インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

アドセンスが仕様変更?!自由に広告が貼れなくなるの?

最近、アドセンスが仕様変更になり、今後は自由に広告が貼れなくなるとネット上で騒動になっています。

このアドセンスの仕様変更はどのようなものなのか、また、今後アドセンスの広告を貼りたければどのように対応すればいいのかなど、調べてみました。

自由に広告が貼れなくなる

これまでは、一度アドセンスのアカウントを取得すると、規約違反のサイトでない限り、自由に広告を貼ることができました。

つまり、これまでは一度審査に合格してアカウントを入手すれば、別のサイトでも自由に広告を貼れたわけです。

もちろん、追加で貼ったサイトはあとで審査されますが、とりあえず審査する前に貼ることができました。しかし、2018年10月移行は、徐々に仕様が変更されているようです。

仕様変更の内容

これまでは自由に広告を貼れましたが、

これからはGoogleにサイトをチェックしてもらい、審査に通ったサイトだけに広告が表示されるようになります。

つまり、これからはサイトを作るたびに審査を受け、合格してからでないと広告が貼れなくなるのです。

そのため、審査にかかる日数だけ待たされることになりますが、現在アドセンスの広告を貼っているサイトは膨大な数にのぼりますから、審査にどれくらいの日数がかかるのかわかりません。

アドセンスがこのような仕様変更に踏み切ったのは、規約違反のサイトが多かったからに他なりません。また、明らかな違反とは言えないまでも、グレーゾーンにあるサイトも数多くあったに違いありません。

そのため、新しく作成するサイトはもちろん、過去に審査に通ったサイトも再審査することにしたのでしょう。

ですが、この仕様変更は、規約を守って正しく広告を貼っている人にとっては悪いことではないし、何も心配する必要もありません。

これまでは、自由に広告が貼れたのは使いやすくてよかったのですが、中には自分では気づかない規約違反のため、知らないうちに広告の配信が停止されたり、アカウントが無効になることもあったかもしれませんが、そういうことも無くなるのではないでしょうか。

アドセンスの思惑

アドセンス側から見ると、広告の在庫も無限にあるわけではないので、規約違反のサイトや質の悪いサイトに、広告を配信するのが抑えられるというメリットもあります。

また、規約違反のサイトやグレーゾーンのサイトが減れば、無駄な配信だけでなく無効なクリックを減らすこともできます。

これまでは、違反サイトに払うクリックの課金もかなりの金額にのぼっていたはずですから、これが抑えられて健全なサイトが増えることによって、クリック単価も上げられる可能性があります。

つまり、真面目にサイトを運営して広告を貼っている人にとっては恩恵があるわけです。

いつまでに導入されるのか

現在のところ、アドセンスの仕様変更はまだ一部のユーザーにしか導入されていませんが、平成30年度中にはすべてのユーザーに導入されるようです。

ちなみに、すでに確認済のサイトでも、もう一度審査が必要となる場合があります。

おそらく、アドセンスの基準を満たさないサイトや、基準ギリギリのサイト、グレーゾーンにあるサイトが再チェックされるのだろうと思われます。

ですから、しっかりしたコンテンツのあるサイトであれば、特に心配する必要はなさそうです。

アドセンスが行うサイトのチェックは1日程度で終わるようですが、サイト数が膨大であることを考えると、本当にその通りなのかわかりません。

これからアカウントを取得する場合

これまでは、アドセンスのアカウントを取得するには、審査用ブログを作って審査してもらっていました。

つまり、これまでだったら、審査用ブログが合格になればそれでよかったのですが、今後はサイトごとに審査されるので、審査用ブログを作る意味がなくなります。

これからは、審査に通るためのブログ作りに費やしていた時間を、メインサイトを充実させるために使ったほうがよさそうです。

まとめ

仕様変更というと言葉は柔らかいですが、言い方を変えると、徹底的な違反サイトの摘発に乗り出したということのようです。

アドセンスの広告が自由に貼れなくなるのは不便ですが、それだけ違反サイトが多かったということなのでしょうから、やむを得ないのかもしれません。

しかし、アドセンスの決断は、規約を守って正しく広告を貼っている人にとっては悪いことではありません。

規約違反サイトやグレーゾーンにあるサイトがなくなれば、規約を守ってアドセンスの広告を貼っている人にとっても恩恵があることになります。

[記事公開日]2019.01.25
[ライター]清水 照美