インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

アフィリエイターの次に目指す所はどこ?

アフィリエイターの次に目指す所はどこ?

アフィリエイターは、自身のWebサイト、ブログやメールマガジンを通して、企業や個人の商品やサービスを宣伝して成果報酬を受け取る仕事です。

実績を上げてきたアフィリエイターであれば、マーケティングのスキルを持ち合わせていますから、Webプロモーションは得意とする分野になります。

さらに、情報商材のアフィリエイターであれば、セールスコピーのスキルも持ち合わせており、DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)の知識も取得しています。

アフィリエイターが次に目指すとすれば、これらのスキルを生かして、WebコンサルタントやWebマーケッター、Webプロデューサーなどを目指すという可能性が考えられるでしょう。

その他に、これまでの経験をそのまま生かす方法として、アフィリエイターを養成する商品の販売という方法なども考えられます。

アフィリエイターのスキルを生かした職種

Webコンサルタント

Webコンサルタントは、クライアントがWebプロモーションにおける利益目標を達成できるための戦略を提案する役目を担っています。

アフィリエイターは、これまで培ってきたマーケティングのスキルを生かして、集客に強いWebサイト、ランディングページの制作、Webコンサルティングなどを請け負うことができるでしょう。

マーケティングについては、SEO対策、各種広告、SNSマーケティング、メールマーケティングLPO(ランディングページ最適化)、EFO(お問い合わせフォーム最適化)などを行うことができます。

メールマーケティングを行う場合でも、フロントエンド商品やキャンペーンなどを利用したメールアドレス取得やメールマガジン、ステップメール、プロダクトローンチなどのスキルを大いに活用することができます。

商品やサービスの種類によっては、メールアドレスの取得や、ランディングページの宣伝にアフィリエイターに依頼するなどの方法やその効果などもクライアントに紹介してもよいでしょう。

集客に強いWebコンサルタントということであれば、需要も多くなります。
中には「集客コンサルタント」と名乗るコンサルタントもいるようです。

個人として活動してもよいですし、起業して法人として活動する可能性もあるでしょう。

Webマーケッター

アフィリエイターのWebマーケティングや集客のスキルを生かして、Webマーケッターとしての活動を行うことが可能です。

WebコンサルタントはWeb制作全般に関わることになりますが、WebマーケッターはクライアントのWebプロモーションのマーケティングのみを担当することになります。

アフィリエイターとして、それまで駆使してきたマーケティングのスキルを大いに生かすことができます。

情報商材のアフィリエイターであれば、セールスコピー、プロダクトローンチの手法などのスキルも持ち合わせております。

他のWebマーケッターに比べて、より、DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)色の強いマーケティングを行うことができるということで、差別化につながるでしょう。

Webプロデューサー

アフィリエイターとして大きな実績を積むことができれば、Webプロデューサーを目指すこともできるでしょう。

WebプロデューサーはWebサイトに関わるプロジェクト全体を統括する責任者です。

責任も重く、マーケティングの知識だけではなく、企画・提案、予算管理、人材管理などのマネジメント業務のスキル、その他にもリーダーシップ、交渉力・コミュニケーション力などさまざまなスキルが問われます。

ですから、個人でアフィリエイターを行ってきた場合、いきなりWebプロデューサーへキャリアアップを行うのは簡単なことではありません。

WebディレクターやWebコンサルタントなどを経験してからのキャリアアップ、あるいは小規模なサイトからの挑戦ということを考えてもよいかもしれません。

また、Webプロデューサーを目指そうとする場合、セミナーなどに参加して、人脈を作っておくこと、常に新しい情報を仕入れておくこと、トレンドには敏感であることなど、常日頃から気に留めておきたいものです。

講師

トップアフィリエイターの中には、アフィリエイターを育成するための講師を行う人もいます。

具体的にはアフィリエイター初心者の会員を募り、

  • 会員に動画やテキストを配信するなどして、そのノウハウを1から学ばせるもの
  • 会員に対してface to faceで講義するセミナーや塾などを開催する
  • 上記の他、書籍やメールマガジンなどを発行する

などの方法があります。

あるいはアフィリエイターに限定せず、ネットビジネス全般の講師を行う場合もあります。

これらは、単独ではそれほど多くの収入を得ることは難しいですので、WebコンサルタントやWebマーケッターなどの事業の一環として行うという方法もあります。

ネットショップオーナーや情報起業家など販売職

アフィリエイターは物が売れる仕組みについて熟知していますから、次は、販売する側に着くという場合もあります。

つまり、これまで在庫を持たずに数%~数十%の成果報酬を得ていたのですが、今度は在庫を持って自らネットショップを運営するということです。

集客さえうまく行けば、アフィリエイトよりも収益率が高くなります。
場合によっては、今度はアフィリエイターに宣伝を依頼するということもできます。

また、情報商材アフィリエイターの場合は、情報商材を実際に作成して販売する「情報起業家(インフォプレナー)」となるケースも少なからず存在します。

ただし、宣伝のためのコピーと実際の商材の販売では少し異なりますから、いくつかの商材を購入してみて研究してみることも必要です。