インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

情報起業家(インフォプレナー)の次に目指す所はどこ?

情報起業家(インフォプレナー)の次に目指す所はどこ?

情報起業家(インフォプレナー)は情報商材を販売するにあたり、セールスコピーのスキルやマーケティングのスキルを持ち合わせていますから、Webプロモーションは得意とするところです。

このWebプロモーションのスキルを生かすことにより、次のキャリアアップ先として、WebコンサルタントやWebマーケッターなどを目指すという可能性が考えられるでしょう。

その他に、これまでの経験をそっくり生かす形で、情報起業家(インフォプレナー)やアフィリエイトを養成する、という道もあります。

情報起業家(インフォプレナー)のスキルを生かした次に目指す所は?

Webコンサルタント

情報起業家(インフォプレナー)は、情報商材を売るためのランディングページ作成が得意です。

そのスキルを活かして、集客に強いWebサイト、ランディングページ制作、セールスコピー、コンテンツライティングなどを請け負う「Webコンサルタント」として活躍することができます。

情報商材を販売してきた経験がありますから、SEO対策、SNSマーケティング、各種広告、メールマーケティングなど、さまざまなマーケティングを行うことができます。

特に、ランディングページを使ったメールアドレス取得や、そこからのメールマガジン・ステップメールを使ったメールマーケティングについては、情報起業家としてのスキルを大いに活用することができます。

商品やサービスの種類によっては、メールアドレスの取得やランディングページの宣伝を、アフィリエイターに手伝ってもらっても良いでしょう。

集客に強いWebコンサルタントということであれば、需要も多くなります。
個人として活動だけでなく、起業して法人として活動する可能性もあるでしょう。

Webマーケッター

Webコンサルタントの場合は、Web制作全般に関わることになりますが、Webによるマーケティングに特化したWebマーケッターとして活躍することもできます。

特に、メールマーケティングやSNS広告、LPO(ランディングページ最適化)などは、情報商材を販売するに当たり駆使していますので、最も得意としています。

また、プロダクトローンチの手法を経験したことのある情報起業家(インフォプレナー)は、DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)色の強いマーケティングを行えるということで、他のWebマーケッターとの差別化ができるでしょう。

ダイレクトレスポンスマーケティングのコンサルタント

Webマーケティングは、あくまでWebサイトのためのマーケティングです。

それに対して、DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)は、Webだけに留まらず、新聞広告、店頭広告やダイレクトメールなども使って、マーケティングを行っていきます。

DRMコンサルタントは、クライアントの商品を見込み客に確実に届けるためのアドバイスや、一見誰も買いそうもない商品を買ってもらえるよう提案をすることなどができます。

例えば、

  • 店頭におけるフロントエンド商品とバックエンド商品の配置の仕方
  • 視点を変えた、商品の新たな使い方の提案
  • キャンペーンを利用し顧客の連絡先を入手し、そこからの効果的なダイレクトメール

など、DRMの手法を使ったコンサルティングを行います。

セールスコピーライター

情報商材を作るために行ってきたリサーチのスキルや、販売するために書いてきたセールスコピーのスキルを生かして、商品やサービスを売るためのセールスコピーを書くという仕事をすることもできます。

セールスコピーライターはキャリアアップと言えるかどうかはわかりませんが、情報商材以外の幅広い商品やサービスに対しての宣伝を行うことができます。

セールスコピーが使用されるのは、Webサイトやランディングページだけではありません。
メールマガジン、メール広告、ダイレクトメール、FAX DM、新聞広告など、さまざまな場所で使われます。

一度大きな実績を作れば、クライアントから継続して仕事をもらえるようになるでしょう。

クライアントから頂いた仕事の場合は、当然のことながら、宣伝する商品やサービスについての詳しい情報を得ることや、競合やトレンドなど、リサーチをすることが必要となります。

講師

情報起業家(インフォプレナー)がこれまで培ってきたセールスコピーライターのスキルを生かして、セールスコピー講座の講師を行うということもできます。

セールスコピー講座の講師の場合、これまでの情報起業に特化したセールスコピーから、一般的な商品やサービスにも対応できるよう、ある程度のセールスコピーの理論や実践方法などを勉強する必要はあるかもしれません。

講座を行う方法としては、

  • 会員に毎月動画テキストを配信するなどして、そのノウハウを1から学ばせる
  • 会員に対してface to faceで講義するセミナーや塾などを開催する
  • 上記の他、書籍やメールマガジンなどを発行する

などがあります。

また、情報起業家(インフォプレナー)やアフィリエイターを養成する講座を開催することもできますが、これらの多くは情報商材としても販売されています。