インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

アフィリエイターに必須なスキルとは

アフィリエイターに必須なスキルとは

アフィリエイターは「誰でも簡単に稼ぐことができる」と謳われていますが、実際は利益を得ることはそう簡単なことではありません。

ネット上の競合商品やサービスの中で、選ばれるためには、商品を熟知し、売れるサイトを作ること、売れるコピーを書くことが大切です。

そのために必須なスキルをご紹介します。

売れるために必要なのはどんなスキル?

(1)文章を書く・コピーライティングのスキル

Webサイトや、ブログに商品を掲載する上で、効果的なコピーライティングを書けるかどうかが商品の売れ行きを左右します。

日ごろから文章を書き慣れていない場合は、競合サイトなどのコピーをリサーチしておくとよいでしょう。

情報商材のアフィリエイターの場合、セールスコピーライティングのスキルが必須になります。

情報商材は、セールスコピーを使って、DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)の手法で情報商材を販売します。

また、メールマガジンやプロダクトローンチと併用する可能性もありますので、メールマガジン用のセールスコピーの書き方も学んでおいた方がよいでしょう。

(2)リサーチのスキル

販売する商品やサービスの宣伝をするに当たり、競合や関連サイトの情報をリサーチする必要があります。

他サイトの価格、特典、デザイン、コピーなどはしっかりチェックする必要があります。

また、宣伝する商品自体についても、詳細な情報をリサーチして置く必要があります。
自分が商品について疑問に思うことは、ユーザーも疑問に思う可能性がありますから、不明点は必ずクリアにしておきます。

同じような商品を掲載した同じようなサイトがたくさんある中で、選んでもらうためには、情報収集を怠らないことが大切です。

特にトレンドアフィリエイトを行う場合は、リサーチのスキルは重要な要素となります。

トレンドアフィリエイトを行わない場合でも、紹介する商品に関する検索ワード10位くらいは、常にチェックしておくとよいでしょう。

(3)Webサイトやブログを作成するスキル

Webサイトやブログは独自ドメインを取得して自作することをお勧めします。

多くの初心者アフィリエイターが無料のブログを使っていますが、無料のツールは余計な広告が入り、ユーザーの気が散ることも考えられますし、特定のワードが規約違反などにひっかかると突然削除されてしまう場合もあります。

WixやJimdoを使って手軽にWebサイトを作成することもできます。
ブログを作成するのであれば、WordPressなどを習得するとよいでしょう。

いずれも、無料、有料のテンプレートなどを利用すれば、Webデザイナーほどのスキルがなくても簡単なサイトやブログを制作することができます。

簡単なHTMLとCSSの知識は取得しておくことをお勧めします。

(4)マーケティングのスキル

どのタイプのアフィリエイトを行うかによって必要な知識は異なります。

例えば、Webサイトやブログでアフィリエイトを行う場合でも、広告もメールマガジンも併用する可能性もありますから、下記のような一通りの知識を習得しておくことをお勧めします。

  • SEO対策(検索エンジン最適化)のスキル
  • キーワードを選定するスキル
  • リスティング、PPC、SNS広告などの知識
  • メールマガジンのノウハウやプロダクトローンチの知識
  • LPO(ランディングページ最適化)
  • EFO(入力フォーム最適化)
  • 情報商材の場合はDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)の知識

(5)行動心理学の知識

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)にも関係することですが、人が何に基づいて行動するのかを学ぶ事により、購買に至るまでの心理を知ることができ、より成果を出しやすくなります。

例えば、「おとり効果」というものがあります。
これは、本当に売りたい商品を選んでもらうためにおとりの商品を掲載することです。

有名な例では「エコノミスト誌」の話があります。
エコノミスト誌が掲載した定期購読の選択肢はこのようになっています。

(1) オンライン版のみの購読:59ドル
(2) 紙媒体のみの購読:125ドル
(3) オンライン版&紙媒体の購読: 125ドル

あなたならどれを選ぶでしょう?

アメリカの大学生に実験を行ったところ、多くの学生が「(3)オンライン版&紙媒体の購読: 125ドル」を選びました。

紙媒体とオンライン両方ついていて、紙媒体だけのものと同じ価格であれば、お得です。
当然ですね。

しかし、(2)を除いて、(1)と(3)だけの選択肢にすると、多くの学生が安い方の(1)オンライン版のみを選択しました。

実は、(2)は比較対象のために置かれた「おとり」であり、(3)を選ばせるための心理作成であったということです。

このように、行動心理学を学ぶ事でユーザーをより都合のいい方向へ導くヒントを得ることができます。

継続しながらスキルを身に着けていくことが大切

2017年現在、およそ500万人ものアフィリエイターがいると言われています。

その中で、ほとんど収入を得ることができていない人が40%もいるとのことです。
収入が得られず、アフィリエイターを始めて数週間で脱落する人も多いようです。

初めから多くの収入は期待できないかもしれませんが、3年以上続けている人のうち5~6人に1人は月収100万円を超えているというデータもありますから、継続しながらもスキルを身に着けて行くことで多くの収入が得られるようになる可能性があります。