗を市場にあげることから始まります。

見込み客を集める

情報発信を始めたら、次は見込み客を集めていきます。

見込み客とは、あなたの商材を購入してくれる可能性がある人のことを指します。見込み客ではなく、ただの冷やかし客もいるので、そういう人ばかりを集めてもビジネスにはなりません。

多くの人がこの段階でつまづいてしまいますが、見込み客とはあなたのファンで、お金を出してでもあなたの商品が欲しいという人、またはその見込みがある人です。

情報発信をして、このようなファンを集めるためにはある程度の期間が必要になるか、すでに情報発信を始める前に、ある程度のファンがついている必要があるといえるでしょう。

情報発信の際には、あなたの持っているノウハウはもちろんですが、あなたの人柄や哲学、ビジョンや使命なども伝えた方が良いでしょう。

今の時代、ノウハウは溢れており、それだけでは競合と差別化するのは難しいといえます。また「いかにユーザーの気持ちが理解できているか?」や「ユーザーと近い立場で共感できるか?」が非常に大切だといえるでしょう。

実際に商品を販売してみる

ある程度見込み客が集まり、情報発信によって価値提供を行ったら、次は商品を販売してみましょう。

商品がない場合は、アフィリエイトをしてみましょう。その際はもちろん、自分が情報発信しているテーマに関連した商品を販売することが大切です。

また、商品をいかに販売するかではなく、いかに見込み客が欲しい商品を販売するかが大切です。

当然ですが、お腹を空かせていない人たちに美味しくない料理を提供しても、お金を支払ってくれません。見込み客に何が欲しいのかを実際に聞いてみることも大切です。

アフィリエイトが難しい人は、転売という方法もあります。

これは仕入れ値と売値の差額で利益を得ていく方法ですが、この方法で月5万円、10万円と利益を上げて、その方法を情報商材でまとめて販売している人もいます。

アフィリエイトがハードルが高いという人は、転売から入るのも手です。

メルマガを有効活用する

最初の時点でメルマガを発行しても良いですし、ある程度実績を出してからメルマガを発行するのも有効です。

メルマガは、アフィリエイトや情報商材の販売には非常に適しています。こちらから一方的に情報を送ることができて、たくさんの人に一気に送信ができ、セールスに向いている媒体といえます。

インフォプレナーとして、情報起業して活躍している大多数の人は、メルマガを活用しています。

SNSやブログでセールスをしても良いですが、あまり向いているとはいえません。SNSやブログからメルマガへ誘導し、より濃い見込み客に教育してから、メルマガで販売する方が良いでしょう。

コンテンツ販売

アフィリエイトや転売などである程度実績を積んできたら、今度はそれを情報商材にまとめてコンテンツ化して、販売をしていきましょう。コンテンツは、PDFなどのレポート、音声、動画、本、セミナー、直接スカイプ、対面などのコンサルなどが考えられます。

最初はフロントエンド商品として、PDFレポートや音声を販売、バックエンド商品としてセミナーや直接コンサルなどを販売すると良いでしょう。

ここでのポイントは、フロントエンドにすべてのノウハウを出し尽くすということです。

良くとっておきのノウハウは高い金額でしか販売しないという人もいますが、それでは特にインフォプレナーの初期段階では信頼が獲得できません。

ユーザーに「この金額でここまで提供してくれるのか」と驚きと感動を与えるくらいでなければ、ファンになってもらえないのです。

「最初にノウハウを出し尽くしたら後で出すものがない」という人もいますが、実はそうではなく、フロントエンドを購入してくれた人に何が欲しいかを聞いていけば、おのずと次に必要なノウハウが出てきます。

フロントエンド、もっといえば無料オファーの時点で、出し惜しみなくとっておきのノウハウを出してこそ、濃いファンがついてくれるようになるのです。

インフォプレナーとして成果を出すために

インフォプレナーとして、成果を出すために必要なことを、以下にまとめてみました。

インフォトップに登録する

インフォプレナーとしては、ぜひ登録して活用したいのがインフォトップです。インフォトップは、情報商材のASPとしての知名度はトップクラスです。インフォトップに自分の情報商材を登録すれば、多くのユーザーの目に留まります。

大きなメリットは、初期費用や月額費用が無料の上に、ユーザーの決済が発生した時にのみ課金される仕組みです。

しかも、クレジットカードや銀行振込、コンビニ決済、電子決済、月額課金など、幅広い決済方法があるので、ユーザーも購入しやすいといえます。

また、10万人を超えるアフィリエイターが登録しているので、うまく協力してもらえれば、あなたの商材が大きく拡散してもらえる可能性もあります。

デメリットとして、インフォトップに商材を登録するには厳しい審査を通過しなければいけませんが、それでも登録するメリットは大きいといえるでしょう。

自分しかできないオリジナルを

インフォプレナーとして成果を出すためには、自分しか出せないオリジナル性を出すことが重要だといえるでしょう。

オリジナル性とは、自身が通過した体験や失敗、成功が多ければ多いほど豊かになります。たくさん行動、実践し、その中で得てきたものが、ユーザーに響くものとなりファンが増えていきます。

もちろん、最初からオリジナルで成功するほど甘くはありません。最初は、成功している人のモデリングから始め、徐々に自身のオリジナル性を出していくのが王道です。

先ずは、自分が理想とする結果を出している人をモデリングして、そのノウハウをすべて吸収してから成果を出していきましょう。

総合的なスキルを高める

もし1人でインフォプレナーとして情報起業をするとすれば、マーケティングから商品づくり、セールス、料金回収、アフターフォローまで、全てを一人でやる必要があります。

コピーライティングはもちろん、音声やセミナーをするのであればスピーキング能力、セールスなど、あらゆるスキルが必要になります。時には営業力も必要でしょう。

ビジネスの総合的な能力やスキルを磨くことなくしては、成功はありえません。また、継続的に取り組むのであれば、チームビルディングスキルも問われてきます。

これらのスキルを常に磨き続ける必要があるのです。

インフォプレナーを思い切り楽しむ

これも非常に大切なマインドです。

今はインターネットやSNSが普及し、個人でも自分のメディアを持って情報発信できる時代です。ひと昔では、PCとインターネットで起業をすることは考えられませんでした。

自分の経験や知識を商材にして、困っている人を救い、感謝されるインフォプレナーという仕事は楽しいものです。また実績がついてくれば、多くの人から尊敬を集められるのがこの仕事です。

それがお金を稼ぐだけにフォーカスをしてしまえば、継続をすること自体が厳しくなるでしょう。何よりも大切なのが、インフォプレナーを楽しむというマインドです。

まとめ

インフォプレナーとして、情報起業する王道の方法としては、自分が取り組む分野を決めて、情報発信をして見込み客を集め、商品を販売することです。

最初から商品作りが難しければ、まずはアフィリエイトや転売から始めて実績を作り、そのノウハウをまとめて商品にする方法もあります。

インフォトップなどに登録して、アフィリエイターに協力してもらうことも有効です。

ビジネス全般のスキルを高めるとともに、インフォプレナー自体を楽しむことが、成果を出し続ける秘訣です。

[記事公開日]2018.03.06
[最終更新日]2018.05.09
[ライター]ワカさん