インターネットビジネス最新情報ポータル IBNIP

アフィリエイターとはどんな職業?

アフィリエイターとはどんな職業?

アフィリエイターとは、自身のWebサイト、ブログ、SNS、メールマガジンなどで、アフィリエイトプログラムという商品やサービスを紹介して、成果報酬を受け取る人のことを言います。

アフィリエイトが流行りだした当時は、自分のブログやサイトで紹介するだけで簡単に売れたこともありましたが、現在は、ネットユーザーのリテラシーも高くなっていますので、売るための仕組みが必要になります。

アフィリエイトの仕組みや歴史、アフィリエイターの魅力や年収、アフィリエイターになるための必要なスキルや注意点など、紹介しています。

アフィリエイターはどうやって稼ぐの?

アフィリエイトの仕組みや、アフィリエイトプログラムの報酬の種類について、解説しています。

アフィリエイトの仕組みは?


アフィリエイトの仕組みとは、企業の商品やサービスを自分のサイトやブログなどで紹介し、自分のサイト経由で商品やサービスが売れて場合、その売上の一部を報酬としてもらう、というものです。

商品を売りたい企業と、宣伝をして報酬を得たいアフィリエイターのマッチングを行ってくれる、ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)があります。

報酬額は、低いものから高いものまでありますが、売りにくい商品や高額商品は報酬が高めになっています。

例えば、企業がダイエットサプリを売りたいとします。その企業は、ASPに広告を登録しておきます。

アフィリエイターは、売りたい商品の広告を、自分のブログやHPに貼ります。(ただし、広告の種類によっては、広告を選べない場合もあります)

その際、売れるようなキャッチコピーやデザインを考えて、売れるように工夫します。

そのブログやHPを見た閲覧者が、このダイエットサプリを購入すると、アフィリエイターは購入額に応じて決められた額(率)の報酬をもらうことができます。

広告をただ貼れば良いというものではありません。

そのブログやHPが多くの人に閲覧されなくては意味がありませんから、SEO対策を意識する、ランキングサイトに登録するなど、マーケティングの施策は必要となります。

成果報酬型、クリック報酬型、インプレッション報酬型とは?

アフィリエイト報酬の発生の仕方には、いくつか種類があります。

成果報酬型

成果報酬型とは、紹介した商品やサービスが売れたときに、報酬が発生する仕組みです。報酬が発生するポイントを、成果地点と言います。

申し込みをした時点で報酬になる場合と、申込み後本人確認が必要になる場合など、成果地点はアフィリエイトプログラムによって異なります。

クリック報酬型

クリック報酬型とは、ブログやHPの閲覧者が商品やサービス購入するしないに関わらず、広告をクリックすることで報酬が発生する仕組みです。

主に、ブログやHPの内容にマッチした広告がASP側から配信され、広告内容も自動的に切り替わります。

イプレッション報酬型

インプレッション報酬型とは、閲覧者がブログやHPを閲覧した際、広告が表示されることで報酬が発生する仕組みです。

広告は、ASP側から配信され、広告内容も自動的に切り替わりますが、必ずしもブログやHPの内容とマッチする広告が表示されるとは限りません。

アフィリエイトの歴史

  • 1996年、米国Amazon.comが始めたアソシエイトプログラムが発祥
  • 同年、アメリカのLinkShareがASPとしての業務を開始
  • 1999年、日本でValue Commerceがアフィリエイトプログラム業務を開始
  • 2000年~2005年 次々とASPが設立される
  • 初の情報商材ASPとして、インフォトップが登場する
  • その後、メルマガアフィリエイト、トレンドアフィリエイトなどいろいろな形が登場する

※アフィリエイトの歴史については、こちらの記事で詳しく紹介しています。
>>アフィリエイトの歴史

アフィリエイターの魅力

コストをかけずに手軽に始めることができる
アフィリエイターは、パソコンとインターネット環境があれば低コストで手軽に始めることができます。
ほとんどコストをかけずに手軽に始めることができることから、アフィリエイト人口は増えていますが、数週間で脱落する人も数多くいます。
働く場所も時間も期間も自由
パソコンとインターネット環境があれば、特に事務所などを借りる必要もなく、どこでも作業はできますし、作業時間も期間も自由ですので副業として行うことも可能です。
在庫を持たないので損失を被ることはない
仮に収入がなかったとしても、在庫などを抱える心配もないので、自宅で作業行うのであれば、基本的には損失を被ることはありません。
ただし、レンタルサーバー代(安いサーバーであれば月数百円)や、広告を出す場合は広告代、講習を受けるのであれば講習代などは自己負担となります。
学歴や職歴不問
基本は個人で行うビジネスであるため、学歴や職歴は関係ありません。
3年も続ければ月収100万円も夢ではない
初めのうちは成果が出にくいかもしれませんが、3年くらい続けるうちにコツをつかめるようになります。
さらに、トップアフィリエイターになると千万、億単位の収入を稼ぐ人もいます。
トップアフィリエイターは、純粋に商品やサービスのアフィリエイトだけの収入の他、有料メルマガや塾など、アフィリエイター指導の収入なども見込むことができます。

アフィリエイターの収入

アンケート調査によれば、アフィリエイトで1か月の収入は「1000円未満」と答えた人は、約40%でした。ただし、2週間くらいで脱落してしまう人も含まれています。

一方で、3年以上続けている人のうち、5~6人に一人は、月収100万円以上稼いでいるという回答もありました。

情報商材のアフィリエイトは、5~8割の成功報酬が発生することが多いので、情報商材のトップアフィリエイターになると、情報起業家並みに数千万円~億単位の収入を得ている人もいます。

どのような仕事でも言えますが、アフィリエイターも例外なく、コツコツと努力しなければ実は結ばないということです。

「誰でも簡単に不労所得」というような言葉に惑わされず、しっかりとノウハウを身に着けて実践することが大切です。

※こちらの記事で、アフィリエイターの収入について詳しく紹介しています。
>>アフィリエイターの月収と年収について

アフィリエイターになる時に注意したいこと

簡単には稼げない
ネット上には「アフィリエイトで不労所得月収50万円」というように、アフィリエイトでいかにも簡単に収入を得られるように書いてあるサイトもありますが、実際はそれほど簡単ではありません。文章の書き方、画像の見せ方などの知識が必要です。

特に情報商材のアフィリエイトの場合は、アフィリエイト報酬が5~8割ととても高いのですが、商材を売るためにはセールスコピーのスキルが必須となりますから、よりハードルが高くなります。

収入が不安定
副業として半分趣味のような形で行う場合はいいのですが、アフィリエイトを本業とする場合は、注意が必要です。ある時期うまく行っても、販売する商品やサービスが変わったら売れなくなったということもあります。

例えば、WebサイトやブログにしっかりSEO対策を行ったつもりでも、Googleのアルゴリズムが変更された際に、一気に検索圏外に追い出されてしまうということもあります。

また、季節性のものや、トレンドなどもあり、収入が不安定になりやすいです。

トップアフィリエイターくらいになると、アフィリエイト収入の他にも、有料メルマガや塾、またメディアにも取り上げられることもありますから、収入の柱を分散させることにより、一定の収入を見込むことができます。

病気や怪我に備えておく
個人で仕事をする場合は、体が資本ですから、病気や怪我で仕事ができなくなった場合の対策は、常日頃から考えておく必要があります。

アフィリエイターに必要なスキル

(1)コピーライティングのスキル

Webサイト、ブログ、SNS、メールマガジンなどで、商品やサービスをどのように宣伝するかで売れ行きが変わってきます。

それには、掲載する商品やサービスを熟知し、しっかりしたコピーを掲載することが重要です。
特に、情報商材のアフィリエイトの場合、セールスコピーライティングのスキルは必須になります。

セールスコピーライティングのスキルを身に着けることで、DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)の手法を利用し、効果的に購入へと誘導することができます。

(2)リサーチのスキル

一つの商品やサービスについての疑問点は、販売店やインターネットを通して、可能な限り徹底的に調べます。

また、該当商品のライバルサイトや関連サイトなどもリサーチしておくことも大切です。
扱う商材をどのように宣伝すれば売れるのか、その訴求の切り口などを調べることも重要です。

特にトレンドアフィリエイト(※1)の場合は、リサーチのスキルは重要な要素となります。

※1 話題になっている今が旬のキーワードでWebページを作ることにより、アクセスが集めやすくなるという手法のアフィリエイトです。初心者が手っ取り早くアクセスを稼ぐのに向いています。

(3)Webサイトやブログを作成するスキル

Webサイトやブログの作成といっても、Webデザイナーのように、ハイレベルなものを作れなければいけないという事ではありません。

インターネット上からテンプレートをダウンロードして使うこともできますし、難しいソフトを使わなくてもWixやJimdoを使って手軽にWebサイトを作成することもできます。

ブログは無料のブログを使うという方法もありますが、特定のワードが規約違反になって削除されたり、突然ブログサービスが閉鎖になるというリスクもありますので、できるかぎりワードプレスなどを使って、自作することをお勧めします。

最初から、ハイレベルの物を作らなくても、ネット上のテンプレートをカスタマイズして使うことから始めてもよいでしょう。

(4)マーケティングのスキル

Webサイトやブログを公開するだけでは、なかなか商品やサービスが売れるものではありません。

サイトを効率的にユーザーに見てもらうため、下記のようなスキルは必要です。

  • SEO対策のスキル
  • リスティング広告(PPC広告)、SNS広告などの知識
  • メールマガジンのノウハウやプロダクトローンチの知識
  • 情報商材の場合は、DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)の知識

アフィリエイトのやり方・始め方は?

(1)アフィリエイトの種類や手法について勉強する
最近では、さまざまなアフィリエイトが出てきているので、どのタイプにするのか決めてから、それに応じたツールを準備します。

(2)パソコンとインターネット環境、メールアドレスと銀行口座を準備する
銀行口座は、できればアフィリエイト専用の口座を作ることをオススメします。ネットバンクなら、窓口に行かなくても口座を作ることができ、金利、手数料もお得です。

収支の明細もWeb上で閲覧、管理できるので、確定申告の際に便利です。

(3)アフィリエイトの種類ごとに必要なツールを用意する
ブログでアフィリエイトを行うのであれば、ブログを開設し、HPで行うのであればレンタルサーバーや独自ドメイン、HP作成に必要なツールを揃えます。

YouTubeアフィリエイトであれば、YouTubeへの登録や動画作成ツールなどが必要となります。

(4)ASPに登録し、アフィリエイトを開始する
アフィリエイトプログラムを紹介する媒体の準備ができたら、ASPに登録して、いよいよアフィリエイトを開始します。

(5)マーケティング施策を行う
ブログやHPを多くの人に見てもらうためには、ライティング作業やSEO対策、リスティング広告などのマーケティング施策を行います。

※こちらの記事で、アフィリエイトを始める方法について、詳しく紹介しています。
>>アフィリエイターになる方法と手順