インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

稼げる情報起業家(インフォプレナー)を目指す方への最新情報

個人がインターネットで何らかのビジネスを考える時、アフィリエイト、転売やせどりと並んで頭に浮かぶのが情報起業家(インフォプレナー)の道ではないでしょうか。情報起業家(インフォプレナー)として成功すれば1つのコンテンツだけで1億を超える売り上げを出す事も夢ではありません。いえ、10億円も可能な分野だと言えます。当ページでは、稼げる情報起業家(インフォプレナー)を目指す方への最新情報を掲載してまいります。

情報起業(インフォ事業)とは

情報起業とは、インフォ事業とも呼ばれますが、自分の持つ知識などを情報商材として販売することを言います。見込み客に直接に訴求したWebサイトのランディングページに、ユーザーの購買意欲を高めるようなセールスコピーを掲載して、ユーザーを購入に誘導し、商材を販売します。これは、ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)の手法を用いたものです。そして、情報商材を販売する人のことを「情報起業家」あるいは「インフォプレナー」と言います。

情報起業(インフォ事業)の歴史

1995年にWindows95が発売されると、インターネットが一般家庭にも普及し始めました。それから右肩上がりに、インターネットユーザーは増え続け、ショッピングサイトなども登場してきました。初期のショッピングサイトでは、「物を売る」というのが一般的で、情報を売るという概念はまだ日本には浸透していませんでした。強いて言えば、書籍販売も情報を売るという事になりますが、一般的に言われている「情報起業」と書籍販売とは意味合いが異なり、情報起業は情報商材と言う、あるテーマについての専門的なマニュアルを見込み客に訴求して販売することです。「情報を売る」という概念はアメリカが発祥となります。

情報起業家(インフォプレナー)とはどんな職業?

情報起業とはアメリカ発祥のビジネスモデルです。自分の持つ知識などを情報商材として販売することを言います。情報商材は、あるテーマに沿った専門的なノウハウをマニュアル化したものです。テーマとしては、例えば、「アフィリエイト」、「恋愛」、「ダイエット」、「薄毛」、「病気」、「FX(競馬)で稼ぐ・設ける」「Webサイトのアクセスアップ」「体の不調」、「ビジネス関連」、「自己啓発関連」のようなものがあります。見込み客に直接に訴求したWebサイトのランディングページに、ユーザーの購買意欲を高めるようなセールスコピーを掲載して、ユーザーを購入に誘導し、商材を販売します。そして、このような情報商材を販売する人のことを「情報起業家」あるいは「インフォプレナー」と言います。

情報起業家(インフォプレナー)になる方法と手順

情報起業家(インフォプレナー)とは、あるテーマに沿った専門的な知識やノウハウをマニュアル化して、情報商材として販売する人たちのことを言います。テーマとしては、例えば、アフィリエイト、恋愛、ダイエット、薄毛、病気、FX(競馬)で稼ぐ・儲ける、Webサイトのアクセスアップ、体の不調、ビジネス関連、自己啓発関連のようなものがあります。情報起業家(インフォプレナー)になること自体は、それほど難しい事ではありません。マニュアルとなる情報を持っていること、と、パソコンがあればすぐに始めることはできます。しかし、ここでは、しっかりと利益を上げるための方法や手順をお伝えしたいと思います。

情報起業家(インフォプレナー)に必須なスキルとは

情報起業家(インフォプレナー)が販売する情報商材が、普通の書籍などの販売と異なることの一つに、DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)の手法を使って販売していることが挙げられます。コンテンツを書くためのリサーチやテクニカルなスキルはもちろん必要ですが、DRMに必須なのはセールスコピーやマーケティングのスキルとなります。特に、セールスコピーはその良し悪しにより商材の売れ行きが大きく左右されると言われるほど重要なものとなります。

情報起業家(インフォプレナー)の月収と年収について

情報起業家(インフォプレナー)としての働き方はいろいろあり、副業として行っている人もいますので、収入もさまざまです。また、1人で行うのか、複数でチームを組んで行うのか、また販売手法や扱う商材などによっても大きく変わってまいります。このページでは、大ヒット作を販売する情報起業家(インフォプレナー)が、どれくらいの月収や年収を得ているかに注目してみたいと思います。

情報起業家(インフォプレナー)の次に目指す所はどこ?

情報起業家(インフォプレナー)は情報商材を販売するにあたり、セールスコピーのスキルやマーケティングのスキルを持ち合わせていますから、Webプロモーションは得意とするところです。このWebプロモーションのスキルを生かすことにより、次のキャリアアップ先として、WebコンサルタントやWebマーケッターなどを目指すという可能性が考えられるでしょう。その他に、これまでの経験をそっくり生かす形で、情報起業家(インフォプレナー)やアフィリエイトを養成する、という道もあります。

情報起業家(インフォプレナー)の将来について考えてみた

インターネットが一般に広く普及して20数年あまりの間に、「情報」が簡単に手に入ることが当たり前となり、今では情報はライフラインの一つとも言われています。インターネット上にはさまざまな情報がたくさんあふれていて、知りたい情報はスマートフォンでいつでも調べることができます。わからない事はすぐに調べることが当たり前となった現代において、次の課題は、いかに自分が必要としている、ピンポイントの情報にたどりつくことができるかどうかが課題となります。たとえば、無料の井戸水よりもなぜお金を払って水道の水を買うのかと言えば、衛生的・安定的に供給されるというメリットがあるからです。同じように「情報」についても、本当に自分が必要としているものであれば、情報という形のないものに、お金を払って買うということに抵抗がなくなってきたのです。そうした状況を背景に「情報起業ビジネス」の市場は、この10年ほどの間に劇的に拡大してきました。