インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

情報起業家(インフォプレナー)の月収と年収について

情報起業家(インフォプレナー)の月収と年収について

情報起業家(インフォプレナー)としての働き方はいろいろあり、副業として行っている人もいますので、収入もさまざまです。
また、1人で行うのか、複数でチームを組んで行うのか、また販売手法や扱う商材などによっても大きく変わってまいります。
このページでは、大ヒット作を販売する情報起業家(インフォプレナー)が、どれくらいの月収や年収を得ているかに注目してみたいと思います。

トップインフォプレナーはどのくらい稼ぐの?

情報起業家(インフォプレナー)が情報商材を販売する場合、下記のような方法があります。

  • 情報商材ASPに登録して販売する。
  • アフィリエイターに依頼する
  • 単独で販売する
  • 上記の中の複数の販売方法を利用する。

情報商材ASPに登録して、アフィリエイターに販売してもらう場合

情報商材の販売は、情報商材ASPに登録して、アフィリエイトに販売してもらうというのが一番手っ取り早い方法です。

大手ASPで1位を取るような商材の売り上げは、月間3,000万円~5,000万円ほどになると言われています。

ただし、アフィリエイターに販売を依頼する場合は、アフィリエイター報酬と、情報商材ASPの決済手数料が差し引かれます。

アフィリエイターに支払う額の設定は、情報起業家(インフォプレナー)が行いますが、7割から8割くらいに設定していることが多いようです。

この場合、もし、アリフィエイターにより月間5,000万円の売り上げがあったとすると、そのうち、3,500万円~4,000万円がアフィリエイターの報酬となり、情報起業家(インフォプレナー)の報酬の残りは、1,500万円~1,000万円となります。

そこからASPへの決済手数料が差し引かれます。

決済方法により手数料が異なります。

インフォトップの場合
・一番安い決済方法で1決済96円(税別)、
・一番高い方法では販売額の10.48%(税別)となっています。
クレジットカードの場合、税金を含めると9%くらいになるようです。

仮に8%だとすると、上記の売り上げの場合で、400万円がASPの決済手数料として差し引かれますから、最終的に情報起業家(インフォプレナー)の報酬は、

月収 約1,100万円~600万円

となります。

ただし、翌月も同じ販売数になるとは限りませんので、月収は下がることがあります。

個人で販売する場合

アフィリエイターに依頼することなく、個人で販売する場合、売上を上げるためには、PPC広告、SNS広告などを利用することになります。

その広告費として、売上の5割~8割は必要になりますから、アフィリエイターに販売してもらう場合と同じような報酬となります。

上記のことから、個人で販売する場合も

月収 約1,100万円~600万円

と考えられています。

このことから、情報商材ASPを使う場合でも、個人で販売する場合でも、半年~1年間くらい売れた場合、

年収 7,200万円~13,200万円

となり、1億円突破が現実的になります。

プロダクトローンチという手法を使う場合

プロダクトローンチとは商材を短期間に一気に売り切る手法です。
通常の情報商材に使われるセールスレターは縦に長いものですが、これを横に倒し分割します。

つまり、コンテンツを数日おきに小出しにしてメール配信し、読者を教育します。
読者に離脱されないよう、読者の興味を引くような話をしながら、続きのメールが読みたくなるような内容にします。

しかし、最後の最後まで、商材の売り込みはしません。
しっかり読者との信頼関係が築けたところで、最後に一気に商品を売り出すのです。

プロダクトローンチを使った場合、見込み客はすっかり筆者のファンになっていますから、購入率も高く、メール配信数が多ければ爆発的な売り上げとなります。
2週間程度で、3~5億売り上げる場合もあります。

そのためには、大量のメールアドレスを集める必要があります。
無料のフロントエンド商品やキャンペーンなどで、メールアドレスを集めるためには、アフィリエイトの協力が必要となります。

この場合、アフィリエイターは商材を販売するのではなく、メールアドレスを集めることで報酬を得る約束がされます。(オプトインアフィリエイト)

上述したように、2~3億円の売り上げがあった場合でも、アフィリエイターに支払う報酬が、1億~2億円となり、ASPの決済手数料が8%とすると、2千400万円~4千万円程度が差し引かれます。

そして、最終的に情報起業家(インフォプレナー)の利益は、
1億7,600万円~2億6,000万
となります。

プロダクトローンチの場合は、短期間で爆発的に売れる一方で手間もかかりますので、1商品に関わる人数も平均5人ほどになります。

ですから、一人当たりの報酬は、
3,500万円~5,200万円
となります。

短期間で売り切るとは言っても、準備に時間がかかります。
年間1~3本が限度になりますので、販売する商材がすべて大ヒットした場合、トップインフォプレナーの年収は、1人あたり最高で

年収 約1億円~1億5千万円

となります。

平均月収・年収という概念では考えない

情報商材の販売は1人でも十分行うことはできますが、複数で行う場合は、収入も山分けとなります。

しかし、情報商材の売り上げは毎月同じとは限りませんし、1つの商材が大ヒットしても、次の商材が売れるかどうかはわかりません。

ですから、平均月収・年収という概念で考えず、ある時期の収入がこれだけあった、と考えたほうがよいかもしれません。

トップインフォプレナーは商材以外でも稼ぐことができる

億単位の販売実績を上げることができる情報起業家(インフォプレナー)は、その経験を生かして、「情報商材が売れるためのノウハウ」を商材にすることができます。

その他にもセミナーを開催したり、高額で情報起業家(インフォプレナー)やアフィリエイトのための塾を開くなどの道も開けます。

また、ブログのアクセスも増え、広告料が入り、有料メールマガジンを発行しても読者が付きますから、情報商材以外にもさまざまな収入の道があります。